名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年02月

み吉野は 春のけしきに かすめども むすぼほれたる
雪の下草          紫式部(むらさきしきぶ)

(みよしのは はるのけしきに かすめども むすぼ
 ほれたる ゆきのしたぐさ)

意味・・み吉野はすっかり霞んで春景色になっているが、
    降り積もった雪の下の草は固く結ばれたままで、
    まだ芽を出していない。

    雪の下草は、一条天皇の中宮彰子の女房として
    出仕している作者自身を暗示しています。

 注・・むすぼれたる=根がもつれてほどけないでいる。
    雪の下草=雪に覆われて地下に埋まっている草。

作者・・生没年未詳。1013以降の没。源氏物語の作者。



    
   
  

鞆の浦の 磯のむろの木 見むごとに 相見し妹は
忘らえめやも      大伴旅人(おおとものたびびと)

(とものうらの いそのむろのき みんごとに あいみし
いもは わすらえめやも)

意味・・鞆の浦の海辺の岩の上に生えているむろの木、
    この木をこれから先も見ることがあれば、その
    たび毎に、行く時共に見た妻のことが思い出さ
    れて、どうしても忘れられない事だろう。

    かっては妻と心楽しく接した景物に触発されて
    詠んだ歌であり、風物は昔のままであるが、妻
    は去ってもうこの世にいないという哀感を詠ん
    でいます。

 注・・鞆の浦=広島県福山市鞆町の海岸。古来より
     有名な海岸であった。
    むろの木=松杉科の常緑樹高木。

作者・・大伴旅人=665~731。従二位。大宰師(だざいの
     そち)として下向の時妻を失う。

梅散るや難波の夜の道具市
            建部巣兆(たけべそうちょう)

(うめちるや なにわのよるの どうぐいち)

意味・・かって栄えた人々が生活に窮して手放した
    由緒ある家具・小道具などが、夜の灯を浴
    びて売られている。美しい道具類が、灯火
    にあってますます古めかしくも上品なもの
    に見える。梅の花がはらはらと、売る人、
    買う人、売られる道具の上に散りかかり、
   「商業」というものが、ふと美しく、悲しく
    寂しいものに思われてくる。

    内容は違うが似ている句に、蕪村の次の句
    があります。
   「秋の灯やゆかしき奈良の道具市」
    (意味は下記参照)
   
 注・・難波=大阪。古い歴史の町でり、活況を呈
     する商業都市でもある。
    道具市=古道具をせり売りする市。夜間営業
     が多い。

作者・・建部巣兆=1761~1814。本名山本英親。加舎
     白雄(かやしらお)門。蕪村風の絵も描く。

参考句です。

秋の灯や ゆかしき奈良の 道具市    蕪村(ぶそん)

(あきのひや ゆかしきならの どうぐいち)

意味・・古都奈良の、とある路傍に油灯をかかげる古道具
    の市が出ている。さすがに仏都にふさわしく、仏像
    やさまざまな仏具も混じっていて、これらの品々に
    は年輪を得た古趣が感じられ、立ち去りがたい奥ゆ
    かしさがあるものだ。




沢に生ふる 若菜ならねど いたづらに 年を積むにも
袖は濡れけり     藤原俊成(ふじわらのとしなり)

(さわにおうる わかなならねど いたずらに としを
 つむにも そではぬれけり)

意味・・沢に生えている若菜を摘むと袖が濡れる。私は
    そういう若菜を摘むというのではないが、これ
    ということもなく、年をむなしく積み重ねて
    いると、悲しみの涙で袖が濡れるものだ。

    俊成26歳の時に詠んだ歌です。昇進が遅れ不遇
    のままでいる嘆きを詠んだものです。

 注・・いたづらに=むなしく、これということもなく。
     官位昇進が遅れ、いつまでも下積みの生活を
     送っていたことをさしている。

作者・・藤原俊成=~1204。91歳。正三位・皇太后宮大夫。
     「千載和歌集」の撰者。

春日野の 草は緑に なりにけり 若菜摘まんと
たれかしめけん    壬生忠見(みぶのただみ)

(かすがのの くさはみどりに なりにけり わかな
 つまんと たれかしめけん)

詞書・・屏風に書かれている歌。

意味・・春が来て、春日野の草は緑になったことだ。
    ここで若菜を摘もうと、誰が思って縄張り
    をしたのであろうか。

 注・・春日野=現在の奈良市奈良公園の一部。
    しめ=標。土地の領有、場所の区画、立ち
     入り禁止を示すための標識。

作者・・壬生忠見=生没年未詳。950年頃活躍した人。
     壬生忠岑の子。36歌仙の一人。

このページのトップヘ