名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年04月

玉藻刈る 敏馬を過ぎて 夏草の 野島が崎に
船近づきぬ
            柿本人麻呂 (万葉集・250)

(たまもかる みぬめをすぎて なつくさの のじま
 がさきに ふねちかづきぬ)

意味・・海藻を刈り取っている摂津の敏馬の辺の海を
    通り過ぎて、船はいよいよ夏草の生い茂って
    いる淡路の野島が崎に近づいた。

    船旅による旅情を詠んでいます。

 注・・玉藻刈る=敏馬の枕詞。
    敏馬(みぬめ)=神戸市の灘区の海岸。
    夏草の=野島の枕詞。
    野島が崎=淡路島の淡路町の崎。

作者・・柿本人麻呂=かきのもとのひとまろ。生没年
     未詳。710年ごろ没。万葉集の代表的歌人。


ながき世に まよふ闇路の いつさめて 夢を夢とも
思ひあわせん
             藤原為子 (風雅和歌集・1909)

(ながきよに まようやみじの いつさめて ゆめを
 ゆめとも おもいあわせん)

意味・・暗闇をさまようようなこの世の煩悩もいつか
    覚め、その時には、夢は夢だと思いあたる事
    でしょう。

    煩悩はこの世における人間の持つさまざまな
    欲。人間はその持てるもののために迷い苦し
    むのである。
    為子は伏見院の中宮の永福門院に仕えた。当
    時は北条家の全盛。武家と皇室との対立の時
    代。皇室も南朝と北朝で対立していた。和歌
    の道でも、京極・二条・冷泉三家が対立する
    複雑な時代であった。見定め難い人の世に、
    醒めた眼で行く末を思い詠んだ歌です。

 注・・ながき世にまよふ闇路=「闇路」は心の迷い・
     煩悩・悩み。煩悩のために苦界を脱し得な
     い事。

作者・・藤原為子=生没年未詳。京極為兼の姉。伏見
     天皇の中宮・永福門院に仕える。「玉葉和
     歌集」の撰集に関与。
 

奥山の おどろが下も 踏み分けて 道ある世ぞと
人に知らせん
           後鳥羽院 (新古今・1633)

(おくやまの おどろがしたも ふみわけて みちある
 よぞと ひとにしらせん)

意味・・奥山の藪の中を踏み分けて行って、どのよう
    な所にも道がある世だと、人に知らせよう。

 注・・おどろ=茨など低木の茂るさま、藪。
    道ある世=「道があるよ」を掛ける。希望・
     楽しみのある道。

作者・・後鳥羽院=ごとばいん。1180~1239。1192年に
     源頼朝が鎌倉に幕府を開いた時の天皇。承久
     の乱で倒幕を企てて破れ、隠岐に流される。

夏草は 心のままに 茂りけり 我庵せむ
これのいおりに
          良寛 (良寛全歌集・529)

(なつくさは こころのままに しげりけり われ
 いおりせん これのいおりに)

意味・・夏の草は思いのままに茂っている。この気兼
    ねない場所で、私はしばらくここで住んでみ
    よう。この粗末な建物に。

    新潟県・国上山中腹の五合庵を出て麓の乙子
    神社社務所に移った時に詠んだ歌です。良寛
    も年老いて山の上り下りが苦労に思われて移
    住したもの。
    建物は粗末でも、人に気兼ねなく思いのまま
    に暮らせるのを喜びとしています。

作者・・良寛=りょうかん。1758~1831。

戦死せる 人の馴らしし 斑鳩の 声鳴く村に
吾は住みつく
            土屋文明 (山下水)

(せんしせる ひとのならしし いかるがの こえなく
 むらに われはすみつく)

意味・・戦死して今では亡き人が、飼いならした斑鳩
    が毎年やって来て鳴く山村に、私はやって来
    て今住みついている。

    戦死した青年は、善良な人がらだったのだろ
    う。その村の森や林に遊びに来る斑鳩を可愛
    がって撃つなと人々をいましめていた。自ら
    は餌などもまいて手なずけることに努力した
    のであろう。そのかいあって季節になると毎
    年その鳥がやって来て呼ぶように鳴くが、そ
    の青年は永遠に帰ってこない。ゆかりを求め
    てかろうじて住み着いた山村に、かく無心な
    る斑鳩の鳴く声を聞いて感慨に耐えられない。

 注・・人の馴らしし=飼いならした、手なずけた。
    斑鳩(いかるが)=すずめ科の灰色の鳥、山鳩。

作者・・土屋文明=つちやぶんめい。1890~1990。東
     大哲学科卒。明治大学教授。

このページのトップヘ