名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年01月

袖ひちて むすびし水の こほれるを 春立つけふの
風やとくらむ        紀貫之(きのつらゆき)
 
(そでひちて むすびしみずの こおれるを はるたつ
 けふの かぜやとくらん)

意味・・暑かった夏の日、袖の濡れるのもいとわず、
    手にすくって楽しんだ山の清水、それが寒さ
    で凍っていたのを、立春の今日の暖かい風が、
    今頃は解かしているだろうか。

 注・・ひちて=漬ちて。侵って、水につかって。

作者・・紀貫之=872年生。土佐守。古今和歌集の撰
     者。「土佐日記」。

塩之入の 坂は名のみに なりにけり 行く人しぬべ
よろづ世までに         良寛(りょうかん)

(しおのりの さかはなのみに なりにけり ゆくひと
 しぬべ よろづよまで)

意味・・塩之入峠が険しいというのは、うわさだけに
    なったものだ。その坂道を行く人は、通りや
    すく作り直してくれた方のことを、いつまで
    も有難く思い顧みなさい。

 注・・塩之入(しおのり)の坂=新潟県与板町と和島
     村の境にある峠。「親知らず」を思わせる
     険しい坂であった。
    しぬべ=偲べ。「しのべ」と同じ。思いしたう。

作者・・良寛=1758~1831。

里の名を 我が身に知れば 山城の 宇治のわたりぞ
いとど住み憂き          源氏物語・浮舟

(さとのなを わがみにしれば やましろの うじの
 わたりぞ いとどすみうき)

意味・・私の住む里の名の「憂し(つらい)」を私は
    身にしみて知っていますので、山城の国の
    宇治のあたりはほんとうに住みにくく感じ
    られます。    

    「宇治」を「憂し」と詠んだ喜撰法師の歌
    「我が庵は都の辰巳しかぞすむ世をうぢ山
    と人は言ふなり」を念頭に詠んだ歌です。
    (意味は下記参照)

参考歌です。

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 
人はいふなり      喜撰法師(きせんほうし)

(わがいおは みやこのたつみ しかぞすむ よを
 うじやまと ひとはいうなり)

意味・・私の庵(いおり)は都の東南にあって、この
    ように心のどかに暮らしている。だのに、
    私がこの世をつらいと思って逃れ住んでい
    る宇治山だと、世間の人は言っているよう
    だ。    

 注・・庵=草木で作った粗末な小屋。自分の家を
     へりくだっていう語。
    たつみ=辰巳。東南。
    しかぞすむ=「しか」はこのように。後の
     「憂し」に対して、のどかな気持という
     ていどの意。
    うぢやま=「う」は「宇(治)」と「憂(し)」
     を掛ける。

いかばかり うれしからまし 面影に 見ゆるばかりの
あふ夜なりせば    藤原忠家(ふじわらのただいえ)

(いかばかり うれしからまし おもかげに みゆる
 ばかりの あうよなりせば)

意味・・恋しい人の面影をいつも思い浮かべているが、
    面影に見るほど度々現実に逢う夜であったら
    どんなにうれしいことであろうか。

作者・・藤原忠家=1033~1091。大納言正二位。

一えだの梅はそへずや柊うり
               横井也有(よこいやゆう)

(ひとえだの うめはそえずや ひいらぎうり)

意味・・節分の頃となると、柊売りが来るが、柊売りよ、
    そのとげとげしい葉のほかに、梅の一枝でも添
    えたらどうかね。

    今夜は鬼が集まる夜だからといって、どこの家
    でも、鰯の頭を柊に刺し戸口に立てて身を慎ん
    だものだ。そして、声をふるわせて「福は内鬼
    は外」と鬼を追い出していたことが懐かしい。
    今ではただ形ばかりの豆まきをするようになった。
    過ぎ行く年がますます積み重なって姿は老け込み
    心は頑固になり、今では世の嫌われ者の老人が
    鬼と一緒に放り出されないのがせめてもの幸せ
    だ。

 注・・柊(ひいらぎ)うり=節分の時、焼いた鰯の頭を
     柊に刺して厄除けのまじないとして戸口に刺
     す風習があった、この柊を売る人。

作者・・横井也有=1702~1783。尾張藩御用人。俳文集
     に「鶉(うずら)衣」など。
    

ますらをは 友の騒ぎに 慰もる 心もあらむ
我ぞ苦しき           読人知らず

(ますらおは とものさわぎに なくさもる こころも
 あらん われぞくるしき)

意味・・殿方は、友達とのつきあいに興じて憂さを
    晴らすこともありましょう。けれど、女の
    私はそれも出来なくて苦しくてなりません。
 
    男性には仕事があり、またそれに伴っての
    付き合いもあって、妻とだけの生活の度合
    が少ない。女性は家事が主体なので生きる
    対象は夫である。夫のいない時の寂しさを
    詠んだ歌です。

 注・・ますらを=勇ましい男子。立派な人。
    騒ぎ=騒ぐこと、遊興。
    慰もる=慰める。

難波人 芦火焚く屋の 煤してあれど 己が妻こそ
常めづらしき            読人知らず

(なにわびと あしびたくやの すしてあれど おのが
 つまこそ とこめずらしき)

意味・・難波の人が芦を燃やすので家の中が煤けて
    いるように、私の家内(うちのばあさん)も
    汚(きたな)く年老いたが、永年つれそった
    私にとっては、いつまでも見飽きないかけ
    がえのない人だよ。

 注・・芦火=燃料として芦を焚くので家の中は
     煤ける。
    常(とこ)=不変、永遠。
    めづらしき=賞美するにふさわしい。

移りゆく 時見るごとに 心痛く 昔の人し
思ほゆるかも     大伴家持(おおとものやかもち)

(うつりゆく ときみるごとに こころいたく むかしの
 ひとし おもおゆるかも)

意味・・次々と移り変わってゆく季節のありさまを
    見るたびに、心も痛くなるばかりに昔の人
    が思われてなりません。

    前年は聖武天皇が没し(733年)この年には
    知友が捕らえらて死んだり配流された。
    この貴族暗闘の醜い時局を読み取りつつ、
    これらの人々を心にしながら詠んだ歌です。

 注・・移り行く時=季節と時世の流れを掛ける。
    し=上接語を強調する。

作者・・大伴家持=718~785。大伴旅人の子。万葉集
     を編纂(へんさん)。

易水にねぶか流るる寒さかな 
                 蕪村(ぶそん)

(えきすいに ねぶかながるる さむさかな)

意味・・昔、「易水寒し」と壮士荊軻(けいか)が吟じた
    易水は、今も流れている。ふと水面に目をやる
    と、だれか洗いこぼしたらしい葱(ねぎ)が浮き
    沈みしながら流れてゆく。「壮士一たび去って
    復(ま)た還らず」という詩意も思いあわされ、
    この流れ去る葱の行方を見つめていると、ひと
    しお川風の寒さが身にしみるようだ。

 注・・易水=中国河北省易県付近に発し大清流に合流
     する川。秦の始皇帝を刺すために雇われた剣客
     荊軻(けいか)が旅立つにあたり、易水のほとり
     で壮行の宴が張らた。そのおりに吟じた詩に
    「風蕭蕭(しょうしょう)として易水寒し。壮士
     一たび去って復た還(かえ)らず」があります。
     (意味は下記参照)
    ねぶか=根深。葱(ねぎ)の別称。
    壮士=人に頼まれて暴力で事件の始末をする人。

参考の詩です。

風蕭蕭(かぜしょうしょう)として易水寒し。壮士一たび
去って復た還(かえ)らず。

意味・・風はものさびしげな音をたてて吹き、易水の
    流れは寒々として身にしみるようだ。壮士で
    ある私は、一たびこの地を去って秦に行った
    なら、二度と生きて帰ることはないだろう。

濁りなき 亀井の水を むすびあげて 心の塵を
すすぎつるかな    藤原彰子(ふじわらのあきこ)

(にごりなき かめいのみずを むすびあげて こころの
 ちりを すすぎつるかな)

詞書・・天王寺の亀井の水をご覧になって。

意味・・濁りの無い亀井の水を手にすくいあげて飲んで、
    心の穢(けが)れを洗い清めたことだ。

    霊水に触れて、心の煩悩の穢れを洗い清められた
    思いのさわやかさを詠んでいます。

 注・・天王寺=四天王寺。大阪市天王寺区元町にある。
    亀井の水=四天王寺の境内にあった石造りの亀
     から湧き出た霊水。
    むすび=手ですくう。
    心の塵=心の穢れ。
    すすぎ=濯ぎ。水で洗い清める。罪や恥を清める。

作者・・藤原彰子=1074年没。87歳。一条天皇の中宮。
     紫式部・和泉式部などの才媛女房を輩出した。

このページのトップヘ