名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2011年04月

(4月29日)

ほとどぎす 空に声して 卯の花の 垣根も白く
月ぞ出でぬる
          永福門院(えいふくもんいん)
          (玉葉集・319)

(ほとどぎす そらにこえして うのはなの かきねも
 しろく つきぞいでぬる)

意味・・ほとどぎすが空で一声鳴いて過ぎ、地上には
    卯の花が垣根に白く咲きこぼれている。折し
    も垣根の向こう、中空を見ると、月がちょう
    ど出てきた所である。

    この歌を基にして佐々木信綱は「夏は来ぬ」
    の唱歌を作っています。

    卯の花の匂う垣根に 時鳥早やも来鳴きて
    忍び音もらす 夏は来ぬ

作者・・永福門院=1271~1342。京極派の代表歌人。


(4月28日)

田や沼や よごれた御世を 改めて 清く澄ませよ
白河の水

(たやぬまや よごれたみよを あらためて きよく
 すませよ しらかわのみず)

意味・・今の政治は田や沼のように汚れてしまった。
    奥州白河藩主の定信さんよ、あなたが早く
    田沼を追放して汚れた政治を白河のように
    清く澄まして欲しい。

    田沼意次(おきつぐ)は士農工商を廃止して
    重商主義をとった。その結果商人の賄賂が
    はびこる世になった。松平定信は当時白河
    藩主であった。


友ほしく 何おもひけむ 歌といひ 書という友
ある我にして
           橘曙覧(たちばなのあけみ)
         (志濃夫廼舎(しのぶのや)歌集・805)

(ともほしく なにおもいけん うたといい ふみ
 というとも あるわれにして)

意味・・寂しくなり、どうして友達が欲しいと思った
    のだろう。私には、歌詠みとか本という友達
    がありながら。

 注・・何おもひけん=どうして思ったのだろう。
    にして=・・でありながら。


作者・・橘曙覧=1812~1868。越前国福井(今の福井
     市)の紙商の長男。家業を異母弟に譲って
     隠棲。歌集「志濃夫廼舎」。

信濃路の おぎその山の やま桜 またも来て見む
ものならなくに
               賀茂真淵(かものまぶち)
               (賀茂翁家集)

(しなのじの おぎそのやまの やまざくら またも
 きてみん ものならなくに)

意味・・信濃のお木曽の山に咲いている山桜よ、私は
    再びここへ来て見るということはないことで
    あろう。

    よい景色を見るとそれを惜しむ心から、こう
    した景色は生涯にまたと見られるかどうか分
    からない、それが家遠い旅であればいっそう
    のことだ、という気持を詠んでいます。

 注・・信濃路=信濃に行く路。ここでは信濃の意。
    おぎそ=地名で木曽または小木曽。
    ならなくに=・・でないのだから。

作者・・賀茂真淵=1697~1769。本居宣長をはじめ多
     くの門人を育成。「賀茂翁家集」。
    

信濃路の おぎその山の やま桜 またも来て見む
ものならなくに
               賀茂真淵(かものまぶち)
               (賀茂翁家集)

(しなのじの おぎそのやまの やまざくら またも
 きてみん ものならなくに)

意味・・信濃のお木曽の山に咲いている山桜よ、私は
    再びここへ来て見るということはないことで
    あろう。

    よい景色を見るとそれを惜しむ心から、こう
    した景色は生涯にまたと見られるかどうか分
    からない、それが家遠い旅であればいっそう
    のことだ、という気持を詠んでいます。

 注・・信濃路=信濃に行く路。ここでは信濃の意。
    おぎそ=地名で木曽または小木曽。
    ならなくに=・・でないのだから。

作者・・賀茂真淵=1697~1769。本居宣長をはじめ多
     くの門人を育成。「賀茂翁家集」。
    


み餐する 物こそなけれ 小瓶なる 蓮の花を 
見つつしのばせ
               良寛(りょうかん)
               (良寛歌集・1107)

(みあえする ものこそなけれ こがめなる はちすの
 はなを 見つつしのばせ)

意味・・おもてなしする物は何も無いけれど、せめて、
    瓶に挿しておいた蓮の花を見ながら、それを
    私のもてなしだと思って、美しさをほめて下
    さい。

    良寛の留守中に来訪した貞心尼が詠んだ歌
    「来てみれば 人こそ見えね 庵守て 匂ふ
     蓮の 花の尊さ」に応えて詠んだ歌です。 

 注・・み餐(あえ)=飲食のもてなし。
    しのばせ=賞美する。
    貞心尼=長岡藩士の娘。夫と死別後尼になり
     良寛に禅の指導を受ける。

作者・・良寛=1758~1831。

このページのトップヘ