名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2012年03月

我が宿の 花見がてらに 来る人は 散りなむ後ぞ
恋しかるべき
           凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)
           (古今和歌集・67)
(わがやどの はなみがてらに くるひとは ちりなん
 のちぞ こいしかるべき)

意味・・我が家の庭の桜を花見がてらに訪れて来てくれた
    人は、花が散った後はもう来てはくれないだろう
    から、私はあなたを恋しく思うことでしょう。

    花見というきっかけで会うことが出来たのだが、
    次に会うべききっかけがない寂しさを詠んでいます。

作者・・凡河内躬恒=生没年未詳。921年淡路権掾(あわじ
     ごんのじよう)。古今和歌集の撰者。

世の中を なに嘆かまし 山桜 花見るほどの 
心なりせば
            紫式部(むらさきしきぶ)
            (後拾遺和歌集・104)

(よのなかを なになげかまし やまざくら はなみる
 ほどの こころなりせば)

意味・・世の中を嘆いてどうするのだ。人の一生など、
    山桜の盛りほど短いものなのに。

    紫式部の辞世の歌で娘(藤原賢子・かたこ)に
    遺したものです。

 注・・世の中=身の有様、身の上。

作者・・紫式部=生没年未詳。1013年頃没。「源氏物語」
     「紫式部日記」。


春の色の 至り至らぬ 里はあらじ 咲ける咲かざる
花の見ゆらむ
             読人しらず
             (古今和歌集・93)
(はるのいろの いたりいたらぬ さとはあらじ さける
 さかざる はなのみゆらん)

意味・・春の気配の及んでいる里と、及んでいない里
    というような区別はあるまい。それなのにす
    でに咲いている花や、まだ咲かない花が見え
    るようであるが、どうしたことであろうか。

    春色到来し花の季節になり、まだ花の咲かな
    いのは、まだ春の来ない里があるのかといぶ
    かしむ気持ちを詠んでいます。

百千鳥 さへづる春は 物ごとに あらたまれども
我ぞふりゆく
             読人知らず
             (古今和歌集・28)
(ももちどり さえずるはるは ものごとに あらたまれども
 われぞふりゆく)

意味・・さまざまな鳥がさえずる春は、あらゆるものが
    新しくなってゆくけれども、私だけは年老いて
    ゆくことだ。

   春になり全ての物がよみがえる時に、一年ごとに
    年齢が加わるのが嘆かわしくなって来る、と老い
    を嘆く述壊の歌です。

浅緑 野辺の霞は 包めども こぼれてにほふ 
花桜かな
              読人知らず       
              (拾遺和歌集・40)
(あさみどり のべのかすみは つつめども こぼれて
 におう はなざくらかな)

意味・・草が萌えて浅緑色になっている野原に霞が
    かかって、花を覆い隠そうとしているが、
    その霞の間からこぼれ出て、紅の色も美し
    く咲いている花桜であることだ。


このページのトップヘ