名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年03月

真菅生ふる 山田に水を まかすれば うれし顔にも
鳴くかはづかな         西行(さいぎょう)

(ますげおうる やまだにみずを まかすれば うれし
 かおにも なくかわずかな)

意味・・菅の生えている山田に水を引くと、いかにも
    嬉しそうにかわずが鳴くことだ。

 注・・真菅(ますげ)=「真」は美称。「菅」は水辺
     に生える草。
    まかすれば=「まかす」は水を引くこと。
    かはづ=蛙。

作者・・西行=1118~1190。佐藤義清。23歳で出家。

出典・・山家集・167。

わが宿の 桜はかひも なかりけり あるじからこそ
人も見にくれ       和泉式部(いずみしきぶ)

(わがやどの さくらはかいも なかりけり あるじ
 からこそ ひともみにくれ)

意味・・私の住まいの桜は美しく咲いても、何の咲き
    甲斐もないことです。家主の人柄によって人
    も見にくるのですから。

 注・・あるじからこそ=家主の人柄によって。魅力
     のある人によって。
    見にくれ=見に来れ。見るために来る。

作者・・和泉式部=生没年未詳。977年頃の生まれ。
     「和泉式部日記」など。

桜花 夢かうつつか 白雲の 絶えてつねなき
峰の春風      藤原家隆(ふじわらのいえたか)

(さくらばな ゆめかうつつか しらくもの たえて
 つねなき みねのはるかぜ)

意味・・桜の花と思って見たのは、夢であったのか、
    現実であったのか分からない。桜の花と思っ
    て見た白雲が、今は消え去って、ただ、無常
    を誘う峰の春風ばかりが吹いていることだ。

    世の無常を詠んだ本歌の心を、峰の春風に
    はかなく消えた桜の花の夢幻的世界で具体化
    した歌です。

    本歌は、
    「世の中は夢かうつつかうつつとも夢とも
    知らずありてなければ」(古今集)です。
     (意味は下記参照)

 注・・夢かうつつか=夢であったのか、現実であっ
     たのか。
    白雲=「白雲」の「白」に「知ら」を掛けて
     いる。
    つねなき=常無き。無常の。花が散るのは無
     常の姿である。
    無常=いつも変化していること。全ての物が
     生滅変転してとどまらないこと。

作者・・藤原家隆=1158~1237。非参議従二位。「新
     古今集」の撰者の一人。

本歌です。

世の中は 夢か現か 現とも 夢とも知らず 
ありてなければ            読人知らず

(よのなかは ゆめかうつつか うつつとも ゆめとも
 しらず ありてなければ)

意味・・この世の中の一切のものは、はかない夢なのか、
    確かな現実なのか。現実とも夢とも区別がつか
    ない。存在していて、同時に存在していないと
    思われるから。

    過去の苦しい思いは悪夢というように、過去の
    事はもう現在は実在しない、実在していたが今
    は夢という事もできる。    
  
    





なにごとを 春のかたみに おもはまし けふ白河の
花見ざりせば    伊賀少将(いがのしょうしょう)

(なにごとを はるのかたみに おもわまし きよう
 しらかわの はなみざりせば)

意味・・もし、今日白河で花見をしなかったら、何を
    もって過ぎ行く春のかたみと思いましょうか。
    かたみとなるものが無かったでしょう。白河
    の花見が、今年の春のよい思い出になりまし
    た。

 注・・春のかたみ=春の記念。「かたみ」は過ぎ去
     ったことの面影をしのばせるもの。
    思はまし=思うだろうか。「まし」はもし・・
     だったら・・だろう。

作者・・伊賀少将=生没年未詳。従五位藤原顕長(あき
     なが)の女(むすめ)。父の国名をとって伊賀
     少将と号する。

花ざかり 神もほとけも あちらむけ
            清水一瓢(しみずいっぴよう)

(はなざかり かみもほとけも あちらむけ)

意味・・仏に仕える身でありながら、花が咲けばその花に
    心を奪われ、朝夕の勤行も怠りがちになる。まま
    よ花盛りの間は、神も仏もあちらを向いて、自分
    の風狂を見逃してくれ。

    花月に心を奪われ、本業もおろそかになる自分を
    そのまま投げ出した句です。

作者・・清水一瓢=1770~1840。江戸谷中の本行寺の住職。
     一茶、成美と親交。

このページのトップヘ