名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年07月

ありしにも あらで憂き世を わたるかな 名のみ昔の
真間の継橋        藤原良基(ふじわらのよしもと)
               (詠百首和歌・97)

(ありしにも あらでうきよを わたるかな なのみ
 むかしの ままのつぎはし)

意味・・過ぎた昔と違って、今はつらい人生を渡る
    ことだ。真間の継橋のように、名だけは昔
    のままに継いでいるが。

    幼少時代や摂政関白の時代を比較して述壊
    した歌です。

 注・・名=藤原一族の一流の名声。
    真間の継橋=下総国の歌枕。「継橋」は橋
     板を継ぎ渡した橋。真間は「昔のまま」
     を掛ける。

作者・・藤原良基=1320~1388。北朝の天皇に仕えて
     摂政関白を長期務める。北朝と南朝との
     戦乱の時代に生きる。

花いばら 故郷の路に 似たるかな  蕪村(ぶそん)
                   (蕪村句集・1176)

(はないばら こきょうのみちに にたるかな)

前書・・かの東皐にのぼれば

意味・・細い野路をたどって行くと、咲き乱れる野茨の
    芳香にいつしか包まれる。見覚えのあるこの路、
    そういえば幼い頃、これとそっくり同じ小路に
    遊んだことがあるような気がする。

    母の慈しみを抱き郷愁を詠んだ句で、次の三句
    が連句として詠まれています。

愁いつつ 岡にのぼれば 花いばら
(うれいつつ おかにのぼれば はないばら)

意味・・愁いを胸に秘めながら岡を登って行くと、そこ
    に野茨の可憐な白い花が咲いている。そのひっ
    そりした香りがやさしく私を包み込んでくれる。

前書きと三句を連記すると、

  かの東皐にのぼれば、
  花いばら故郷の路に似たるかな
  路たえて香にせまり咲くいばらかな
  愁いつつ岡にのぼれば花いばら

三句連作の意味・・かの陶淵明が故郷の田園に帰って
  東皐に登ったように、私もこの岡を登って行くと、
  野茨が芳香を漂わせて咲き乱れ、いつしか故郷の
  小路をたどっているような錯覚におそわれる。
  やがてその小路も絶えて、ひときわ強く野茨の香
  りが迫るように匂って来る。やるかたなき郷愁に
  耐えながら、私はなおも野茨の咲き乱れる岡を登
  って行く。

 注・・東皐(とうこう)=東の岡。陶淵明の「帰去来
     辞」の一節。
    愁いつつ=旅愁や郷愁など遠い眺望を持った
     愁いであり、桃源郷に遊ぶ心境。



朝ゆふに 思ふこころは 露なれや かからぬ花の
うへしなければ     良暹法師(りょうせんほうし)
              (後拾遺・330)

(あさゆうに おもうこころは つゆなれや かからぬ
 はなの うえしなければ)

意味・・朝に夕に野の花を思う私の心は、たとえていえば
    露であろうか。露のかからない花がないように、
    心の懸(か)からない花の上は一つもないので。

 注・・露なれや=露であるからであろうか。
    かからぬ=「心の懸からぬ」と「露のかからぬ」
     を掛ける。
    花のうへしなければ=花の上は一つもないので。
     「し」は強調の係助詞。

作者・・良暹法師=生没年未詳。1048年頃に活躍した歌僧。

我よりも まづしき人の 世にもあれば うばらからたち
ひまくぐるなり       上田秋成(うえだあきなり)
               (藤簍冊子・つづらぶみ)

(われよりも まずしきひとの よにもあれば うばら
 からたち ひまくぐるなり)

意味・・世の中にはこの自分より貧困な人もいるのだなあ。
    棘(とげ)のある茨や潅木の隙間をくぐってまで、
    我が庵に盗みに入るとは。

    物を盗られたという体験を、自分より貧しい人が
    いたという驚きに転化した歌です。

 注・・うばら=茨。とげのある木、野ばら。
    からたち=まつかぜ草科の落葉低木、とげがある
     ので生垣に用いる。
    ひま=隙。物と物とのすき間。

作者・・上田秋成=1734~1809。江戸時代後期の国学者。
     「雨月物語」の作者。




朝な朝な さくか苔路の 花よりも さかりはみゆる
庭のあさがほ           慶運(けいうん)
                  (慶運百首・41)

(あさなあさな さくかこけじの はなよりも さかりは
 みゆる にわのあさがお)

意味・・庭の朝顔は朝ごとに咲くせいか、はかないと
    されながらも、苔路に咲く花よりも生き生き
    として見える。

    朝開いて昼にはしぼむので、はかないとされ
    る朝顔だが、朝ごとに咲いている朝顔は清ら
    かで生き生きとして、見ていると気持がいい、
    と詠んだ歌です。

 注・・苔路=路地。

作者・・慶運=1293年頃の生まれ。1369年頃没。当時
     の和歌四天王の一人。「慶運百首」。


   

このページのトップヘ