名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2011年06月

駿河路や花橘も茶の匂ひ
               芭蕉
               (炭俵)
(するがじや はなたちばなも ちゃのにおい)

意味・・江戸から東海道を通って、駿河国あたりに来ると、
    この街道筋は暖かい地方なので、白い橘の花があ
    ちらにもこちらにも咲いてよい香りを放っている。
    だが、それにもましてこの地方は製茶が盛んで、
    さすが香気の高い橘の花までも、茶の匂いに包み
    こまれてつまうようだ。

 注・・駿河路=駿河(静岡県)を通る東海道筋。
    花橘=橘の花を賞美している語。橘は一種の蜜柑。

作者・・芭蕉=1644~1695。「奥の細道」「野ざらし紀行」。

熊坂が死んでも国に鼠有
               作者 不明
               (出典・裏若葉)
(くまさかが しんでもくにに ねずみあり)

意味・・石川五右衛門は「石川や浜の真砂は尽きるとも
    世に盗人のたねはつきまじ」と詠んだというが、
    かの有名な熊坂長範が牛若丸に殺されても、広
    い日本には、鼠賊(そぞく)が出没、盗人の隠れ
    家など、どこにもできるものだ。

 注・・熊坂=熊坂長範。盗賊の首領。1174年美濃赤坂
     で牛若丸を襲って討たれた。
    鼠=鼠賊(そぞく)、こそどろ。

われのみや 世を鶯と なきわびむ 人の心の 
花と散りなば
             読人知らず
             (古今和歌集・798)
(われのみや よをうぐいすと なきわびん ひとの
 こころの はなとちりなば)

意味・・もしもあの人の心が、花が散るように私から
    すっかり離れてしまったら、私だけが世を憂
    きものとはかなんで、鶯のように泣くのだろ
    うか。

 注・・鶯=「うぐいす」に「憂く」が掛けられている。

髪あげて 挿さむと云ひし 白ばらも のこらずちりぬ 
病める枕に
             山川登美子(やまかわとみこ)
             (恋衣)
(かみあげて ささんといいし しろばらも のこらず
 ちりぬ やめるまくらに)

意味・・髪を結って挿しましょう、と言った、あの白ばらの
    花もみんな散ってしまった。病んでいる私の枕許で。

    病気中の枕許にきれいに活けられてあった白ばらの
    花を、やがて病が治ったら結い上げた髪に挿そうと
    思っていた。ところがいつのまにか花は散ってしま
    った。
   「白ばら」に希望を託していたのだが、それは叶わぬ
    状態にあることを歌っています。

 注・・髪あげて=髪を結って。

作者・・山川登美子=1879~1909。31歳。与謝野昌子・増田
    雅子・山川登美子の共著の歌集「恋ごろも」を出版。


子の為に 残す命も へてしがな 老いて先立つ
否びざるべく
          藤原兼輔(ふじわらのかねすけ)
          (兼輔集)
(このために のこすいのちも へてしがな おいて
 さきだつ いなびざるべく)

意味・・我が子の為にしてやれる残りの命も少なくなって
    しまった。年老いて子に先立つ事は逆らいようの
    ない事だ。我が亡き後、子供たちはどのようにし
    て生きていくことか。

 注・・へて=経て。時がたつ。
    否び=承知しない。断る。

作者・・藤原兼輔=877~933。紫式部の曽祖父。中納言。

このページのトップヘ