名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2012年11月

見てあれば 一葉先ず落ち また落ちぬ 何思ふとや
夕日の大樹
                若山牧水 (別離)

(みてあれば ひとはまずおち またおちぬ なにおもう
 とや ゆうひのおおき)

意味・・見ていると一つの葉が落ち、続いてまた一葉
    落ちた。こうして樹は次々とその葉を落とし
    てゆく。夕日を浴びて立っているこの大樹は
    何を思ってこうして葉を落とし続けるのだろ
    う。

    木枯らしのように、外の力で葉が落とされる
    のではなく、自らの意思によって葉を振るっ
    ている。そこに牧水は大樹の知恵を見、自然
    のたくましさを感じています。

作者・・若山牧水=わかやまぼくすい。1885~1928。
     早稲田大学卒。尾上柴舟に師事。

おもひきや 山田の案山子 竹の弓 なすこともなく
朽ち果てんとは
                 中山忠光

(おもいきや やまだのかかし たけのゆみ なすことも
 なく くちはてんとは)

意味・・山田の案山子が持つ竹の弓のように、矢を放つ
    事もなく死んでゆこうとは思わなかった。

    まだやりたい事があるというのに、実をあげる
    ことなく死んでしまうとは・・無念だ。

    辞世の歌です。
  
作者・・中山忠光=なかやまただみつ。1845~1864。19歳。
     倒幕のため天誅組に入るが幕府に鎮圧される。

出典・・菊池明「幕末百人一首」。

    

この世界の いづくを行かば 逢ふことか ただひとりなる
人を見んとす
              神尾光子 (新万葉集・巻二)

(このせかいの いずくをゆかば あうことか ただひとり
 なる ひとをみんとす)

意味・・この世界のどこへ行ったら逢えるのであろうか・・。
    私にとってただ一人なる人を見んとして、今日も私の
    心はあてどもなくさまよい歩いている・・。

    いつかは結婚をするのではあるが、その相手はどこに
    いるのだろうか、早く逢いたいものだ。

    恋に憧れる清純な乙女心と、不安と焦燥とをこの歌に
    感じられます。

作者・・神尾光子=詳細未詳。


津の国の こやとも人を いふべきに ひまこそなかれ
葦の八重葺き
           和泉式部 (後拾遺和歌集・691)

(つのくにの こやともひとを いうべきに ひまこそ
 なけれ あしのやえぶき)

詞書・・邪険にされたとして、逆恨みする男に送った歌。

意味・・津の国の昆陽(こや)ではありませんが、「来や」
    (来てほしい)とあなたに言うべきでしようが、
    葦の八重葺きの屋根の目が詰まっているように、
    世間の目がいっぱいで、そんな事がいえないの
    です。

    摂津の国の昆陽の遊女がするように、おいでな
    さい(来や)、とあなたを手招きしたい所ですが、
    宮仕えが忙しくてその暇がありません。私の住
    居はそのうえ、昆陽の遊女のように葦の茂みに
    隠れていないので目につきやすく、噂の種から
    逃れる隙もないのです。というわけで、お付き
    合いはご遠慮します。

    昆陽は葦の湿原が広がり、葦の茂みに隠れた
    小屋で遊女が春をひさぐのが有名であった。

 注・・津の国=摂津国。今の大阪府と兵庫県の一部。
    こや=昆陽。地名で兵庫県伊丹市・尼崎市にか
     けての一帯。摂津国の歌枕。「来や・小屋・
     此や」を掛ける。「来や」は来なさいの意。
    ひま=「暇」と「隙(すきま)」を掛ける。
    葦=イネ科の多年草。水辺に生える。高さは
     3メートルにも及ぶ。薄に似ている。茎は簾
     などの材料。
    八重葺き=屋根を幾重にも厚く、隙間のない
     ように葺くこと。また、その屋根。

作者・・和泉式部=いずみしきぶ。生没年未詳。980年
     頃の生まれ。「和泉式部日記」。


旅人よゆくて野ざらし知るやいさ
                 太宰治

(たびびとよ ゆくてのざらし しるやいさ)

意味・・旅をしょうとする人よ。荒野を旅する
    には、野ざらしになる事も覚悟が出来
    ているのだろなあ。旅とはそれほども
    厳しいものだぞ。

    「野ざらし」とは野山で行き倒れとなり
    風雨にさらされた白骨のこと。
    作者も、行く先不明な荒野を旅する文学
    者として、死の覚悟をもって取り組む事
    を誓った句です。
 
    参考です。
    芭蕉が旅をする時の心構えの句です。

    野ざらしを心に風のしむ身かな
      (意味は下記参照)
          
注・・いさ=さあ知っているか、と語意を強め
     て問いかけた言葉。  

作者・・太宰治=だざいおさむ。1909~1948。
     東大文学部退学。小説家。玉川上水
     で自殺。「斜陽」「人間失格」。  

出典・・村上護「今朝の一句」。

参考句です。

野ざらしを心に風のしむ身かな
                 芭蕉
               (のざらし紀行)

(のざらしを こころにかぜの しむみかな)

意味・・旅の途中で野たれ死にして野ざらしの白骨
    になることも覚悟して、いざ旅立とうとす
    ると、折からの秋風が冷たく心の中に深く
    しみ込み、何とも心細い我が身であること
    だ。  

    遠い旅立ちにあたっての心構えを詠んでい
    ます。

 注・・野ざらし=されこうべ、野にさらされたもの。

作者・・芭蕉=1644~1694。「野ざらし紀行」「奥の細道」。


このページのトップヘ