名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2009年11月

いかばかり しづのわが身を 思はねど 人よりも知る
秋の悲しさ              散逸物語

(いかばかり しずのわがみを おもわねど ひとより
 もしる 秋のかなしさ)

詞書・・秋の悲哀は、華やかに時めいている貴人の
    心には届かない、という心を。

意味・・わが身の卑しさをどれほども思わないけれ
    ども、人よりも秋の悲哀をいっそう感じて
    いる。

 注・・しづ=賤。卑しい者。身分の低い者。
    

身に近く 来にけるものを 色変る 秋をばよそに
思ひしかども 
      六条大臣室(ろくじょううだいじんのしつ)
(みにちかく きにけるものを いろかわる あきをば
 よそに おもいしかども)

意味・・身に近く来てしまったことだ。草木の色
    変る秋を、かかわりのないものと思って
    いたけれど。

    男の飽き心に気づいた嘆きの心を詠んだ
    歌です。
    本歌は「身に近く秋や来ぬらむ見るまま
    に青葉の山もうつろひにけり」(源氏物語)。
    (意味は下記参照)

 注・・色変る=草木の色の変る秋。男の心変わ
     りを暗示。
    よそに=関係の無いもの。

作者・・六条大臣室=生没年未詳。

本歌です。

身に近く 秋や来ぬらむ 見るままに 青葉の山も
うつろひにけり         源氏物語・若菜

意味・・身に近く秋が来たのでしょうか(私も飽かれ
    る時になったのかしら)。見ているうちに、
    青葉の山も紅葉に色変わりしてしまった。

    紫の上が光源氏の飽き心を嘆いた歌です。

よしや君 昔の玉の 床とても かからんのちは
何にかはせん          西行(さいぎょう)

(よしやきみ むかしのたまの ゆかとても かからん
 のちは いかにかはせん)

刹利も須陀も かはらぬものを 秋成(しゅうせい)

(せつりもしゅだも かわらぬものを)

詞書・・白峰と申す所に御墓の侍りけるに参りて。

意味・・以前立派な御座におられたとしても、君よ、
    無差別の死にあった今は、それが何となろう
    か、ただ成仏(じょうぶつ)を祈るだけだ。

    王族も農民も、死に対しては階級の差別は
    無い。

 注・・白峰=讃岐国(香川県)綾歌郡松山村白峰。
    御墓=崇徳院の墓。保元の乱(1156・地位を
     めぐり後白河天皇と崇徳上皇の争い)に敗
     れて讃岐に流され、その地で崩御する。
    よしや=たとえ・・(でも)。
    玉の床=金枝玉葉(皇族の意味)の座。
    かからん後=このように崩御された後。
    刹利(せつり)=古代インドの王族の階級。
    須陀(すだ)=古代インドの農民階級。

作者・・西行=1118~1190.家集に「山家(さんか)集」。
    上田秋成=1737~1809。「雨月物語」。
     

若の浦に 潮満ち来れば 潟を無み 芦辺をさして
鶴鳴き渡る       山部赤人(やまべのあかひと)
 
(わかのうらに しおみちくれば かたをなみ あしべを
 さして たずなきわたる)

意味・・和歌の浦に潮が満ちて来ると干潟が無くなる
    ので、芦の生えている岸の方へ向かって鶴が
    鳴きながら飛んで行くよ。

 注・・若の浦=和歌山市和歌浦の玉津島神社付近。
    潟を無み=干潟が無いので。

作者・・山部赤人=生没年未詳。724頃活躍した宮廷
     歌人。

信濃なる すがの荒野を 飛ぶ鷲の つばさもたわに
吹くあらしかな      賀茂真淵(かものまぶち)

(しなのなる すがのあらのを とぶわしの つばさも
 たわに ふくあらしかな)

意味・・信濃の国にある須賀の荒野を飛ぶ鷲の翼も
    たわむほどに激しく吹く嵐であるよ。

 注・・すがの荒野=長野県松本市のあたり。

作者・・賀茂真淵=1697~1769。万葉集などの古学
     の国文学者。本居宣長など門人を多数育成。

このページのトップヘ