名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年02月

梅もみな 春近しと 咲くものを 待つ時もなき
我や何なる
          紀貫之 (拾遺和歌集・1157)

(うめもみな はるちかしと さくものを まつとき
 もなき われやなになる)

意味・・梅でさえもどれもが春が近いといって花咲く
    のに、開花する時を待つことのない、我が身
    は一体何なのだろう。

    開花した梅の花と対比して、不遇な身の上を
    嘆いた歌です。

作者・・紀貫之=きのつらゆき。872~945。従五位下・
     土佐守。古今和歌集の撰者、仮名序を執筆。


鶯の 声なかりせば 雪消えぬ 山里いかで
春を知らまし
          藤原朝忠 (拾遺和歌集・10)

(うぐいすの こえなかりせば ゆききえぬ やまざと
 いかで はるをしらまし)

意味・・もしも鶯の声が聞こえなかったならば、雪が
    消え残っている山里では、どうして春の到来
    を知ろうか。

作者・・藤原朝忠=ふじわらのあさただ。910~966。
     従三位中納言。三十六歌仙の一人。
 

萌え出づる 木の芽を見ても 音をぞ泣く かれにし枝の
春を知らねば
                    兼覧王女 

(もえいずる このめをみても ねをぞなく かれにし
 えだの はるをしらねば)

意味・・春になって萌え出る木の芽を見ても、私は声を
    上げて泣いております。枯れた枝は春になって
    も萌え出ることがないのと同様に、あなたに離
    (か)れた私に春は関係ありませんので。

 注・・かれにし=離れにし。「離れ」は身近なもの大
     切なものから離れ遠ざかる意。「枯れにし」
     を掛ける。

作者・・兼覧王女=かねみのおおきみのむすめ。未詳。

出典・・後撰和歌集・14。
 

別れより まさりておしき 命かな 君にふたたび
逢はむと思へば
           藤原公任 (千載和歌集・477)

(わかれより まさりておしき いのちかな きみに
 ふたたび あわんとおもえば)

意味・・君との惜別のつらさはもちろんだが、それより
    もまさって惜しく思われるのは我が命である。
    君に再び生きて逢おうと思うから。

作者・・藤原公任=ふじわらのきんとう。966~1041。
     正二位権大納言。「和漢朗詠集」の作者。

いつよりか 結びそめけん 朝霜を 知らでいねつる
程をしぞ思ふ
             細川幽斎 (玄旨百首・59)

(いつよりか むすびそめけん あさしもを しらで
 いねつる ほどをしぞおもう)

意味・・いつの頃から朝霜は置くようになったのだろう
    か。こんなに冬らしくなったなったのも知らず
    に、私は鬱々(うつうつ)として朝寝を続けてい
    たのだなあ。

    気づかずにうかうかと世を過ごしているうちに
    頭に霜(白髪)が置くようになり、年をとってし
    まったことだ。

 注・・いね=寝ね。寝ること。
    鬱々=気がふさぎ、晴々しないこと。

作者・・細川幽斎=ほそかわゆうさい。1534~1610。
     剃髪後は幽斎玄旨と号する。歌人・古典学者
     として活躍。家集「集妙集」。


このページのトップヘ