名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年05月

願はくは われ春風に 身をなして 憂ある人の
門をとはばや    佐々木信綱(ささきのぶつな)

(ねがわくは われはるかぜに みをなして うれい
 あるひとの かどをとわばや)

意味・・願うことには、どうか我が身をかろやかな春
    風と化して、憂いを抱いている人の門べに訪
    れて、その悲しみの気持ちをまぎらわしてあ
    げたいものだ。

    作者の自注に「人の心の深く秘められた憂悶
    を春けることは、歌道の徳の一つであるとい
    う当時の信念から歌ったものである」とあり
    28歳の時の作です。

作者・・佐々木信綱=1872~1963。東京帝大古典科卒。
     「校本万葉集」他。

柳こそ 伐れば生えすれ 世の人の 恋に死なむを
いかにせよとぞ          読人知らず

(やなぎこそ きればはえすれ よのひとの こいに
 しななんを いかにせよとぞ)

意味・・柳なら伐ればまた生えてもこよう。生身の
    この世の人が焦がれ死のうとしょうとして
    いるのに、どうせよというのですか。

    失恋の苦しみを詠んでいます。

 注・・世の人=相手にされない自分を客観的に言
     ったもの。

赤駒を 山野に放し 捕りかにて 多摩の横山
徒歩ゆか遺らむ    宇遅部黒女(うじべのくろめ)

(あかごまを やまのにはがし とりかにて たまの
 よこやま かしゆからん)

意味・・赤駒を放し飼いにしているので、夫が防人に
    なって出かける今、捕える事が出来ないので、
    馬にも乗せられず、多摩の延々と続いている
    この横山を徒歩で行かせることか。気の毒だ
    なあ。

    突如、赤紙が来たので、放牧してある赤駒が
    見つからず、やむを得ず延々と続いた横山を
    夫に徒歩で行かせることになった妻が途方に
    くれ、夫に気の毒だと悲しんでいる歌です。

 注・・赤駒=毛色が赤みを帯びた茶色の馬。
    放(はが)し=はなす。
    かにて=かねての訛り。・・出来ないで。
    多摩の横山=東京都豊島・文京・荒川のあたり。
    徒歩(かし)=徒歩(かち)の訛り。

作者=宇遅部黒女=豊島群の防人の妻。万葉の時代(750
    年頃)の人。

いかならむ 巌のなかに 住まばかは 世の憂きことの
聞え来ざらむ            読人知らず

(いかならん いわおのなかに すまばかは よのうき
 ことの きこえこざらん)

意味・・どのような岩窟の中に住んだならば、世の中の
    憂いことが聞えてこなくなるだろうか。

 注・・かは=疑問の意を表す。・・だろうか。
    憂き=つらいこと。病気などによる生活の困窮、
     恋のままならぬこと、など等。

思ひきや 鄙の別れに 衰へて 海人の縄たき 
漁りせむとは     小野篁(おののたかむら)

(おもいきや ひなのわかれに おとろえて あまの
 なわたき いさりせんとは)

詞書・・隠岐(おき)の国に流されていた時に詠んだ歌。

意味・・考えてもみなかったことだ。親しい人たちと
    別れて遠い田舎で心身ともに弱り果てたあげ
    く、漁師の使う網を引っ張って、魚を取ろう
    とは。

 注・・海人の縄たき=漁師が用いる網の縄や釣り縄
     をたぐって。「たき」は長く延びたものを
     あやつること。
    隠岐国=島根県隠岐島。
    流される=流罪になること。遣唐使として唐
     に行かなかったため。

作者・・小野篁=802~852。834年遣唐福使として任ぜ
     られたが進発しなかったので隠岐国に流罪、
     7年後に召還。参議・従三位。

出典・・古今和歌集・961。

このページのトップヘ