名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2012年06月

何ごとも 時ぞと念ひ わきまへて みれど心に
かかる世の中
           橘曙覧 (橘曙覧歌集・380)

(なにごとも ときぞとおもい わきまえて みれど
 こころに かかるよのなか)

意味・・何事も時が解決してくれると、そのようにわき
    まえてはいるものの、やはり心配な世の中だ。

 注・・心にかかる世の中=この歌では、明治維新の前
     夜というべき時期で、攘夷と開港の問題をめ
     ぐって、国論が騒然としていた世相。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。明治元年
     は1868年。

草深き 窓の蛍は かげ消えて あくる色ある
野辺の白露
          飛鳥井雅有 (玉葉和歌集・398)

(くさふかき まどのほたるは かげきえて あくる
 いろある のべのしらつゆ)

意味・・草深い家の窓のあたりを飛び交う蛍の光も
    消えて、夜が明けゆく光に映えて美しい色を
    見せる野辺の白露よ。

    夜明けの光を受け、庭には白露がきらきらと
    輝いており、草深い窓の辺りでは蛍の光が消
    えて行く、夏の朝の叙景を詠んでいます。

 注・・窓の蛍=「蛍の光、窓の雪」を慣用句的に用
     いたもの。
    あくる=明くる。夜があける。

作者・・飛鳥井雅有=あすかいのまさあり。1241~
     1301。鎌倉期の歌人。正二位参議。

山吹の 花色衣 ぬしやたれ とへどこたへず 
くちなしにして
          素性法師 (古今和歌集・1012)

(やまぶきの はないろごろも ぬしやたれ とえど
 こたえず くちなしにして)

意味・・山吹の花のような黄色の着物の主は誰で
    あるか、尋ねたが返事が無い。口無しで
    あって、返事をしないのも道理である。

    俳諧(誹諧・はいかい)歌で滑稽さを詠ん
    でいます。

 注・・山吹の花色衣=黄色の衣。
    くちなし=梔子(くちなし)色、「口無し」
     を掛ける。山吹きは黄色で梔子色でも
     ある。

作者・・素性法師=そせいほうし。~909年頃没。
     僧正遍照の子。
    

観覧車 回れよ回れ 想い出は 君には一日 
我には一生
              栗木京子 (水惑星)

(かんらんしゃ まわれよまわれ おもいでは きみには
 ひとひ われにはひとよ)

意味・・楽しい思い出が巡るように、観覧車よ回れ回れ。
    その想い出は、相手にとっては、たかが一日。
    遊園地に出かけて観覧車に乗った、それだけの
    事かも知れない。しかし、私には一生なのだ。
    この一日の事は、大切な思い出として、一生忘
    れないだろう。

作者・・栗木京子=くりききょうこ。1954~。京都大学
     理学部卒。「水惑星」。



てのひらを くぼめて待てば 青空の 見えぬ傷より
花こぼれ来る
              大西民子 (無数の耳)

(てのひらを くぼめてまてば あおぞらの みえぬ
 きずより はなこぼれくる)

意味・・晴れた空は青く心地よい。野辺には花がいっぱい
    咲いて、また散っている。今、この美しい花びら
    を両手で受けようとしている。幸せな時だ。この
    楽しい振る舞いの中で、ふと、他人には分らない
    悩みが思い出されて来る。

 注・・見えぬ傷=他人には分らない傷・悩み。

作者・・大西民子=おおにしたみこ。1924~1994。奈良女
     子高等師範学校卒。木俣修に師事。「無数の耳」。


このページのトップヘ