名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年05月

かれ果てむ 後をば知らで 夏草の 深くも人の
思ほゆるかな
             凡河内躬恒 (古今集・686)

(かれはてん のちをばしらで なつくさの ふかくも
ひとの おもおゆるかな)

意味・・枯れ果ててしまう先の事など知らずに、夏草が
    深く茂るように、心が冷えて離れてしまうかも
    知れない先の事など考えないで、深くあの人が
    恋い慕われる事だ。

 注・・かれ=「枯れ」と「離れ」を掛ける。

作者・・凡河内躬恒=おおしこうちのみつね。生没年
     未詳。平安時代の前期の人。「古今集」撰者
     の一人。

花束の 流れに浮かぶ ごとくにも 君は記憶の
中に華やぐ
           村野次郎 (村野次郎歌集)

(はなたばの ながれにうかぶ ごとくにも きみは
 きおくの なかにはなやぐ)

詞書・・時は流る。

意味・・川の流れに浮かんでその花束は流れて行く
    ように、「君」は私の記憶に華やかな存在
    であるが、現時点では過去のものとなりつ
    つある。

    「君」は「花束」に比喩され、華やかだっ
    た存在は作者にとって価値あるものである
    が、時代の推移の中に「君」なる人はかっ
    ての座を失いつつある。

作者・・村野次郎=むらのじろう。1894~1979。早   
     大商学部卒。貿易商を経営。白秋と諸雑
     誌を出す。


たらちめは かかれとてしも むばたまの わが黒髪を
なでずやありけむ
              遍照 (後撰集・1240)

(たらちめは かかれとてしも むばたまの わが
 くろかみを なでずやありけん)

意味・・私の母はよもやこのように出家剃髪せよと
    言って、私の黒髪を撫でいつくしんだので
    はなかったろうに。

    詞書により、出家直後に詠んだ歌です。
    出家直後の悔恨に近い複雑な心情が、母親
    へのいとおしさとともに詠まれています。

 注・・たらちめ=母の枕詞。母。
    かかれ=斯かれ。このような。
    出家=家庭生活をも捨てて仏門に入る事。
     仏門では5戒とも250戒とも言われる戒
     を修行して解脱への道を求める。

作者・・遍照=へんじょう。814~890。僧正。36歳
     の時に出家。

人知れぬ 大内山の 山守は 木隠れてのみ 
月を見るかな
          源頼政 (千載集・978)

(ひとしれぬ おおうちやまの やまもりは こがくれ
 てのみ つきをみるかな)

意味・・人に知れない大内山の山守である私は、木に
    隠れた状態でばかり月を見ることです。

    大内山の山守,つまり内裏守護番の私はいつも
    物陰からひっそりと帝を拝見するばかりです。

    内裏守護の役にありながら昇殿を許されない
    無念さを、帝を月に、我が身を賎(いや)しい
    山守になぞらえて表現しています。

    「平家物語」はこの歌によって頼政は昇殿を
    許されたという。

 注・・大内山=皇居、宮中。
    山守=山を守る事、山の番をする事。ここで
     は内裏の守護番。
    木隠れて=表立たない状態の比喩。
    昇殿=清涼殿の殿上の間の出入りが許される
     事。

作者・・源頼政=みなもとのよりまさ。1104~1180。
     平氏に叛(そむ)き宇治河合合戦に破れ自害。
従三位。


行く春や重たき琵琶の抱き心
                 蕪村 (蕪村全句集・668)

(ゆくはるや おもたきびわの だきごころ)

意味・・過ぎて行く春を惜しんで琵琶でも奏でてみようと
    抱え上げてみたが、何かけだるい重さを感じるば
    かりで、人知れずため息が漏れる。

 注・・琵琶=四弦の弦楽器で、なすび形の木製の胴に柄
     がある。膝の上に置いて腕にかかえ撥(ばち)で
     弾く。

作者・・蕪村=ぶそん。与謝蕪村。1716~1783。南宗画で
     も有名。

このページのトップヘ