名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2012年05月

五月闇 みじかき夜半の うたた寝に 花橘の
袖に涼しき
             慈円 (新古今和歌集・242)

(さつきやみ みじかきよわの うたたねに はなたちばなの
 そでにすずしき)

意味・・五月闇の短い夜、うたた寝をしていると、花橘の
    香りが、袖のあたりに涼しく漂ってくることだ。

    湿ったむさ苦しい暑さの中で熟睡も出来ない夜半、
    さわやかな涼しい風が花橘の香りを乗せて来た。

 注・・五月闇=五月雨(さみだれ。梅雨)の降り続く頃の
     暗闇。この時分は夜が短かい。

作者・・慈円=じえん。1154~1225。大僧正。天台座主。



海人の住む 浦漕ぐ舟の かぢをなみ 世を倦みわたる
我ぞ悲しき
            小野小町 (後撰和歌集・1090)

(あまのすむ うらこぐふねの かじをなみ よをうみ
 わたる われぞかなしき)

意味・・漁夫が住んでいる入江を漕いでゆく舟が、漕ぐ
    ための櫂(かい)を無くしたかのように、つらい
    思いをしながら、この世を生きて行く私は悲し
    い事でありますよ。
    
    他の人は何とも思わない事を、この世をいやだ
    いやだと思いつつ生きて行く我が身を、切なく
    感じて詠んだ歌です。

 注・・海人=漁夫。
    浦=入り江、海岸。
    かぢ=楫(かじ)。舟を漕ぐ道具、櫂(かい)・櫓の類。
    なみ=無み。無いので。
    倦(う)み=いやになる。「海」を掛ける。

作者・・小野小町=おののこまち。生没年未詳。833~876年
    頃の人。各地に小町伝説が伝わっている。



起き上がり 小法師を見ても 世渡りは 転びては起き
転びては起き
              作者不明
(おきあがり こぼしをみても よわたりは ころびては
 おき ころびてはおき)

意味・・世の中を渡る時は、起き上がり小法師のように、
    転んでは起き、また転んでは起きる。
    どんな事があつても、くじけず歩んで行く事だ。

    七転び八起き。何事にも失敗はつきもの。どん
    なに失敗しても七転び八起き。浮き沈みが激し
    とも、何度倒れても起き上がればいいのである。




父よ男は 雪より凛く 待つべしと 教へてくれて
いてありがとう
             小野興二郎(おのこうじろう)
             (天の辛夷・こぶし)
(ちちよおとこは ゆきよりさむく まつべしと おしえて
 くれて いてありがとう)

意味・・男が人生を渡る時、さまざまな事に出会うが、それを
    じっくりと待ち受けて清く処するべきなのだと、父は
    私に常々教えていた。雪の冷たさ、白さよりももっと
    毅然として待って、受け止めるべき人生の大切な時間
    だと父は教えていた。私はこの父の言葉を人生の節々
    に思い起こし、生きる糧としてきたのである。父よあ
    りがとう。

 注・・凛(さむ)く=りりしい、心が引き締まる、身にしみて
     寒い。

作者・・小野興二郎=1935~2007。明治大学卒業。結核に悩ま
     される。「天の辛夷」「手のひらの闇」。


きのふまで 吾が衣手に とりすがり 父よ父よと 
いひてしものを
            橘曙覧(たちばなあけみ)
            (橘曙覧歌集・20)
(きのうまで わがころもてに とりすがり ちちよ
 ちちよと いいてしものを)

意味・・昨日まで、私の袖にすがりつき、父よ父よと
    言っていたものを。

    娘が四歳になつたので、物語など聞かせよう
    と楽しみにいた所、疱瘡にかかって死んだの
    で嘆きに沈んで詠んだ歌です。

 注・・衣手(ころもで)=袖。

作者・・橘曙覧=1812~1868。紙商の長男。父母に早
     く死別。家業を異母弟に譲り隠棲。福井藩
     主に厚遇される。


このページのトップヘ