名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2012年02月

岩代の 結べる松に ふる雪は 春もとけずや
あらんとすらむ
         中納言女王(ちゅうなごんのにょうおう)
           (金葉和歌集・286)

(いわしろの むすべるまつに ふるゆきは はるも
 とけずや あらんとすらん)

意味・・岩代の結び松に降る雪は、その名の通り結ばれた
    まま、春になっても解けないのだろうか。

    有間皇子が次の歌を詠んだか、皇子は処刑された
    ので、再び見る事が出来ずに、結ばれたままとな
    った。

    盤代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば 
    また還り見む
             
 注・・岩代=磐代。和歌山県日高郡南部町岩代。
    結べる松=枝を引き結ばれた松。旅路の無事を願
     うために行う。

作者・・中納言女王=源式部。生没年未詳。後三条院乳母。

参考歌です。

盤代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば 
また還り見む
               有間皇子
             
(いわしろの はままつがえを ひきむすび まさきく
 あらば またかえりみむ) 

意味・・盤代の浜松の枝を結んで「幸い」を祈って行く
    が、もし無事であった時には、再び帰ってこれ
    を見よう。

    有間皇子は反逆の罪で捕えられ、紀伊の地に
    連行され尋問のうえ処刑されたが、この道中で
    詠んだ歌です。
    松の枝を引き結ぶのは、旅路などの無事を祈る
    まじないです。

 注・・盤代=和歌山県日高郡岩代の海岸の地名。
    真幸(まさき)く=無事で(命が)あったなら。

出典・・万葉集・141。

酒杯に 梅の花浮かべ 思ふどち 飲みての後は
散りぬともよし
            大伴坂上郎女(万葉集・1656)
            (おおとものさかのうえいらつめ)
(さかずきに うめのはなうかべ おもうどち のみての
 のちは ちりぬともよし)

意味・・盃に梅の花を浮かべて、親しい仲間同士で飲み
    合った後ならば、梅の花は散ってもかまわない。

    飲んで思い切り楽しみましょう、という宴席で
    の挨拶歌です。

作者・・大伴坂上郎女=生没年未詳。大伴旅人の異母妹。

世の中を 憂しと恥しと 思へども 飛び立ちかねつ 
鳥にしあらねば   
            山上憶良(やまのうえのおくら)
            (万葉集・893)
(よのなかを うしとやさしと おもえども とびたちかねつ
 とりにしあらねば)

意味・・世の中をいやな所、身が細るように耐えがたいような
    所と思っても、捨ててどこかに飛び去ることも出来ま
    せん。私どもは所詮(しょせん)鳥ではないのだから。

    現実社会の苦しみにあえぎながら、それから逃れよう
    もなく、結局それに耐つつ生きざるを得ないことを悟
    った時の窮極の心がとらえられています。

 注・・憂し=つらい、憂鬱だ。
    恥(やさ)し=身が細るように耐えがたい、肩身が狭い。

作者・・山上憶良=660~733。遣唐使として渡唐。筑前守。

鏡にぞ 心は似たる しかはあれど 鏡は影を
とどめやはする
            小沢蘆庵(おざわろあん)
            (出典未詳)
(かがみにぞ こころはにたる しかはあれど かがみは
 かげを とどめやはする)

意味・・人の心は鏡に似るとよく譬えられる。人は人の心
    をよく映すからだが、鏡は影を留めるだろうか。
    人がその前から去ればその影を留めないのである。

    しかし人は違う。悲しみは悲しみを留め、特に恨
    みや憎しみは長く長く心に持ち続けるのである。
    鏡のようにありたいものだ。

作者・・小沢蘆庵=1723~1801。漢学に優れ、管茶山・頼
     山陽らと交流

時は今は 春になりぬと み雪降る 遠き山辺に
霞たなびく
            中臣武良自(なかとみのむらじ)
            (万葉集・1439)
(ときはいまは はるになりぬと みゆきふる とおき
 やまべに かすみたなびく)

意味・・時は今まさに春になったというので、雪の
    降り積む遠い山のあたりに霞がたなびいて
    いる。

 注・・時は今は=待ち焦がれた春が来た喜びを
     強調している。

作者・・中臣武良自=伝未詳。

このページのトップヘ