名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年11月

奥山に たぎりて落つる 滝つ瀬の 玉ちるばかり
物な思ひそ
                 貴船明神

(おくやまに たぎりておつる たきつせの たまちる
 ばかり ものなおもいそ)

意味・・奥山で湧き返って流れ落ちるこの貴船川の激流
    が玉となって散るように、そんなに魂が散り失
    せるほど、物を思うのではないのだよ。

    和泉式部が男に振られた時、貴船神社に参詣し、
    みたらし川に蛍が飛んでいるのを見て詠んだ歌
    の返歌です。

   「物おもへば沢の蛍も我が身よりあくがれいづる
    たまかとぞみる」   (後拾遺和歌集・1164)

    (私があまりにも物を思っているので、貴船の清
    流の上を沢山飛んでいる蛍も、私の体からふらふ
    ら抜け出た魂のように思われます)

    貴船明神は「あまり思いわずらわないで、身をいた
    わりなさい」と慰めている。

 注・・滝つ瀬=わきかえり流れる急流。
    玉ちるばかり=激流のしぶきの玉が散るように。
     魂が散り失せるように。
    
    沢=水たまりの草の生えた低地をいうが、「多・
     さわ(たくさん)」を掛ける。
    あくがれ=憧がれ。上の空になる。

作者・・貴船明神=京都市左京区貴船町にある貴船神社の
     神・祭主。

出典・・後拾遺和歌集・1165。

夕暮は 松をへだてて 浦千鳥 ともよびかはす
天橋立
               頓阿

(ゆうぐれは まつをへだてて うらちどり ともよび
 かわす あまのはしだて)

意味・・日が沈むのを待って千鳥たちがやって来ます。
    松並をへだてて、互いに呼び交わすかのように
    鳴き声をたて、その千鳥たちが、砂嘴(さし)の
    水辺に遊ぶのです。天の橋立の夕暮れ時は。

    鷺(さぎ)やカモメなどが小魚や水棲虫を汀でつ
    いばむ昼間、千鳥たちはどこかに隠れている。
    この小鳥は他の水鳥がねぐらへ帰る夕暮れを待
    って現れ、水辺を遊び場にする。
    夕暮れを待ってやって来る千鳥たちは、松並に
    遮られて見えないのだから、松並の裏側、内海
    の汀に先ず群がれて友を呼び、親を呼び交わし
    ます。

    唱歌「浜千鳥」、参考です。

         作詞:鹿島鳴秋、作曲:弘田龍太郎

     青い月夜の浜辺には
     親を探して鳴く鳥が
     波の国から生まれ出る
     濡れた翼の銀の色

     夜鳴く鳥の悲しさは
     親をたずねて海こえて
     月夜の国へ消えてゆく
     銀のつばさの浜千鳥

 注・・松=待つを掛ける。
    浦=裏を掛ける。
    砂嘴(さし)=潮流や風などの作用で、砂地が海
     岸から細長く伸びだしたもの。天の橋立も砂
     嘴。

作者・・頓阿=とんあ。1289~1372。兼好とともに二条
     派、為世の門。南北朝期の歌僧。

出典・・松本章男著「京都百人一首」。

網代には しづむ水屑も なかりけり 宇治のわたりに
我やすままし
                  大江以言

(あじろには しずむみくずも なかりけり うじの
 わたりに われやすままし)

意味・・網代には沈む水屑さえもないのだなあ。宇治
    の辺りに私は住もうかなあ。

    「しづむ水屑」は身が沈む事を意味されており、
    うだつがあがらない、落ちぶれる事を意味して
    いる。
    宇治は次の歌により、憂し・辛いとされる地で
    あった。

    「我が庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と
    人は言うなり」     (意味は下記参照)

    宇治に住めば落ちぶれずに今まで通りの事が出
    来るので、いっそ宇治に住もうかと思うが、し
    かしそこは「憂し」の地。さて、住んだものか、
    どうしたものかと迷ってしまう。

 注・・網代=川に竹や木を組み立てて網の代わりにし、
     魚を捕らえる仕掛け。
    しづむ=身が沈むの意が含まれている。うだつ
     があがらない事。
    水屑=川に流れる屑、ゴミの類。
    宇治=憂し・辛い地の意を含む。

作者・・大江以言=おおえのもちこと。生没年未詳。従
     文四位下・文章博士。   

出典・・詞花歌集・366。

参考歌です。

わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 
人はいふなり           
                 喜撰法師

(わがいおは みやこのたつみ しかぞすむ よをうじやまと
 ひとはいうなり)

意味・・私の庵(いおり)は都の東南にあって、このように心
    のどかに暮らしている。だのに、私がこの世をつら
    いと思って逃れ住んでいる宇治山だと、世間の人は
    言っているようだ。    

 注・・庵=草木で作った粗末な小屋。自分の家をへりくだ
      っていう語。
    たつみ=東南。
    しかぞすむ=「しか」はこのように。後の「憂し」に
      対して、のどかな気持というていどの意。
    うぢやま=「う」は「宇(治)」と「憂(し)」を掛ける。

作者・・喜撰法師=きせんほうし。経歴未詳。

出典・・古今集・983、百人一首・8。

年月は 昔にあらず 成りゆけど 恋しきことは
変わらざりけり
                紀貫之

(としつきは むかしにあらず なりゆけど こいしき
 ことは かわらざりけり)

意味・・年月は経過して、物事は変化して昔のようでは
    なくなって行くが、昔を恋しく思う心だけは昔
    と変わらない事だ。

作者・・紀貫之=きのつらゆき。872頃~945頃。従五位・
     土佐守。古今集の撰者。古今集の仮名序を執
     筆。

出典・・拾遺和歌集・471

忘るなよ ほどは雲井に 成りぬとも 空行く月の
廻りあふまで
                   詠み人知らず

(わするるなよ ほどはくもいに なりぬとも そらゆく
 つきの めぐりあうまで)

意味・・私の事を忘れないでくれ。我々二人の間は、大空
    遥か遠くに隔たっても、空を行く月が巡るように
    また再びめぐり逢うまで。

    駿河守として赴任する時に、恋人と別れる時に
    贈った歌です。

 注・・ほど=程。間、間柄。
    雲井=空、遠い所。
    廻りあふ=「再会する」と「月の運行する」の意を
     掛ける。

出典・・拾遺和歌集・470

このページのトップヘ