名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年04月

都人 いかにととはば 山高み 晴れぬ雲井に 
わぶとこたへよ    小野貞樹(おののさだき)

(みやこびと いかにととわば やまたかみ はれぬ
 くもいに わぶとこたえよ)

意味・・都の人が貞樹はどうしているかと尋ねたら、
    山が高いので雲が晴れないように、遠国で
    つらく思って過ごしていると答えて下さい。

    住み慣れた所から慣れない地方に転勤した
    時のように、つらい気持ちを詠んでいます。

 注・・雲井=遠く離れた所。
    わぶ=心細い、心細く暮すこと。

作者・・小野貞樹=860年頃の人。従五位下・甲斐守。

筑紫にも 紫生ふる 野辺はあれど なき名悲しぶ
人ぞ聞えぬ      菅原道真(すがわらのみちざね)

(つくしにも むらさきおうる のべはあれど なきな
 かなしぶ ひとぞきこえぬ)

意味・・筑紫にも紫草の生えている野辺はあるけれど、
    その紫草の縁から、私の無実の罪をきせられて
    いる名を悲しんでくれる人が耳に入らないこと
    だ。
    
    一本の紫草から、武蔵野の草の全てに心が引か
    れると詠んだ本歌を背景にしています。

    本歌は、
    「紫のひともとゆえに武蔵野の草はみながら
    あはれとぞ見る」(意味は下記参照)

 注・・筑紫=筑前・筑後(いづれも福岡県)の総称。
    紫=紫草。根から紫の染料を採った。本歌では
     「紫」が注目されたが、紫に縁がある作者の
     いる「筑紫」は注目されない、の意。
    なき名=身に覚えの無い評判、無実の罪をきせ
     られている名。

作者・・菅原道真=903没。59歳。正一位太政大臣。謀略
     により太宰権師に左遷される。漢学者。

本歌です。

紫の ひともとゆえに 武蔵野の 草はみながら 
あはれとぞ見る         読人知らず

(むらさきの ひともとゆえに むさしのの くさは
みながら あわれとぞみる)

意味・・ただ一本の紫草があるために、広い武蔵野じゅうに
    生えているすべての草が懐かしいものに見えてくる。

    愛する一人の人がいるのでその関係者すべてに親しみ
    を感じると解釈されています。

 注・・紫=紫草。むらさき科の多年草で高さ30センチほど。
      根が紫色で染料や皮膚薬にしていた。
    みながら=全部。
    あはれ=懐かしい、いとしい。


春の海終日のたりのたりかな      蕪村(ぶそん)

(はるのうみ ひねもすのたり のたりかな)

意味・・沖には春霞がたなびき、穏やかな空と海とが
    広がっている。碧(あお)い春の海は、一日中
    のたりたのりとのどかにうねっている。

 注・・終日(ひねもす)=一日中。

作者・・蕪村=1716~1783。南宗画の大家。「蕪村句
     集」他。

春みじかし 何に不滅の 命ぞと ちからある乳を
手にさぐらせぬ     
             与謝野晶子(みだれ髪)

(はるみじかし なににふめつの いのちぞと ちから
 あるちちを てにさぐらせぬ)

意味・・春は短く、若い命も短く過ぎる。この世に
    滅びない永遠の命があろうかと、若い力の
    みなぎる乳房を手にさぐらせた。

    春は短いものです。人も同じ。生の盛りも
    あっという間に過ぎ去ってゆくものですよ、
    「不滅のいのち」を探るなどと何をそんな
    空(くう)をつかむような事ばかり論じてい
    らっしゃるのですか。この確かな熱い血の
    通う肉体こそがすべてではありませんか。
    そう言ってあなたの手をとり、力に充ちた
    乳房を探らせたのだった。

作者・・与謝野晶子=1878~1942。歌集「みだれ髪」。

打ちしめり あやめぞかをる 時鳥 鳴くや五月の
雨の夕暮れ     藤原良経(ふじわらのよしつね)

(うちしめり あやめぞかおる ほとどぎす なくや
 あめのゆうぐれ)

意味・・しっとりと湿って、あやめが薫っている。
    ほとどぎすの鳴く五月の夕暮れに。

 打ち=雨などが強く降る、しっとりと。

作者・・藤原良経=1206年没。38歳。従一位・
     摂政太政大臣。「新古今集仮名序」
     を執筆。

このページのトップヘ