名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2014年01月

のびあがり 倒れんとする 潮波 蒼々たてる
立ちのゆゆしも
                木下利玄

(のびあがり たおれんとする うしおなみ あおあお
 たてる たちのゆゆしも)

意味・・打ち寄せる海の波は岸近くになると大きく伸び
    上がり、そしてたちまち倒れ落ちようとする、
    その一瞬の、潮波が青々とした色をして立った
    姿の、何と素晴らしい景観であろう。

    海水浴で見られる、うねって来た大波が立ち上
    った時の情景です。

    源実朝の金槐和歌集の歌、参考です。

    大海の 磯もとどろに 寄する浪 割れて砕けて
    裂けて散るかも

    (大海の磯も轟くばかりに激しく打ち寄せて来る波
    は、割れて、砕けて、裂けて、飛び散っている)            

 注・・立ちの=「立つ」の名詞化。立つ事。
    ゆゆしも=忌(い)まわしい。すばらしい。

作者・・木下利玄=きのしたりげん。1886~1925。39歳。
    東大国文科卒。「白樺」を創刊。

出典・・歌集「紅玉」(谷馨著「現代短歌精講)。

晴れずのみ ものぞ悲しき 秋霧は 心のうちに
立つにやあらむ
                 和泉式部

(はれずのみ ものぞかなしき あききりは こころの
 うちに たつにやあらん)

意味・・心が晴れず、なんとなくもの悲しい思いばかり
    するのは、秋霧が私の心の内側に立ち込めてい
    るせいであろうか。

    参考は、
    「なんとなくもの悲しい思い」の詩です。
      
    上田敏の訳詩集「海潮音」の中にあるヴェルレ
    ーヌの「落葉」の詩。

      秋の日の ギオロンの
      ためいきの 身にしみて
      ひたぶるに うら悲し

      鐘の音に 胸ふたぎ 
      色かへて 涙ぐむ
      過ぎし日の おもひでや

      げにわれは うらぶれて
      ここかしこ さだめなく
      とび散らふ 落葉かな

注・・晴れずのみ=「のみ」はそのことだけと、限定
     する意味の副助詞。
    ものぞ悲しき=なんとなく悲しい。
    ギオロン=バイオリン。
    ひたぶるに=むやみに。
    ふたぎ=ふさぎ。
    うらぶれて=落ちぶれたり、不幸にあったりして、
     みじめなありさまになる。

作者・・和泉式部=いずみしきぶ。生没年未詳。980年頃
    の生まれ。「和泉式部日記」。

出典・・後拾遺和歌集・293。

旅にして もの恋しきに 山下の 赤のそほ船
沖に漕ぐ見ゆ
                高市黒人

(たびにして ものこいしきに やましたの あけの
 そほふね おきにこぐみゆ)

意味・・長い旅をしていると家がなんとなく恋しくなっ
    て来る。そんな時ふと見ると、さっきまで山の
    下にいた朱塗りの船が、沖の方を漕ぎ進んで行
    くのが見える。
    あの船は我が家のある都へ帰るのであろうか。
    寂しさがいっそうつのって来る。

 注・・もの恋しき=なんとなく恋しい。「もの」はなん
     となくという接頭語。もの静か・もの悲しい
     などと使われる。
    赤(あけ)のそほ船=船体を赤く塗った船。官船
     を意味する。
    見ゆ=活用語の断定を婉曲(えんきょく)に言い
     表す。

作者・・高市黒人=たけちのくろひと。生没年未詳。持
     統・文武朝(686~707)の下級官人。    

出典・・万葉集・270。


馬鹿無力 病者述懐 わやく者 引っ込み思案
油断不根気
               細川幽斎

(ばかむりょく びょうじゃじゅつかい わやくもの ひっこみ
 じあん ゆだんぶこんき)

意味・・馬鹿な人、知識もなく金もなく指導力もない人、いつも
    病気をしている人、過去のことにいつまでも思い煩(わず
    ら)っている人、無理を重ねる人、積極的になれない人、
    気を引き締めていない人、根気のない人、これらの人達
    は物にならない者である。

    失敗しても躓(つまず)いても、その数は勲章だと思い、
    めけずに、たくましく生きる人は物になる。

 注・・わやく=無茶、無理。

作者・・細川幽斎=ほそかわゆうさい。1534~1610。戦国武将。

出典・・桑田忠親著「細川幽斎」。


山ざとの かきねは雪に うづもれて 野辺とひとつに
なりにけるかな
                  藤原実定

(やまざとの かきねはゆきに うずもれて のべと
 ひとつに なりにけるかな)

意味・・山里の我が家の垣根は雪に埋もれて、庭と野
    原とが、ひとつになってしまっている。

    庭も垣も野も一様に埋め尽くした山里の大雪
    のさまを歌っています。

作者・・藤原実定=ふじわらのさねさだ。1139~1191。
     正四位下左中将。

出典・・千載和歌集・457。



このページのトップヘ