名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2011年07月

我ならぬ 草葉も物は 思ひけり 袖より外に
置ける白露
           藤原忠国(ふじわらのただくに)
           (後撰和歌集・1281)
(われならぬ くさばもものは おもいけり そでより
 そとに おけるしらつゆ)

意味・・私だけでなく、なんと、草の葉も物を悩んでいる
    のだねえ。私の袖以外の草の葉にも、涙のような
    白露を置いているということは。

作者・・藤原忠国=詳細不明。

幸はひの いかなる人か 黒髪の 白くなるまで
妹が声を聞く
            作者不明
            (万葉集・1411)
(さきはいの いかなるひとか くろかみの しろく
 なるまで いもがこえをきく)

意味・・あの二人はなんという仕合せな人達なんだろう。
    あのお爺さんは黒髪がすっかり白髪に変わるあの
    年まで、つれ添うたお婆さんの声を聞くなんて。
    早く妻を失った自分はうらやましいなあ。

    挽歌です。

 注・・挽歌=人の死を悼(いた)み悲しむ歌。


み林は 何処はあれど 越路なる 三島の里の
出田の宮
           良寛(りょうかん)
           (良寛歌集・1332)
(みはやしは いずこはあれど こしじなる みしまの
 さとの いづるたのみや)

意味・・お宮の林は、どこもみな良いが、中でも越路に
    ある三島の里の、出田の宮の林はことに素晴ら
    しいものだ。

 注・・越路=越の国、ここでは新潟県。
    三島の里=ここでは、新潟県和島村島崎。
    出田(いづるた)の宮=現在は宇奈具志神社に
     合社。

作者・・良寛=1758~1831。

涼しさは あたらし畳 青簾 妻子の留守に
ひとり見る月
           唐衣橘洲(からころもきっしゅう)
           (鶯蛙)
(すずしさは あたらしたたみ あおすだれ さいしの
 るすに ひとりみるつき)

意味・・新しい畳に青簾のさっぱりした部屋で、月を
    見上げたらさぞ涼しかろう。しかも妻子が留
    守なら、涼しさもひとしおだ。

    妻子だけでなく、広く世俗のわずらわしさか
    らも逃れたら、の願望。

作者・・唐衣橘洲=1743~1802。田安家の下級幕臣。
     天明狂歌の創始者。

鏡山 ひかりは花の 見せければ ちりつみてこそ
さびしかりけれ
          藤原親隆(ふじわらのちかたか)
          (千載和歌集・105)
(かがみやま ひかりははなの みせければ ちり
 つみてこそ さびしかりけれ)

意味・・鏡の山の光は満開の花を光輝いて見せたのだが、
    その花が散り積もってしまってからは、光も曇
    りさびしいことだ。
    鏡山というその名にふさわしく、ひときわ照り
    輝いていた山桜、今はその花も散り果てて光を
    失ったようだ。

    緑に装いを変えた鏡山に対する一抹の哀愁の思い。

 注・・鏡山=滋賀県蒲生郡にある山。近江国の歌枕。
     ここでは徳のある人の意も含む。
    ちりつみて=散り積みて。散り積もって。

作者・・藤原親隆=1099~1165。正三位参議。
    

このページのトップヘ