名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年09月

高松の この嶺も狭に 笠立てて 満ち盛りたる 
秋の香のよさ
                読人知らず
                 (万葉集・2233)

(たかまつの このみねもせに かさたてて みち
 さかりたる あきのかのよさ)

意味・・高松のこの峰も狭しとばかりに、ぎっしりと
    傘を突き立てて、いっぱいに満ち溢(あふ)れ
    ているきのこの、秋の香りの何とかぐわしい
    ことか。

    峰一面に生えている松茸の香りの良さを讃え
    た歌です。

 注・・高松の嶺=奈良市東部、春日山の南の山。
    笠立てて=松茸の生えている姿を、傘を地に
     突き立てたと見た表現。
    秋の香=ここでは秋の香りの代表として松茸
     の香り。

秋の田の 仮庵の庵の 苫をあらみ わが衣手は
露にぬれつつ
              天智天皇(てんじてんのう)
               (後撰集・302、百人一首・1)

(あきのたの かりほのいおの とまをあらみ わが
 ころもては つゆにぬれつつ)

意味・・秋の田の仮小屋の屋根に葺(ふ)いた苫の目が
    粗いので、夜通し小屋で番をしている私の着物
    の袖は、こぼれ落ちる露に濡れていくばかりで
    ある。

    収穫期の農作業にいそしむ田園の風景を詠んだ
    歌である。しかし、農作業のつらさという実感
    は薄く、晩秋のわびしい静寂さを美ととらえた
    歌である。

 注・・仮庵=農作業のための粗末な仮小屋。「仮庵の
     庵」は同じ語を重ねて語調を整えたもの。
    苫をあらみ=「苫」は菅や萱で編んだ菰(こも)。
     「・・を・・み」は原因を表す語法。「・・
     が・・なので」
    衣手=衣の袖。

作者・・天智天皇=626~671。蘇我氏を倒し大化の改新
     を実現。近江(滋賀県)に都を開く。

君待つと 我が恋ひ居れば 我が屋戸の 簾動かし
秋の風吹く
             額田王(ぬかたのおおきみ)
               (万葉集・488)

(きみまつと わがこいおれば わがやどの すだれ
 うごかし あきのかぜふく)


意味・・あの方のおいでを待って恋しく思っていると、
    家の戸口の簾をさやさやと動かして秋の風が
    吹いている。

    夫の来訪を今か今かと待ちわびる身は、かす
    かな簾の音にも心をときめかす。秋の夜長、
    待つ夫は来ず、簾の音は空しい秋風の気配を
    伝えるのみで、期待から失望に思いは沈んで
    行く。

 注・・屋戸=家、家の戸口。

作者・・額田王=生没年未詳。万葉の代表的歌人。


    

難波潟 みじかき芦のふしの間も 逢はでこの世を
過ぐしてよとや
                伊勢(いせ)
           (新古今集・1049、百人一首・19)

(なにわがた みじかきあしの ふしのまも あわで
 このよを すぐしてよとや)

意味・・難波潟の芦の、その短い節と節の間のような、
    ほんのわずかな間も逢わないまま、私にこの
    世を終えてしまえと、あなたは言うのでしょ
    うか。

    実ることのない恋をしてしまった自分自身の
    人生が、いかにも痛ましいものとして見つめ
    ています。

 注・・難波潟=大阪湾の一部。「難波」は現在の大
     阪市やその周辺の古称。
    芦=イネ科の多年草。水辺に自生し、高さは
     2~4mになるが、節と節との間は短い。
    この世=男女の仲、人生、世間。ここでは
     男女の仲から人生の意に広がっている。
    過ぐしてよ=過ごしてしまえ。「てよ」は
     完了の助動詞「つ」の命令形。
    とや=「とや言ふ」の略。というのか。

作者・・伊勢=877~938。伊勢守藤原継陰の娘。代表
     的な女流歌人。

われが身に故郷ふたつ秋の暮れ
                吉分大魯(よしわけたいろ)
                  (蘆陰句選)

(われがみに ふるさとふたつ あきのくれ)

前書・・国を辞して九年の春、都を出て一とせの秋。

意味・・故郷徳島を離れてすでに九年にもなり、その
    なつかしさは当然のことであるが、住み慣れ
    た京都を出て一年たった今となってみると、
    その京都へのなつかしさもひとしおのもので、
    秋の暮にしみじみと感慨にふけり、感じやすく
    なっている自分の心には、二つながらともに
    なつかしい故郷である。

 注・・秋の暮=秋の終わり、秋の夕べ。ここでは秋
     の夕べの意。

作者・・吉分大魯=1730~1778。阿波国(徳島県)の藩士。
     俳諧を好み職を辞して京都に上り蕪村に学ぶ。
     句集に「蘆陰(ろいん)句選」
 

このページのトップヘ