名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2011年09月

あけぬるか 河瀬の霧の たえだえに をちかた人の
袖の見ゆるは
            大納言経信母(だいなごんつねのぶのはは)
            (後拾遺和歌集・324)
(あけぬるか かわせのきりの たえだえに おちかた
 ひとの そでのみゆるは)

意味・・夜が明けてしまったのであろうか。川の浅瀬に
    たちこめていた朝霧がとぎれとぎれの中に、向
    こうの方にいる人の袖が見えるのは。

 注・・をちかた人の=遠方人の。向こうの方にいる人。

作者・・大納言経信母=生没年未詳。播磨守従四位下・
     源国盛の娘。源経信(1016~1097)の母。

いづこにも 月はわかじを いかなれば さやけかるらん
更級の里
             隆源法師(りゅうげんほうし)
             (千載和歌集・277)
(いずこにも つきはわかじを いかなれば さやけ
 かるらん さらしなのさと)

意味・・どこに出る月であっても区別はなかろうに。
    一体どうしてさやかなのだろうか、更級の
    里では。

 注・・わかじ=分がじ。分けない。区別をしない。
    更級の里=長野県更級郡。月の名所。

隆源法師=生没年未詳。「堀河百首」の作者。

曇りなく 千年にすめる 水の面に やどれる月の
影ものどけし
            紫式部(むらさきしきぶ)
            (新古今和歌集・722)
(くもりなく ちとせにすめる みずのおもに やどれる
 つきの かげものどけし)

意味・・いつまでも永久に澄みわたっていると思われる
    お屋敷の池の水面に、曇りもなく明るく照り輝い
    ている月の光、ともどもに永遠の安らかさが感じ
    られる。

 注・・曇りなく=水の濁りと、空の曇りを掛ける。
    千年にすめる=永久に澄んでいる。水と月の光に
     掛けている。
    のどけし=長閑し。心が安らかである。

作者・・紫式部=970頃の生まれ。「源氏物語」「紫式部日記」。


きりぎりす いたくななきそ 秋の夜の 長き思ひは
我ぞまされる
           藤原忠房(ふじわらのただふさ)
           (古今和歌集・196)
(きりぎりす いたくななきそ あきのよの ながき
 おもいは われぞまされる)

詞書・・人のもとにまかれりける夜、きりぎりすのなき
    けるをよめる。

意味・・こおろぎよ、そんなに悲しそうに鳴いてくれるな。
    秋の夜は長いけれど、それと同じように長くつき
    ない思いは、この私のほうがよほどまさっている
    のであるから。

    この家の主人の嘆き悲しむのを見て、私のほうが
    もっとつらいのですと、我が心の寂しさを詠んだ
    ものです。

 注・・まかれりける=訪ねて行った。
    きりぎりす=今のこおろぎ。
    な・・そ=禁止の意味の助詞。

作者・・藤原忠房=889~928。遣唐使。山城守。正五位下。


いにしへの 倭文の苧環 いやしきも よきもさかりは
ありしものなり
               読人知らず
               (古今和歌集・888)
(いにしえの しずのおだまき いやしきも よきも
 さかりは ありしものなり)

意味・・しずの苧環(おだまき)という語があるが、賎(しず)の
    男(いやしい者)にも、身分の高い人にも、それ相応に
    男ざかりはありましたよ。

 注・・倭文(しず)の苧環(おだまき)=「倭文」は模様のある
     古代の織物の一種。「苧環」は「倭文」を織るため
     の糸を球状に巻いたもの。「倭文」は「賎(しず)」
     と同音であるので、「賎」と同義の「いやしき」に
     かけた序詞。
    いやしきも=賎しい者も。
    よきも=身分の高い方も。
    さかり=男ざかり、女ざかりの意。


このページのトップヘ