名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2010年10月

こととはば ありのまにまに 都鳥 みやこのことを 
我にきかせよ
            和泉式部(いずみのしきぶ)
              (後拾遺和歌集・509)

(こととわば ありのまにまに みやこどり みやこの
 ことを われにきかせよ)

意味・・私がものを尋ねたならば、都鳥よ、ありのままに
    都のことを私に聞かせておくれ。

    夜、都鳥が鳴いたので詠んだ歌です。

    参考歌です。

    名にし負はばいざこととはむ都鳥我が思ふ人は
    ありやなしやと  (意味は下記参照)

 注・・ありのまにまに=あるままに。
    都鳥=シギ目ちどり科の鳥、30cm程の大型の鳥。

作者・・和泉式部=生没年未詳。1000年前後に活躍した人。
     「和泉式部日記」「和泉式部集」。

参考歌です。

名にし負はば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は 
ありやなしやと
            在原業平(ありはらのなりひら)
              (古今集412、伊勢物語・9)

(なにしおわば いざこととはむ みやこどり わがおもふ
 ひとは ありやなしやと)

意味・・都という名を持っているのならば、さあ尋ねよう、
    都鳥よ。私の思い慕っている人は生きているのか、
    いないのかと。

    流浪の旅をする業平らが隅田川に着いて、舟の
    渡し守から見知らぬ鳥の名を聞いて詠んだ歌です。
    都鳥という名に触発され、都にいる妻への思いが
    急激にに高まったものです。

 注・・あり=生きている、健在である。

作者・・在原業平=~825。六歌仙の一人。伊勢物語の
     主人公。


月かげに 夜わたる雁の つらみても わが数たらぬ
友ぞかなしき
          下河辺長流(しもこうべちょうりゅう)
           (晩花集)

(つきかげに よるわたるかりの つらみても わがかず
たらぬ ともぞかなしき)

意味・・月の光によって、夜を飛んで移動する雁のつら
    なった群れを見るにつけ、自分と親しかった友
    達が一人二人と欠けて数が足りないのは悲しい
    ものだ。

    夜空の雁の群れはすでに一羽二羽と仲間を失っ
    ているかも知れないが、身近な人に死なれて、
    雁より自分の方が悲しみがつのる、という気持
    を詠んでいます。

    参考歌です。

    北へ行く雁ぞ鳴くなるつれてこし数はたらでぞ
    帰るべらなり (意味は下記参照)

 注・・つら=列・連。連なること、行列。
    わが数たらぬ=親しい仲間のうちに死んで欠け
     た者がいて数が足りなくなる。

作者・・下河内長流=1628~1686。尾崎共平。下河内は
     母方の姓。万葉集の書写や注釈に励む。

参考歌です。

北へ行く 雁ぞ鳴くなる つれてこし 数はたらでぞ
帰るべらなる
                  読人しらず
             (古今集・412、土佐日記)

(きたへゆく かりぞなくなる つれてこし かずは
 たらでぞ かえるべらなる)

意味・・春が来て北国に飛び帰る雁の鳴き声が聞こえて
    くる。あの悲しそうな鳴き声は、日本に来る時
    には一緒に来たものが、数が足りなくなって帰
    るからなのだろうか。

    この歌の左注に、「この歌の由来は、ある人が
    夫婦ともどもよその土地に行った時、男のほう
    が到着してすぐに死んでしまったので、女の人
    が一人で帰ることになり、その帰路で雁の鳴き
    声を聞いて詠んだものだ」と書かれています。

 注・・べらなり=・・のようである。

世の中の うけくに秋の 月を見て 涙くもらぬ 
よはぞすくなき
         花山院師兼(かやまいんもろかね)
            (新葉和歌集・12)

(よのなかの うけくにあきの つきをみて なみだ
 くもらぬ よわぞすくなき)

意味・・世の中のつらさに秋の月を見て、悲しみの
    為に涙が曇らぬ夜半の少ないことだ。

    南北朝時代の対立で、敗者の思うにまかせ
    ぬ世の憂さを月をからめて詠んだ歌です。

    憂さ(つらさ)もいろいろ、その一つ。

    長き夜や心の鬼が身を責める  一茶
     (意味は下記参照)

 注・・うけく=憂けく。憂きこと、つらさ。
    よは=夜半。夜中。

作者・・花山院師兼=生没年未詳。1370年頃の人。
     南北朝期の歌人。

参考句です。

長き夜や 心の鬼が 身を責める   
                 一茶(いっさ)

(ながきよや こころのおにが みをせめる)

意味・・いたらない自分の醜態(しゅうたい・恥ず
    べく事)が自己嫌悪となって、一人になっ
    た夜、心の中から小さな鬼が立ち上がって
   「お前バカだなあ、なぜあんなアホウな事を
    するのだ」と攻め立てる。
 
    一茶は「心ない自分の行いによって人が傷
    ついた」と感じ、その傷ついた相手の身に
    なって「なぜ傷をつけたのだ」と加害者に
    なった自分を責めて詠んだ句です。

 注・・心の鬼=良心。

    

いかるがの さとのをとめは よもすがら きぬはたおれり 
あき ちかみかも
                会津八一(あいづやいち)
                  (南京新唱)

意味・・斑鳩(いかるが)の里の娘は、一晩中、機を織って
    いる、その音が聞えてくるが、もう秋が近いのだ
    なあ。

    明治41年に大和(奈良)へ旅行した折の作です。
    古への憧(あこが)れや懐かしさなど、特別な思い
    がこもる斑鳩。その里の娘が織る機の音が、静ま
    り返った夜の村をあちこちから明け方近くまで聞
    えてくる。もう秋が近いことを感じ、しみじみし
    た気持です。

    参考歌です。

    み吉野の山の秋風さ夜更けて故郷寒く衣打つなり
     (意味は下記参照)

 注・・いかるが=斑鳩。奈良県生駒郡斑鳩町。法隆寺の
     ある町。
    よもすがら=夜通し。
    きぬはた=衣機。衣服を織る機械。
    ちかみ=近み。「み」は理由や原因を表す接尾語。

作者・・会津八一=1881~1956。文学博士。美術史研究家。
     歌集「鹿鳴館」、「南京新唱」。

参考歌です。

み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて 古里寒く
衣打つなり
          藤原雅経(ふじわらのまさつね)
           (新古今・483、百人一首・94)

(みよしのの やまのあきかぜ さよふけて ふるさと
 さむく ころもうつなり)
 
意味・・吉野山の秋風は夜更けて寒く吹き、かって都の
    あった里では寒々と衣を打つ音が聞こえて来る。

    古京の秋の夜寒のわびしさを、山の秋風の音と
    里の砧(きぬた)を打つ音とにより、流麗な音楽
    的な調べで詠っている。

注・・古里=吉野は古代の離宮の地であることから、古く
    都があった土地(古京)の意で、「古里」と呼ぶ。
    人に忘れ去られ、荒れ果てた地のイメージがこめ
    られている。
   衣打つ=砧(きぬた)のこと。衣を柔らかくしたり
    光沢を出すため木槌で打つこと。女性がする夜
    なべ作業であった。

作者・・藤原雅経=1170~1221。「新古今集」の撰者の一人。

雨隠り 心いぶせみ 出で見れば 春日の山は 
色づきにけり
           大伴家持(おおとものやかもち)
             (万葉集・1568)

(あまごもり こころいぶせみ いでみれば かすがの
 やまは いろずきにけり)

意味・・雨に閉じ込められて、気持がうっとうしいので、
    外に出てみると、春日の山はもう見事に色づい
    ていた。

    長雨の間に山がすっかり紅葉したことを見出し、
    雨ごもりの鬱情から開放された気持を詠んで
    います。

 注・・いぶせみ=気が晴れない、うっとうしい。

作者・・大伴家持=718~785。大伴旅人の子。万葉の
     代表的な歌人。万葉集の編纂もする。

このページのトップヘ