名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年07月

これやこの 名に負ふ鳴門の 渦潮に 玉藻刈るとふ
海人娘子ども
              田辺秋庭 (万葉集・3638)

(これやこの なにおうなるとの うずしおに たまも
 かるとう あまおとめども)

意味・・これがあの、あの有名な鳴門の渦潮の玉藻を刈
    っているという、海人乙女ですね!

    阿波の鳴門の渦潮だけでなく、山口県の大島の
    鳴門の渦潮も有名であったばかりでなく、そこ
    で舟に乗りワカメなどの海藻を採る海人乙女た
    ちも有名であったらしい。
    都では、「大島の鳴門の渦潮はすごいぞ。しか
    もな、その激しい渦潮の所で、なんと乙女たち
    が玉藻を刈っているらしいぞ」と話題になって
    いたのであろう。
    旅行の楽しみといえば、知らない土地に行って
    知らないものを見る、ということに尽きる。そ
    してもう一つの楽しみは、聞いた事はあるけれ
    ども、行った事のない土地に行く事である。    

 注・・名に負ふ=有名な。
    鳴門=詞書により、山口県柳井市の大島の鳴門。

作者・・田辺秋庭=たなべのあきにわ。生没年未詳。遣
     新羅使の人。

抜けば散る 抜かねば乱る あしひきの 山より落つる
滝の白玉
             藤原長能 (千載和歌集・1036)

(ぬけばちる ぬかねばみだる あしひきの やまより
 おつる たきのしらたま)

意味・・玉を連ねる糸を抜けば散るし、抜かねば乱れる。
    山から落ちる滝の白玉は。

    滝の水しぶきを白玉にたとえ、滝の心地よさを   
    詠んでいます。

 注・・抜けば散る=玉を貫く糸を抜けば散り。
    あしひきの=山の枕詞。

作者・・藤原長能=ふじわらのながよし。949?~1012?。従
     五位上・伊賀守。

待つといふ 一つのことを 教へられ われ髪しろき
老に入るなり
             片山広子 (野に住みて)

(まつという ひとつのことを おしえられ われかみ
 しろき おいにいるなり)

意味・・髪が白くなり、「老いに入る」と自覚を感じる
    年頃になった。人生を振り返ってみると、とど
    のつまりは、「待つ」という事を繰り返して来
    たように思われる。

    人生は「待つ」事の連続だと言っている。
    女性は年々歳々、誰かを、あるいは何かを待ち
    ながら老いを迎える。主人が仕事から帰ってく
    るのを、食事の用意をして待つ。子供が生まれ
    ると、成長するのを手助けしながら待つ。良い
    学校に入る事を待ち、就職する事を、結婚する
    事を待つ。この「待つ」の中に喜びがあり楽し
    みもあるのだが・・。自分自身の力を発揮させ
    るためには何をしただろうか・・。

作者・・片山広子=かたやまひろこ。1878~1957。東洋
     英和女学校卒。佐々木信綱に師事。アイルラ
     ンド文学の翻訳家。

思ひきや 深山の奥に 住まひして 雲井の月を
よそに見んとは
           建礼門院 (平家物語)

(おもいきや みやまのおくに すまいして くもいの
 つきを よそにみんとは)

意味・・このような深山の奥に寂しく住んで、昔宮中で
    楽しく眺めた月を、落ちぶれた者として眺める
    身の上になろうなどと思ったであろうか。全く
    思いがけないことであった。

    昔は、平清盛の娘として、高倉天皇の皇后とし
    て振舞っていたが、源平の壇ノ浦の戦いで負け、
    出家して寂光院で尼の姿になった。その昔は錦
    などの立派な織物を着ていたが、今では麻の衣
    や紙で作った寝具。あの宮中にいた頃はこんな
    身にまで落ちぶれるとは思っていただろうか。

 注・・雲井=皇居、宮中。
    よそ=余所。かけ離れた所。

作者・・建礼門院=けんれいもんいん。1155~1213。平
     清盛の娘。高倉天皇の皇后。壇ノ浦の戦いで
     入水するが、助けられて寂光院で尼になり質
     素な生活をする。

まかりきて ちゃみせにたてど 門院を かたりしこえの
みみにこもれる
               会津八一 (鹿鳴集)

(罷り来て 茶店に立てど もんいんを 語りし
 声の 耳に籠もれる)

詞書・・大原に三千院寂光院を訪ふ。

意味・・寂光院を辞して茶店に来たが、建礼門院の
    身の上を語った尼僧の声が未だに耳に残っ
    ている。

    寂光院には尼僧が住んで居り、訪れる人に
    幕(とばり)をかかげて建礼門院の像を見せ、
    涼しい声で平家の哀史「大原御幸」の巻を
    語ってくれる。その声が、寺の側らの茶店
    に来て立つ時、耳底に響いてくる、と言っ
    ている。

    
 注・・まかり=罷り。高貴の所から退出する。「帰
     る」の謙遜語。
    門院=建礼門院。平清盛の娘。高倉天皇の
     皇后。安徳天皇の母。1185年壇ノ浦で海
     に身を投げたが、救われて京都に還り、
     出家して寂光院に住む。
    大原=京都の北方約12キロの地にある村落。
     寂光院・三千院などのお寺があり、大原
     女で名高い。
    寂光院=建礼門院平徳子の遺跡があり、平
     家物語「大原御幸」の巻で名高い。

    
参考・・平家物語「大原御幸の巻」の要旨です。

    八島を追われた平家は、長門の国、壇ノ浦
    まで落ちのびたが、ついに武運尽きて、平
    知盛以下多くの人々が海底に沈んだ。1185
    年3月24日のことであった。清盛の妻二位
    の尼も安徳天皇を抱いて入水し、建礼門院
    もその後を追った。しかし建礼門院は、源
    氏の軍に救われて京都に連れ戻された。そ
    の後、建礼門院は京都東山の麓・吉田の里
    に住まわれたが、その年5月、29歳で出家、
    9月の末に京都の北郊大原の里の寂光院に
    お入りになり、念仏三昧の生活を送られる
    ようになった。翌年、後白河法皇が建礼
    門院を訪れてその御心を慰めようとなさっ
    たのが「大原御幸」の巻である。建礼門院
    の落ちぶれた姿を見て涙を流すばかりであ
    った。

作者・・会津八一=あいづやいち。1881~1956。早
     大文科卒。仏教美術史研究家。文学博士。
     歌集「鹿鳴集」。
    

このページのトップヘ