名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年08月

竹敷の 浦みの黄葉 我れ行きて 帰り来るまで
散りこすなゆめ 
            壬生宇太麻呂(みぶのうだまろ)
              (万葉集・3702)

(たけしきの うらみのもみじ われゆきて かえりく
 るまで ちりこすなゆめ)

詞書・・遣新羅の途中で竹敷の浦に船泊りした時に
    各々の思いを詠んだ歌。

意味・・竹敷の浦のあたりの紅葉よ、私が新羅へ行
    って再びここに帰ってくるまで、散らない
    でいてくれ、けっして。
 
    紅葉を惜しむ心に、新羅の往復が短期間で
    すむように願った歌です。

 注・・竹敷の浦=対馬の浅茅(あそう)の南部の湾。
    新羅(しらぎ)=朝鮮半島の古代王国。
    ゆめ=禁止表現を伴って、決して。

作者・・壬生宇太麻呂=746年頃の人。大判官(副使
     の次の官)として遣新羅に行く。従五位下。

枝に漏る 朝日の影の 少なさに 涼しさ深き
竹の奥かな 
           京極為兼(きょうごくためかね)
             (玉葉集・419)

(えだにもる あさひのかげの すくなさに すずしさ
 ふかき たけのおくかな)

意味・・枝の間から漏れて来る朝日の光が少ないために、
    夏の朝も涼しさが底深く感じられる、竹林の奥
    であるなあ。
    
    竹林の朝のひんやりとした涼しさを詠んでいま
    す。

作者・・京極為兼=1254~1332。正二位権大納言。1316
     年から死去まで土佐に配流される。

夏の野の 茂みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は
苦しきものぞ      
            坂上郎女(さかのうえいらつめ)
              (万葉集・1500)

(なつののの しげみにさける ひめゆりの しらえぬ
 こいは くるしきものぞ)

意味・・夏の野の草むらにひっそり咲いている姫百合の
    ように、あの人に知ってもらえない恋は何とも
    苦しいものだ。

    片思いの切なさを詠んでいます。

 注・・姫百合の・・=姫百合が夏草の深い茂みにおお
     われ人に気づかれない。「姫百合」は百合の
     一種。朱色の小さな花を咲かす。

作者・・坂上郎女=~750頃。大伴旅人の異母妹。

鯛は花は 見ぬ里もあり けふの月

            井原西鶴(いはらさいかく)

(たいははなは みぬさともあり けふのつき)

意味・・鯛を賞味出来ない里もあろう。桜の美しさを
    満喫出来ない里もあろう。だが、今夜の名月
    だけはどこの里に住んでいようとも皆楽しむ
    ことが出来ることだ。

    句の眼目は名月の美しさを言っています。

作者・・井原西鶴=1642~1693。大阪の商家に生れる。
     一昼夜に2万5千句の連吟の記録を持つ。
     「好色一代男」を書く。

忘れじの 行く末までは かたければ 今日を限りの
命ともがな 
           儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
            (新古今集・1149、百人一首・54)

(わすれじの ゆくすえまでは かたければ きょうを
 かぎりの いのちもがな)

意味・・いつまでも忘れまいとあなたはおっしゃって
    下さいますが、そのように遠い将来のことは
    頼みがたいことですから、そうおっしゃって
    くださる今日を限りの命であってほしいもの
    です。

    当時の上流貴族たちは一夫多妻であり、結婚
    当初は男が女の家に通っていた。男が通って
    来なくなれば自然に離婚となっていた。いつ
    しか忘れ去られるという不安のなかで、今日
    という日を最良の幸福と思う気持を詠んでい
    ます。

 注・・忘れじの=いつまでも忘れまいと。
    行く末=将来。
    かたければ=難ければ。難しいので。
    命ともがな=命であってほしい。「もがな」
     は願望の助詞。

作者・・儀同三司母=~998。高階成忠の娘。藤原道隆
     の妻。「儀同三司」は「太政大臣・左大臣・
     右大臣」に同じの意味。

このページのトップヘ