名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2011年12月

今日ごとに 今日や限りと 惜しめども またも今年に
あひにけるかな
              藤原俊成(ふじわらのとしなり)
              (新古今和歌集・706)
(きょうごとに きょうやかぎりと おしめども またも
 ことしに あいにけるかな)

意味・・大晦日の今日が来るたびに、この大晦日が最後かと
    惜しんだけれども、またもや今年の大晦日に逢った
    ことよ。

    作者88歳の作。明日知れない老境の身をかみしめて
    います。

 注・・今日ごとに=年年の大晦日の今日ごとに。
    今日や限り=今日が大晦日の最後であろうか。
    今年に=今年の大晦日である今日に。

作者・・藤原俊成=1204年没。91歳。非参議正三位皇太后
     大夫。「千載和歌集」の撰者。

夕されば 潮風越して 陸奥の 野田の玉川
千鳥鳴くなり
           能因法師(のういんほうし)
           (新古今和歌集・643)
(ゆうされば しおかぜこして みちのくの のだの
 たまがわ ちどりなくなり)

意味・・夕方になると、海の潮風が吹いてきて、陸奥の
    野田の玉川に、千鳥の鳴く声が哀調を帯びて聞
    えてくる。
  
    陸奥に旅をした時に詠んだ歌で、都から遠く離
    れた旅路の寂しさを詠んでいます。

 注・・夕されば=夕方になると。
    潮風越して=海の潮風が吹いてきて。
    陸奥(みちのく)=岩手県・宮城県の地域。
    野田の玉川=岩手県九戸郡野田村玉川。岩石が
     多く、断崖もそそり立ち、北は三崎の岬、南
     は黒崎の岬があって絶景の地。
    千鳥=すずめより少し大きな水辺の鳥。哀調を
     おびた鳴き方をする。

作者・・能因法師=988~?。中古三十六歌仙の一人。


(12月28日)


いたづらに 過ぐる月日も おもしろし 花見てばかり
くらされぬ世は
              四方赤良(よものあから)
              (万載)
(いたずらに すぐるつきひも おもしろし はなみて
 ばかり くらされぬよは)

意味・・なんということもなく過ぎてゆく月日でも、本当は
    面白いのではないか。春だからといって、花を見て
    ばかりでは、暮らして行けない世の中なんだから。

    本歌の発想を揶揄(やゆ)しながら、平凡な日常の現実
    に誠実に生きようとする作者の態度です。

    本歌です。

    いたづらに 過ぐす月日は 多かれど 花見て暮らす
    春ぞすくなき
             藤原興風(ふじわらのおきかぜ)
             (和漢朗詠集・49、古今集・351)

   (いたずらに すぐすつきひは おおかれど はなみて
    くらす はるぞすくなき)

    何もしないで過ぎていく一日一日は多いけれども、
    いざ春となって花を見るとなると、楽しい春の日
    というものは本当に短いものだ。

 注・・いたづらに=なんのかいもないさま。
    揶揄=からかうこと。

作者・・四方赤良=1749~1823。支配勘定の幕臣。「万載狂歌
     集」「黄表紙」。

(12月29日)


大口の 真神の原に 降る雪は いたくな降りそ
家もあらなくに
             舎人娘子(とねりのおとめ)
             (万葉集・1636)
(おおくちの まかみのはらに ふるゆきは いたく
 なふりそ いえもあらなくに)

意味・・真神の原に降っている雪よ、そんなにひどく
    降らないでおくれ。身を置く我が家もありは
    しないのに。

 注・・大口=「真神」の枕詞。真神(狼の異名)の口
     が大きいので枕詞になった。
    真神=奈良県高市郡明日香にあった原。
    な・・そ=禁止の意を表す。
    あらなくに=ないのに、ないことだなあ。

作者・・舎人娘子=伝未詳。

かへるべき ほどをかぞへて 待つ人は すぐる月日を
うれしかりける
              源隆綱(みなもとのたかつな)
              (後拾遺和歌集・727)
(かえるべき ほどをかぞえて まつひとは すぐる
 つきひを うれしかりける)

意味・・(京に)お帰りになるはずの月日を指折り数えて
    待っている私には、いつも惜しい月日も過ぎて
    行くのがいっそ嬉しく思われますよ。

    恋の部に入っている歌です。好きな人と逢える
    日を楽しみに待っている事を詠んでいます。

 注・・ほど=時分、時間、月日。

作者・・源隆綱=1033~1074。正三位・左近中将。

このページのトップヘ