名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2011年01月

ふるさとの 雪は花とぞ 降り積もる ながむる我も
思ひ消えつつ
              読人しらず
             (後撰和歌集・485)

(ふるさとの ゆきははなとぞ ふりつもる ながむる
 われも おもいきえつつ)

意味・・今では思い出の場所となってしまったこの里の
    雪は、まるで花のように降り積もっている。
    物思いにふけりながらぼんやりとそれを眺めて
    いる私も、雪が消えるように、思いが消沈して
    ゆくことだ。

 注・・ふるさと=なじみの土地、思い出があるが今で
     は古くなった里。
    ながむる=物思いに沈みながらぼんやり見やる。
    思ひ=恋慕う気持、恋の気持。
    思ひ消えつつ=花だと消えないが、雪だから眺
     める自分も消え入る思いだ、の意。

老いぬとて 松は緑ぞ まさりける わが黒髪の
雪の寒さに
           菅原道真(すがわらのみちざね)
             (新古今和歌集・1694)

(おいぬとて まつはみどりぞ まさりける わが
 くろかみの ゆきのさむさに)

意味・・老いてしまったというので、松は、ますます緑を
    深くしていることだ。私は、自分の黒髪が雪のよ
    うに白くなって、寒々とした思いでいるのに。

 注・・わが黒髪の雪の寒さに=自分の黒髪が、嘆きの為
    に雪のように白髪に変り、寒々とした思いでいる
    のに。

作者・・菅原道真=845~903。贈正一位太政大臣。藤原時平
     の讒言(ざんげん)で太宰権師(だざいごんのそち)
     に左遷され、大宰府に配流される。配所で2年後
     に没する。当代随一の漢学者。


ながめつる 今日は昔に なりぬとも 軒端の梅は
われを忘るな
           式子内親王(しょくしないしんのう)
             (新古今和歌集・52)

(ながめつる きょうはむかしに なりぬとも のきばの
 うめは われをわするな)

意味・・もの思いをしながら見入っていた今日という日は、
    私が亡くなって昔になってしまっても、軒端の梅
    の花だけは、私を忘れないでおくれ。

 注・・ながめつる=眺めつる。物思いに沈んでいること。
    今日=もの思いをしながら梅を見入っていた今日。
    軒端=軒に近い所。

作者・・式子内親王=~1201没。後白河上皇の第二皇女。
     歌集に「式子内親王集」。

思はじと 思へばいとど こひしきは いづちが我が 
こころなるらん
            読人知らず
            (詞花和歌集・204)

(おもわじと おもえばいとど こいしきは いずちが
 われが こころなるらん)

意味・・思うまいと思うといよいよ恋しくなるのは、
    一体どちらが自分の本当の心なのだろう。






源氏をば 一人となりて 後に書く 紫女年若く
われは然らず
           与謝野晶子(よさのあきこ)
             (白桜集)

(げんじをば ひとりとなりて あとにかく しじょ
 としわかく われはしからず)

意味・・源氏物語を良人宣孝(のぶたか)を亡くして
    独り身となってから書いた紫式部は、その
    年はまだ若かったけれども、良人の寛(ひ
    ろし)を失って寡婦となった私はそうではな
    い。もう60歳近くになっていることだ。

    夫を亡くした悲しみを、若くして夫を亡く
    した紫式部を思いやることにより、忘れさ
    せ気を取り直し自分を励ませた歌です。
    
 注・・源氏=源氏物語。
    紫女=紫式部。973年頃の生まれ。
    年若く=20歳後半で夫の宣孝を亡くす。
    宣孝=藤原宣孝。950~1001。
    寛=与謝野鉄幹の本名。1873~1935。晶子
     の夫。

作者・・与謝野晶子=1878~1942。与謝野鉄幹は夫。
     昭和13年頃「新々訳源氏物語」を刊行。
     その途中に夫の寛を亡くす。歌集は「み
     だれ髪」「舞姫」「白桜集」など。


このページのトップヘ