名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年01月

ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある
昔なりけり
               順徳院 
           (続後撰集・1205、百人一首・100)

(ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なおあまり
 ある むかしなりけり)

意味・・宮中の古びた軒端の忍ぶ草を見るにつけても、偲
    んでも偲びつくせないほど慕(した)わしいものは
    昔のよき御代(みよ)なのだ。

    鎌倉幕府に圧迫され、意のままにならない現状へ
    の不満を、朝廷の力が充実していた昔を偲んだ形
    で表現した歌です。 

 注・・ももしき=内裏、宮中。
    古き軒端=古びた皇居の軒の端。
    しのぶ=昔を懐かしく思う意の「偲ぶ」と「忍ぶ
     草」の掛詞。「忍ぶ草」は羊歯の一種。邸宅が
     荒廃しているさまを象徴する表現。
    なほ=やはり、依然として。
    あまり=度を越しているさま、あんまりだ。
    昔=皇室の栄えていた過去の時代。

作者・・順徳院=じゅんとくいん。1197~1242。後鳥羽天
     皇の第三皇子。承久の乱により佐渡に流される

雪霜に 色よく花の さきかけて 散りても後に
匂う梅の香
                芹沢鴨

(ゆきしもに いろよくはなの さきかけて ちりても
 のちに におううめのか)

意味・・雪や霜に負けずほかの花に先駆けて美しく咲い
    た梅の花は、散った後にも香を残すものだ。

    自分を早咲きの梅にたとえて詠んだ歌です。

 注・・さきかけて=「咲きかけて」と「先駆けて」を
     掛ける。

作者・・芹沢鴨=せりざわかも。1826~1863。近藤勇ら
     と新撰組を結成する。横暴な振る舞いのため
     暗殺される。

出典・・菊池明「幕末百人一首」。

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に
降れる白雪
           坂上是則
       (古今和歌集・332、百人一首・31)

(あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしのの
 さとに ふれるしらゆき)

意味・・白々と夜が明ける頃に見ると、有明の月の光と
    思うほどに明るく、吉野の里には雪が降り積も
    っている。

 注・・朝ぼらけ=夜が明けて、ほのかに明るくなって
     来る時分。
    有明の月=夜明けの空にまだ残っていて、白々
     と光っている月。

作者・・坂上是則=さかのうえのこれのり。生没年未詳。
     古今集時代の代表的歌人。


矢釣山 木立も見えず 降りまがふ 雪にうぐつく
朝楽しも
           柿本人麻呂 (万葉集・262)

(やつりやま こだちもみえず ふりまがう ゆきに
 うぐつく あしたたのしも)

意味・・矢釣り山の木立も見えないほどに降り乱れて
    いる雪の中、馬を並べて走って行く事は本当
    に楽しいものだ。

 注・・矢釣山=所在地不明。
    まがふ=紛ふ。区別が出来ないほど似る。
    うぐづく=驟く。馬が走り回る。

作者・・柿本人麻呂=生没年未詳。700年頃の万葉歌人。


丹波路に うち越えくれば 野も山も 照る日ながらに
はだれ雪降る
             上田秋成 (藤簍冊子)

(たにわじに うちこえくれば のもやまも てるひ
 ながらに はだれゆきふる)

意味・・峠を越えて丹波(たんば)の国へ入って来ると、
    野にも山にも陽が射しているのに、はらはら  
    と雪がふっている。

    晴天にちらつく雪は風花(かざばな)と呼ばれ、
    遠くで降った雪が風に流されてひらひらと舞
    って来るためです。

 注・・丹波路(たにわじ)=篠山街道。京都から山陰へ
     向かう道。
    はだれ雪=斑雪。まだら雪。ここでははらはら
     と降る雪。

作者・・上田秋成=うえだあきなり。1734~1809。作家。
     「雨月物語」の作者。歌集「藤簍冊子・つづら
     ぶみ」。


このページのトップヘ