名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2014年04月

うちなびく 春来るらし 山の際の 遠き木末の
咲き行く見れば 
                 尾張連

(うちなびく はるきたるらし やまのまの とおき
 こぬれの さきゆくみれば)

意味・・春が今まさにやって来たらしい。山あいの遠く
    の梢の花が次々と咲いて行くのを見ると。

    山の低い所から咲き始めた花が、次第に高い所
    へ咲き移って行く時間的経過を表し、春はいよ
    いよたけなわだと感慨を詠んでいます。

 注・・うちなびく=「春」の枕詞。

作者・・尾張連=おわりのむらじ。伝未詳。

出典・・万葉集・1422。
    

遠景の 桃花うるめり 家系図の 餓死てふ記述
簡明にして 
                武下奈々子

(えんけいの とうかうるめり かけいずの がしちょう
 きじゅつ かんめいにして)

意味・・ある日、蔵でも開けたのか、垢にまみれた家系図
    をまぶしい春光のなかに広げて見ている。遠く桃
    畑の花は潤んだように桃色にけぶり、田園は長閑な
    景色をなしている。平穏な、潤沢な、暮らしのゆと
    りが、春の豊饒さを大地の香りとともに感じさせら
    れる。ただ、古い家系図の中の古びた古筆の記載は、
    きびしく、鋭く、訴えるように、一人の人名の傍注
    に「餓死」という表現を残している。簡潔なその一語
    を取り巻く状況を想像するのはこわい。「餓死」と
    記入することによって、後世を生きる者たちに伝え
    たかったことを考えれば、この簡明な記入の意志の
    かげにあった哀切な万感は胸に迫る。

    明るくうるむ遠景の桃花は、祖たちの農に生きた現
    実を継いで、眼前の農村は変化に変化を重ねている。
    古き日の忘却を誘いながら、かえって「餓死」のあ
    った春を忘れがたく記憶にさせるにちがいない。

 注・・うるめり=潤めり。潤っている。

作者・・武下奈々子=たけしたななこ。1952~ 。香川県生
    まれの歌人。

出典・・馬場あき子著「歌の彩事記」。

春霞 流るるなへに 青柳の 枝くひ持ちて
うぐひす鳴くも 
              詠み人知らず

(はるがすみ ながるるなえに あおやぎの えだくい
 もちて うぐいすなくも)

意味・・春霞が流れ棚引いている。うぐいすは青柳の
    枝をくわえてしきりに鳴いている。

 注・・なへに=前後の状態が同時に進行する意。
    枝くひ持ちて=枝をついばみながら次々に枝
     移りしている状態。

出典・・万葉集・1821。

槍投げて 大学生の 遊ぶ見ゆ 大きなるかな
この楡の樹は 
               土岐善麿

(やりなげて だいがくせいの あそぶみゆ おおき
 なるかな このにれのきは)

意味・・遠くで槍投げをして運動している大学生がいる
    のが見える。その視野の近景にある楡の樹は何
    と大きいことだろう。

    はつらつと若さを発揮している大学生。堂々と
    した楡の木。共に素晴らしいものだ。

 注・・楡=楡科の落葉高木である。高さ20m、周囲3
     mに達する。寒地に自生する。

作者・・土岐善麿=ときぜんまろ。1885~1980。早稲田
    大学卒。新聞記者。若山牧水・北原白秋・石川
    啄木らと交流。

出典・・谷馨著「現代短歌精講」。

綿入りの 縫い目に頭 さし入れて ちぢむ虱よ
わが思ふどち
                 橘曙覧

(わたいりの ぬいめにかしら さしいれて ちぢむ
 しらみよ わがおもうどち)

意味・・綿入れの着物の縫い目に頭をさしこんで縮まっ
    ている虱よ、私の親愛な仲間だ。

    冬になると貧乏であまり着替えもなく綿入れを
    着たきりでいるために、虱がわくのだが、虱は
    きらわれ者であることを自分で知っていて、小
    さくちぢこまっている。自分も家業を捨て貧し
    い生活をしてちぢこまっている身だから、お前
    は親しい仲間だ、と虱をあわれんだ歌です。

注・・どち=親しい人、仲間。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。紙商
    の長男。早く父母に死別。家業を異母弟に譲り
    隠棲。福井藩主から厚遇された。

出典・・橘曙覧全歌集・94。

このページのトップヘ