名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年06月

風ふけば 川辺すずしく よる波の たちかへるべき
心ちこそせね     藤原家経(ふじわらのいえつね)
               (詞花和歌集・75)
(かぜふけば かわべすずしく よるなみの たち
 かえるべき ここちこそせね)

意味・・風が吹くと川辺は涼しく波が寄せては返し、
    立って帰ろうという気が起こらない。

作者・・藤原家経=~1058。67歳。文章博士、式部
     大輔、正四位下。

何をして 身のいたづらに 老いぬらん 年の思はむ
こともやさしく            読人知らず
                  (古今集・1063)
(なにをして みのいたずらに おいぬらん としの
 おもわん こともやさしく)

意味・・いったい何をして、我が身がただもうこのように
    年老いてしまっているのだろう。長い付き合いを
    した「年」よ、お前もどう思っていることかと思
    うと、私は恥ずかしい。

 注・・いたづらに=無用の状態に、むだに。
    やさし=恥ずかしい。



旅と言へば 言にぞ易き 術もなく 苦しき旅も
言にまさめやも     中臣宅守(なかとみのやかもり)
              (万葉集・3763)
(たびといえば ことにぞやすき すべもなく くるしき
 たびも ことにまさめやも)

意味・・旅と口先で言うのはたやすい。しかし、どうしょう
    もなく辛(つら)く苦しいこの旅も、所詮は旅としか
    いい表わしょうがない。

    どんなことでも表現は容易なものだが、表現出来な
    いような苦しいこともある。こんどの旅がそれであ
    る、という気持ちを詠んでいます。

 注・・術もなく=どうしょうもない。

作者・・中臣宅守=生没年未詳。763年に従五位になる。奈良
     時代の後期の歌人。

たち変り 古き都と なりぬれば 道の芝草 
長く生ひにけり   田辺福麻呂(たなべのさきまろ)
            (万葉集・1048)
(たちかわり ふるきみやこと なりぬれば みちの
しばくさ ながくおいにけり)

意味・・すっかり様子が変わって古い都になってしまった
    ので、行き来する者もなく、道の雑草も長く延び
    てしまったことだ。

    「あおによし奈良の都は咲く花の薫ふがごとく今
    盛りなり」と詠まれた平城京も、740年の遷都で
    すっかり荒廃した嘆きを詠んでいます。また、万
    物流転の姿を観て哀愁を漂わせています。

 注・・たち変り=すっかり変る。「たち」は意味を強め
     る接頭語。

作者・・田辺福麻呂=生没年未詳。万葉集の代表的歌人。

参考歌です。

あおによし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがごとく 
今盛りなり          小野老(おののおゆ)
                (万葉集・328)

(あおによし ならのみやこは さくはなの におう
 がごとく いまさかりなり)

意味・・奈良の都は、咲いている花が色美しく映える
    ように、今や盛りをきわめている。

    華やかな都を賛美した歌です。

 注・・あおによし=奈良に掛る枕詞。
    薫ふ(にほふ)=色が美しく照り映える。

作者・・小野老=~737。太宰大弐従四位。


静けくも 岸には波は 寄せけるか これの屋通し
聞きつつ居れば       読人知らず・万葉集1237

(しずけくも きしにはなみは よせけるか これのや
 とおし ききつつおれば)

意味・・今日はなんと静かに波が岸にうち寄せている
    のだろう。この旅宿の壁越しにじっと耳を澄
    まして聞いていると。

 注・・これの屋=この家屋の意。この部屋。

このページのトップヘ