名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年10月

移りゆく 雲に嵐の 声すなり 散るか正木の 
葛城の山      藤原雅経(ふじわらのまさつね)

(うつりゆく くもにあらしの こえすなり ちるか
 まさきの かつらぎのやま)

意味・・空を移って行く雲の中に、嵐の音が
    聞える。この嵐で、今頃葛城山では
    正木の葛(かずら)が散っているのだ
    ろうか。
注・・正木の葛=つるまさき。蔓性常緑潅木。
    葛城の山=大阪府と奈良県の境にある
     山。「かづら」を掛ける。

作者・・藤原雅経=1221年没、52歳。新古今
     の撰者の一人。

 

ありし世の 旅は旅とも あらざりき ひとり露けき
草枕かな        赤染衛門(あかぞめえもん)

(ありしよの たびはたびとも あらざりき ひとり
 つゆけき くさまくらかな)

意味・・夫の生きていたころの旅は、旅という
    ほどのものでもありませんでした。
    今は私一人、辛くて涙ぽい草枕の旅寝
    をしていることですよ。

    頼りにする人に先立たれてのち、初瀬
    の寺に参詣して、夜泊まっていた所に
    草で結んだ枕をいただいたので詠んだ
    歌です。
    夫の死後の旅寝の述懐によって答えた
    作です。

 注・・ありし世=夫が生きていたころ。
    露けき=涙がちな。
    草枕=旅寝の枕。

作者・・赤染衛門=生没未詳。1041年頃80歳余。
     平兼盛の娘とも伝えられている。

たらちねの 母が手離れ かくばかり すべなきことは
いまだせなくに           読人知らず

(たらちねの ははがてばなれ かくばかり すべなき
 ことは いまだせなくに)

意味・・母の手から離れて、こんなにせつない思いを
    したことは、いまだかってありません。

    恋はすべなしということを詠んだ歌です。
    こんなにどうしょうもない想いは生まれて
    初めて、という気持ちです。

 注・・たらちね=「母」の枕詞。
    母の手=母の養育。
    すべなき=どうしょうもない。
    せなくに=したこともないのに。

人恋ふる ことを重荷と 担ひもて あふごなきこそ
わびしかりけれ            読人知らず

(ひとこうる ことをおもにと にないても あふご
 なきこそ わびしかりけれ)

意味・・あの人を恋慕うのは重荷を背負っているよう
    だが、逢う期(おうご)がなく苦しいことは
    おうご(天秤棒)がなくてその重荷が持てない
    ようなものだ。

 注・・あふご=朸。天秤棒のこと、「逢う期(逢う
     機会)」を掛ける。

葦鶴の ひとりおくれて 鳴く声は 雲の上まで 
聞こえ継がなむ     大江千里(おおえのちさと)

(あしたづの ひとりおくれて なくこえは くもの
 うえまで きこえつがなむ)

意味・・葦の間にただ一羽とり残されて鳴く鶴の声は、
    低い沼地から雲の上にまで、何とかして聞え
    ないものでございましょうか。

    一人だけ官位昇進に遅れた作者自身を仲間に
    遅れた鶴にたとえたものです。

注・・葦鶴(あしたづ)=鶴のこと。葦のある水辺にいる
    ことが多いのでこういう。
   雲の上=宮中のこと。
   聞え継ぐ=「仲間の者が取り継ぐ」の意と「かろ
    うじて聞えるように」の意を掛ける。

作者・・大江千里=900年前後の人。在原業平の甥。
     文章博士。    
    

このページのトップヘ