名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2012年10月

病むもよし病まば見るべし萩芒

                 吉川英治

(やむもよし やまばみるべし はぎすすき)

意味・・時には悩むことも仕方がない。しかし
    悩んだ時には萩や芒の柔軟な姿を見る
    ことだ。

    萩の枝は、箒にされるようにしなやか
    である。また芒は風に吹かれるままに
    靡(なび)く。このように萩や芒の姿の
    柔軟な様は尊いものである。
    悩んでいる時は一方的な考えになって
    いるので、萩や芒のように柔軟な考え
    になれれば悩みも軽減されると言って
    います。

 注・・病む=病気にかかる。悩む、心配する。
    萩=豆科の植物。花は豆のような蝶形の
     花。枝や葉は家畜の飼料や屋根ふき
     の材料にされ、葉を落とした枝は束
     ねて箒(ほうき)にされる。秋の七草。
    
作者・・吉川英治=よしかわえいじ。1892~1962。
     高等小学校中退。工員など転々と20
     余種も職を変える。その後懸賞小説
     に入選し、「鳴門秘帖」で作家の地
     位を確立する。    

出典・・村上護「今朝の一句」。


入相は 檜原の奥に 響きそめて 霧にこもれる
山ぞ暮れゆく
         足利尊氏 (風雅和歌集・664)

(いりあいは ひばらのおくに ひびきそめて きりに
 こもれる やまぞくれゆく)

意味・・夕暮れを告げる鐘は檜原の奥で鳴り始め、
    霧に包まれている山はいま暮れてゆく。

    夕霧に包まれた針葉樹林の奥から聞こえ
    る鐘の音は、深い寂しさを伴って響いて
    来る。
   
 注・・入相=夕暮れ、夕暮れに鳴る鐘。
    檜原=檜の茂った山。深い寂しさの情景
     を伴っている。

作者・・足利尊氏=あしかがたかうじ。1305~1358。
     室町幕府初代将軍。後醍醐天皇と争い
     光明天皇を擁立して北朝を立てる。
    

    

越えわびる 逢坂よりも 音に聞く 勿来をかたき
関と知らなむ
              道綱母 (蜻蛉日記)

(こえわびる おうさかよりも おとにきく なこそを
 かたき せきとしらなん)

意味・・あなたが越えにくいと嘆いている逢坂の関は、
    まだ名前だけでも逢うという言葉を持っていま
    すが、私の方は名前からして勿来といって来て
    くれるなというなかなか人を寄せ付けない、堅
    固な難関だと知ってください。

    藤原兼家(道長の父)の求婚歌の返歌です。結婚
    を断った歌になっているが、返歌を返す事は当
    時、結婚を承諾する事と同じであった。

    兼家の求婚歌です。
   「逢坂の関やなにより近けれど 越えわびぬれば
    嘆きてぞふる」 (意味は下記参照)

 注・・わびる=気落ちする、途方にくれる。・・しか
     ねる。
    逢坂=滋賀県大津市逢坂。昔ここに関があった。
     「逢う」を掛ける。
    音に聞く=うわさに聞く。「逢う」という事を
     聞いている。
    勿来の関=福島県勿来町にあった関。「な来そ
     」を掛ける。
    かたき=難き。「固き」を掛ける。
    
作者・・道綱母=みちつなのはは。936~995。藤原道長
     の父である兼家と結婚。「蜻蛉日記」の作者。

兼家の求婚歌です。

逢坂の 関やなにより 近けれど 越えわびぬれば
嘆きてぞふる
             藤原兼家 (蜻蛉日記)

意味・・人に逢うという名を持った逢坂の関は、一体
    何なのでしょう。すぐ目と鼻の近さにありな
    がら、まだ越え兼ねる、すなわちあなたに逢
    う事が出来ないので、嘆き暮らしています。

 注・・なにより=何より。どういうため。「より」
     は原因・理由を表す。・・のために。
    ふる=経る。月日がたつ。過ごす。

作者・・藤原兼家=ふじわらのかねいえ。929~990。
     従一位・摂政関白となり、子の道長、孫の
     頼通と続く藤原全盛時代を築く。


過ぎ去れば 昨日の遠し 今日もまた 夢の話と
なりぬべきかな
           与謝野晶子 (心の遠景)

(すぎされば きのうのとおし きょうもまた ゆめの
 はなしと なりぬべきかな)

意味・・過ぎ去ってしまうと昨日も遠い事のようです。
    そのように今日という日もまた夢の話のよう
    に遠くなってしまうのでしょう。

    かく過ぎ去って、昭和は遠くなる。

    参考です。

    村田英雄の唄った「明治は遠くなりにけり」
    です。
               丘 灯到夫 作詞
               船村徹   作曲

    想い悲しく 東海の
    磯に涙の啄木や
    熱き血潮に 柔肌の
    歌人晶子 いまは亡く
    ああ明治は 遠くなりにけり

    汽笛一声 新橋の
    屋根におぼろの 七日月
    月の光は 変らねど
    人生あはれ五十年
    ああ明治は 遠くなりにけり

    水の流れと 人の身の
    行方定めぬ 世の姿
    晴れの維新の 大業も
    足音絶えて 幾星霜
    ああ明治は 遠くなりにけり   

啄木の東海の歌
   「東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて
   蟹とたはむる」

晶子の柔肌の歌
   「やは肌のあつき血汐にふれも見で さびし
   からずや道をとく君」

人生あはれ五十年の歌
   「人間五十年下天の内を比ぶれば 夢幻の
   如くなり」    

作者・・与謝野晶子=よさのあきこ。1878~1942。
     堺女学校卒。与謝野鉄幹と結婚。歌集「
     みだれ髪」「舞姫」。

人間五十年 下天の内を 比ぶれば 夢幻の
如くなり
          (織田信長) (幸若舞「敦盛」)

(にんげんごじゅうねん げてんのうちを くらぶれば
 ゆめまぼろしの ごとくなり)

意味・・人間の命はわずか五十年しかない。下天に
    比べれば、それは夢幻のように一瞬のはか
    ないものである。

    下天は人間世界の一つ上の天道で、一日が
    人間世界の80年とされる。

作者・・織田信長=おだのぶなが。1534~1582。
     本能寺で明智光秀に殺される。
     信長が好んで「敦盛」の言葉を口癖に
     していたので、信長と結びつけられて
     いる。


このページのトップヘ