名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年03月

何となき 草の花さく 野べの春 雲にひばりの
声ものどけき
           永福門院 
         (永福門院百番御自歌合・10)

(なにとなき くさのはなさく のべのはる くもに
 ひばりの こえものどけき)

意味・・名も無いような雑草の花が咲く野辺の春景色。
    遥かな雲の中でひばりの鳴く声がするのは実
    にのどかだ。   

 注・・何となき=特にどうという事は無い。

作者・・永福門院=えいふくもんいん。1271~1342。
     伏見天皇の中宮。「玉葉和歌集」の代表的
     な歌人。


物思へば 心の春も 知らぬ身に なにうぐひすの 
告げに来つらん
              建礼門院右京大夫 
              (玉葉和歌集・1842)

(ものもえば こころのはるも しらぬみに なに
 うぐいすの つげにきつらん)

意味・・物思いに沈んでいるのでのどかな春が来た
    とも知らず、心の晴れることのない私の所に、
    うぐいすは何を知らせに来たのだろう。

 注・・物思へば=好きな人に思い悩むなど。
    心の春=「心が晴れる」を掛ける。
    うぐいす=「憂く干ず」(つらい涙が乾かない)
     を掛ける。

作者・・建礼門院右京大夫=けんれいもんいんのうきょ
     うのだいぶ。生没年未詳。平安・鎌倉時代の
     歌人。  


のどかにも やがてなり行く けしきかな 昨日の日影
今日の春雨
              伏見院 (玉葉和歌集・18)

(のどかにも やがてなりゆく けしきかな きのうの
 ひかげ きょうのはるさめ)

意味・・早くものどかになって行く様子だなあ。昨日の
    うららかな日差し、今日のこの静かに降る春雨。

 注・・のどかにも=のんびりした陽気、気分。
     やがて=ただちに、すぐさま。
     日影=日光、日差し。

作者・・伏見院=ふしみいん。1265~1317。弟92代天皇。
     鎌倉期の歌人。「玉葉和歌集」を撰集させる。
  

鳥の音に のどけき山の 朝あけに 霞の色は
春めきにけり
            藤原為兼 (玉葉和歌集・9)

(とりのねに のどけきやまの あさあけに かすみの
 いろは はるめきにけり)

意味・・鳥の声ものどかに聞こえて来る山の明け方に、
    たちこめる霞の色はすっかり春らしくなった
    ことだ。

作者・・藤原為兼=ふじわらのためかね。1254~1331。
     華美な振る舞いに武家の反感を買い佐渡に
     流される。「玉葉和歌集」の撰者。

     

木々の心 花ちかからし 昨日けふ 世はうすぐもり
春雨ぞ降る
            永福門院 (永福門院百番御歌合・6)

(きぎのこころ はなちかからし きのうきよう よはうす
 ぐもり はるさめぞふる)

意味・・木々はその心の中で、もうすぐ花を咲かせようと
    思っているらしい。そんな昨日今日、世はうす曇
    り、花を咲かせる春雨が静かに降っている。

    木々の幹はかすかな光沢を帯び、花のつぼみは命
    をはらんで膨らんでいる。春の呼吸のようなもの
    を作者は感じとめて詠んでいます。

作者・・永福門院=えいふくもんいん。1271~1342。伏見
     天皇の中宮。「玉葉和歌集」の代表的歌人。

このページのトップヘ