名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年10月

美しく 粧ふけふの 月の顔 詠めあかさで
ぬるはおしろい
              腹唐秋人

(うつくしく よそおうきょうの つきのかお ながめ
 あかさで ぬるはおしろい)

意味・・美しく化粧している今夜の明月の顔を、ながめ
    明かすこともしないで、早く寝るのはまことに
    惜しいことである。

    おしろいを塗ってきれいに化粧した顔にかかわ
    らず、風流を解しない心の持ち主を、あざけっ
    て詠んでいます。

 注・・ぬる=「寝る」と「塗る」を掛ける。
    おしろい=「白粉」と「惜し」を掛ける。

作者・・腹唐秋人=はらからのあきひと。1758~1821。
     日本橋の商家の番頭。洒落本作家。書家。

業平に泣面作らする都鳥
                 烏山猫角

(なりひらに べそつくらする みやこどり)

意味・・「名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ
    人はありやなしやと」と、都の名が懐かし
    く、恋人を思い出した業平は、隅田川まで
    たどり着いた時、都鳥を見て泣きべそをか
    いたのだろう。

    「伊勢物語」には、「舟こぞりて泣きにけり」
    とあり、詠んだ当人も泣いたに違いない。

    古典の「雅(みやび)」を「べそ作る」と卑近
    にして滑稽さを詠んでいます。

作者・・烏山猫角=伝未詳。江戸時代初期の川柳作歌。

出典・・鈴木勝忠校注「川柳」。
    

道知らば 摘みにもゆかむ 住江の 岸に生ふてふ
恋忘れ草
              紀貫之 (古今集・1111)

(みちしらば つみにもゆかん すみのえの きしに
 おうちょう こいわすれぐさ)

意味・・道がわかりさえすれば、摘みにだって行くものを。
    住江の岸に生えているという恋を忘れさす草を。

 注・・住江=大阪市住吉付近の入江。

作者・・紀貫之=872年頃の生まれ。古今集の撰者の一人。
     「土佐日記」。

夕月夜 心もしのに 白露の 置くこの庭に 
こほろぎ鳴くも
          湯原王 (万葉集・1552)

(ゆうづくよ こころもしのに しらつゆの おく
 このにわに こおろぎなくも)

意味・・月の出ている夕暮れ、心がしんみりするよう
    に、庭の草にしっとりと白露が置いている。
    さらに寂しさを添えるように秋の虫が鳴いて
    いる。

 注・・心もしのに=心がうちしおれるばかりに。
    こほろぎ=秋鳴く虫のすべてをいう。

作者・・湯原王=ゆはらのおおきみ。生没年未詳。
     志貴の皇子の子。

月さえて 野寺の鐘の 声すなり いまや草葉の
霜もみつらん
                木下長嘯子

(つきさえて のでらのかねの こえすなり いまや
 くさばの しももみつらん)

意味・・空には月が冷え冷えと輝いていて、遠い野の果
    てにある寺院の鐘が静かに聞こえて来る。もう
    すぐ夜の霜が降りて草の葉も白く染められてし
    まうだろう。

    張継の漢詩「楓橋夜泊」の詩情を念頭に入れた
    歌です。

    参考です。

    楓橋夜泊 (ふうきょうやはく)  張継

     月落烏啼ないて 霜天に満みつ  
        (つきおちからすないて しもてんにみつ)
     江楓漁火 愁眠に対す
        (こうふうぎょか しゅうみんにたいす)
     姑蘇城外の寒山寺
        (こうそじょがいのかんさんじ)
     夜半の鐘声 客船に到る
        (よわのしようせい かくせんにいたる) 

   (月が西に沈んだ闇夜に、烏の鳴き声が響きわたり、
    あたりは凛とした霜の冷気に満ち満ちている。
    岸辺の楓と明るく輝く漁火が、眠れず物思いにふ
    ける私の目に映る。姑蘇城の外れの寒山寺からは
    夜半を知らせる鐘の音が、この客船まで聞こえる)

  
注・・さえて=冴えて。冷えて。
    霜満天=霜の降りるような寒さが一面に満ちわたる
    江楓=川のほとりのかえで。
    漁火=夜、魚をとるために船でたく火。
    愁眠=旅の寂しさから、寝つかれずうつらうつらし
    ていること。
    姑蘇=蘇州の別名。
    寒山寺=蘇州市の郊外にある寺。

作者・・木下長嘯子=きのしたちょうしょうし。1569~16
    49。秀吉に仕えたが関が原の戦い後幽居。細川幽斎
    と親交。

出典・・後藤安彦著「日本史群像」。

このページのトップヘ