名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2013年12月

何事もなきを宝に年の暮れ
                 作者不明

(なにごとも なきをたからに としのくれ)

意味・・年の暮れに何事もなく過ごせるという事は宝物
    を得たように大変ありがたい事だ。

    昔はお中元や暮れには商店が勘定書きを持って
    来るので、特に大晦日は支払いに大変でした。
    支払いや何かを沢山しなくてはならないのに、
    支払うお金がなくて逃げ回ったりする人もいた。
    そういう年の暮れを何事もなく、無事に過ごせ
    てお正月を迎える事が出来るのはありがたい事
    だ。

   
    何かいい事がないかなあ、胸がときめく事がな
    いかなあと期待しつつ、今日も普通の日と変わ
    らず過ぎた。今年を振り返って見ると、やはり
    平々凡々な同じ日の繰り返しで暮れを迎えた。
    考えて見ると、平々凡々でも生活の出来た事は、
    大きな病気や怪我もなく、水害や地震などの天
    災にも遭遇しなかったためである。もしリスト
    ラにでも会っていたならば、このような生活は
    したくとも出来ないのである。何事もなかった
    という事は宝物のように有難い事である。

出典・・鎌田茂雄著「菜根譚」。




西上人 長明大人の 山ごもり いかなりけむ年の 
ゆうべに思ふ
               佐々木信綱

(さいしようにん ちょうめいうしの やまごもり いかなり
 けんとしの ゆうべにおもう)

意味・・昔の西行法師や鴨長明の山居の生活はどんなふうで
    あったのだろうか。年の暮れに思う。

    自分も年老いて一人で山荘生活をしているものの、
    現代文明の恩恵をこうむって何不自由のない生活を
    している。日が暮れて暗くなれば電気がある。寒く
    なれば暖房があり、暑ければ冷房もある。けれど西
    上人、長明大人(うし)の時代は違う。電気もなけれ
    ばガスもない。それがどれ程住みにくかっただろう
    かと、思いやった歌です。

 注・・西上人=西行法師。崇(あが)めて上人といった。
    長明大人(うし)=鴨長明のこと。長明は僧でないので、
     大人といった。「大人」は師匠・学者・先人の敬称。
    年のゆうべ=年の暮れ。

出典・・佐々木信綱歌集・遺詠(前川佐美雄著「秀歌十二月」)



丈父の 君に言うべき ことならず 今日の想いは
ひとり書きとむ
                 山北幸子

(ますらおの きみにいうべき ことならず きょうの
 おもいは ひとりかきとむ)

詞書・・結婚二日目に出征。

意味・・男であり、軍人である君に言うべき事ではない
    と思い、この今日の寂しい想いは、自分だけの
    日記帳にそっと書きしたためておこう・・。

    夫は陸軍の軍医であり、遠く赤い夕陽の満州に
    出征して行ったのである。
    その出征は「赤紙」により、ある程度予定され
    ていたもので、本人達も周囲のものも、愛する
    二人のために、とにかく、華燭の典だけは出征
    前に挙げたものである。
    戦地に赴く夫に「寂しい、つらい、心配だわ」
    と、泣きわめく事は、かえって夫をよりつらい
    立場に追いやるにすぎない。その夫の心を想い
    やり、悲しみに堪え、離別の苦しみを、あから
    さまに夫に告げる事なく、独り寂しく日記帳に
    書き綴る事により、自分の心を処理している。

 注・・丈父(ますらお)=勇猛な男子。ここでは旧日本
     軍の軍人をさす。

出典・・新万葉集・巻八(荻野恭茂著「新万葉愛歌鑑賞」)。


晴着二枚と 替へたるいもは 宝なり 麦とかゆにして
いく日つながむ
                  金井規容子

(はれぎにまいと かえたるいもは たからなり むぎと
 かゆにして いくひつながん)

意味・・買出しに行って農家で晴着二枚と芋とを交換して
    来た。この芋は貴重なもので我が家の宝物である。
    この芋を麦のお粥にして食べて行くのだが、何日
    食いつなげるであろうか。

    昭和18年頃詠んだ歌です。当時、農家では闇値だ
    けでは米や野菜を売ってくれず、晴着や石鹸、地
    下足袋などと交換しなければならなかった。

    昭和18年頃の時代の背景です。
    戦争突入とともに経済体制は統制され、国民生活
    は破壊された。主食を自給出来ない日本は、外米
    の輸入にたよっていたが、戦局の悪化に伴い、外
    米の輸入が止まり、食料不足をまねいた。当然米
    飯中心の食事は維持出来ず、さまざまな代用食に
    頼らざるをえなくなった。

作者・・金井規容子=かないきよこ。生没年未詳。昭和
     19年2月号の「アララギ」に載る。

出典・・歌集誌「アララギ・19・2」(島田修二編「昭和
     万葉集秀歌)。

あさなあさな 霜おく山の をかべなる かり田のおもに
かるるいなくさ
                   二条為忠

(あさなあさな しもおくやまの おかべなる かりたの
 おもに かるるいなくさ)

意味・・毎朝毎朝、霜が降っている山の岡のほとりにある、
    刈り田の跡の田の面にはすっかり枯れた稲の茎が
    見える。

    初冬の田園風景を詠んでいます。

 注・・いなくさ=稲草。水田の雑草。ここでは稲を刈っ
     た後に芽を出した茎。

作者・・二条為忠=にじょうためただ。?~1373。従二位
     中納言。南北朝期の歌人。    

出典・・新葉和歌集・442。

このページのトップヘ