名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2011年10月

雨露に 打たるればこそ 紅葉葉の 錦を飾る
秋はありけれ
            沢庵和尚(たくあんおしょう)
            (出典不明)
(あまつゆに うたるればこそ もみじばの にしきを
 かざる あきはありけれ)

意味・・冷たい雨や露に打たれたからこそ、秋には楓(かえで)の
    葉が美しい紅葉となる。
 
    逆境を経てこそ、人も人生の豊かさを手中にすることが
    出来る。

作者・・沢庵和尚=1573~1645。江戸時代の臨済宗の僧。書画や
     詩文、茶の湯に通じる。



刈れる田に おふるひつちの 穂にいでぬ 世をいまさらに 
あきはてぬとか                  
               読人知らず
               (古今和歌集・308)
(かれるたに おうるひつちの ほにいでぬ よをいまさらに
 あきはてぬとか)

意味・・稲刈りをした後の田で、その刈り株から生えた新芽が
    いっこうに穂を出さないのは、この世を今さらに飽き
    はて、そして秋も果ててしまったからなのだろうか。

    農民の生活を反映した歌で、生活の苦しみに飽きた・
    すっかりいやになったという気持を詠んでいます。

    当時の農民の生活は、
    朝早く山に入って薪を取り、そして売りに行く。
    昼は田を耕したり、稲の根元の草取り。
    夜は草鞋を作ったり、米を搗(つ)いたり、砧(きぬた)で
    布を叩いて柔らかくする夜なべ。
    合間には炊事や洗濯に子育てもせねばなりません。
    水不足や冷害、水害などの自然災害が発生すると生活は
    困窮します。

 注・・刈れる田=稲を刈り終えた田。
    おふる=生ふる、はえる。
    ひつち=刈った後の稲株にまた生えて来る稲。
    あき=「秋」と「飽き(いやになる)」を掛ける。


古の しづのおだまき 繰りかへし 昔を今に 
なすよしもがな
              読み人しらず
              (伊勢物語・32段)
(いにしえの しずのおだまき くりかえし むかしを
 いまに なすよしもがな)

意味・・昔の倭文織(しずおり)の糸を巻くおだまきを
    繰(く)るように、再び繰り返して、昔の二人の
    仲を今に繰り返す方法はないものかなあ。
    
 注・・しづ=倭文。古代の織物の一種。
    おだまき=苧環。しづを織る糸を中空にして丸く
      巻いた機物。
    よし=方法、手段。

心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる
白菊の花
              凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)
              (古今集・277、百人一首・29)
(こころあてに おらばやおらん はつしもの おき
 まどわせる しらぎくのはな)

意味・・もし折るのなら、当て推量で折ることにしょう。初霜が
    置いて、その白さのために区別もつかず、紛らわしくし
    ている白菊の花を。
 
    実景の上の面白さではなく、冬の訪れを告げ、身を引き
    締めるようにさせる初霜の厳しさと、白菊の花の清々し
    さを詠んでいます。

 注・・心あてに=当て推量で。
    折らばや折らむ=もし折るならば折ろうか。

作者・・凡河内躬恒=生没年未詳。894年頃活躍した人。「古今集」
     の撰者の一人。三十六歌仙の一人。


人住まぬ 不破の関屋の 板廂 荒れにし後は
ただ秋の風
             藤原良経(ふじわらのよしつね)
             (新古今和歌集・1601)
(ひとすまぬ ふわのせきやの いたびさし あれにし
 のちは ただあきのかぜ)

意味・・もう関守が住まなくなった不破の関の番小屋の板廂。
    荒れ果ててしまったあとは秋風が吹き抜けるばかりだ。

    かっては威勢がよかったが、荒廃してしまった不破の
    関のありさまに、人の世の無常と歴史の変転をみつめ
    ている。

    参考です。 
       東風吹かば 子は夢見て 一人去り二人去る
       残りし家守の老夫婦 身に染み入る秋の風
    
 注・・不破の関屋=岐阜県関ヶ原にあった。675年に開設、
      789年に廃止された。「関屋」は関の番小屋。

作者・・藤原良経=1206年没、38歳。従一位摂政太政大臣。
     「新古今集仮名序」を執筆。

このページのトップヘ