名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2014年06月

*************** 名歌鑑賞 ***************

五月雨は たく藻の煙 うちしめり しほたれまさる
須磨の浦人
                 藤原俊成

(さみだれは たくものけぶり うちしめり しおたれ
 まさる すまのうらびと)

意味・・謫居(たっきょ)の身の須磨の浦人は日頃から涙が
    ちなのに、五月雨の頃は焼いて塩を取る藻も湿め
    りがちで、いちだんと濡れぼそていることだ。

    五月雨が藻塩を湿らせていよいよ焼きにくくし、
    浦人の嘆きを一層つのらせている。

    参考歌です。

   「わくらばに問う人あらば須磨の浦に藻塩たれつつ
    わぶと答へよ」   (意味は下記参照)
    
 注・・五月雨=陰暦の五月に降る長雨。梅雨。
    たく藻の煙=製塩するため、海水を注ぎかけて塩    
     分を含ませた海藻を干して焼く、その煙。この
     灰を水に溶かし、上澄みを煮て塩を取る。
    しおたれまさる=海水に濡れて雫が垂れる。そして
     袖が涙で濡れるほど嘆き沈むことを暗示する。
    須磨の浦人=須磨の浦は摂津国の枕詞。罪を負っ
     て須磨に謫居している都の貴人。
    謫居(たっきょ)=罪によって遠い地方に流されて
     いること。

作者・・藤原俊成=ふじわらのとしなり。1114~1204。
    正三位・皇太后大夫。「千載和歌集」の撰者。

出典・・千載和歌集・183。

参考歌です。

わくらばに 問ふ人あらば 須磨の浦に 藻塩たれつつ
わぶと答へよ
                   在原行平

(わくらばに とうひとあらば すまのうらに もしお
 たれつつ わぶとこたえよ)

意味・・たまたま、私のことを尋ねてくれる人があった
    ならば、須磨の浦で藻塩草に塩水をかけて、涙
    ながらに嘆き暮らしていると答えてください。

    文徳天皇との事件にかかわり須磨に流罪になっ
    た時に親しくしていた人に贈った歌です。

作者・・在原行平=ありわらのゆきひら。818~893。

出典・・古今和歌集・962。 

    

*************** 名歌鑑賞 ***************


吹きと吹く 風な恨みそ 花の春 紅葉も残る
秋あらばこそ
                北条氏政

(ふきとふく かぜなうらみそ はなのはる もみじも
 のこる あきあらばこそ)

意味・・桜の花よ、吹きしきる春の風を恨まないでく
    れ。秋になったら美しい紅葉として残る葉も
    あるのだから。

    氏政は小田原城にたてこもり、秀吉の大軍を
    迎え撃ったが、秀吉の兵糧攻めに合い、無条
    件降伏した時に詠んだ辞世の歌です。

  注・・吹きと吹く=吹きに吹く。「と」は同じ動詞
     の間に用いて、意味を強調する語。
    な・・そ=動作を禁止する語。どうか・・し
     てくれるな。
    あらばこそ=あるのだから。「こそ」は活用
     語の已然形に「ば」を介して理由を強調す
     る語。

作者・・北条氏政=ほうじょううじまさ。1538~1580。
    戦国時代の相模国の武将。豊臣秀吉の小田原
    征伐に破れ降伏して切腹。

出典・・赤瀬川原平著「辞世のことば」。

*************** 名歌鑑賞 ***************


我が庵は 松原つづき 海近く 富士の高嶺を
軒端にぞ見る
               大田道灌

(わがいおは まつばらつづき うみちかく ふじの
 たかねを のきばにぞみる)

意味・・私の家は松林の続く海の近くにあり、家の軒端
    からは富士の雄姿を見上げることが出来、景色
    の素晴らしい所に住んでいます。

作者・・大田道灌=おおたどうかん。1432~1486。室町
    時代の武将。江戸城を築く。

出典・・慕景集(宇野精一編「平成新選百人一首」)

***************** 名歌鑑賞 ***************


花さへに 世をうき草に なりにけり 散るを惜しめば
さそう山水
                  西行

(はなさえに よをうきぐさに なりにけり ちるを
 おしめば さそうやまみず)

意味・・私ばかりでなく、花までもが世の中を憂いもの
    として水面に散って浮き草のようになってしま
    った。散るのを惜しんでいると、一方では一緒
    に行こうと誘って流れて行く山川の水がある、
    花はそれに誘われて流れて行ってしまうことだ。

    歌合の評者の定家は「散るを惜しめば」を「春
    をおしめば」と訂正と改めたらどうか、と述べ
    ている。現実的な光景を一般的な惜春の情にし
    はどうかと言ったもの。いずれにしても、散る
    のを惜しめば、春を惜しめば、山川の水が誘う
    ので、花は早く散り春は早く過ぎ去って行くと
    歌ったものです。人生の春を謳歌するのも、す
    ぐに過ぎ去る意を含んでいる。

 注・・世をうき草=「うき」は「憂き」と「浮き」を
     掛ける。「憂き」は人生の春を惜しむ心。

作者・・西行=1118~1190。

出典・・宮河歌合(小学館「中世和歌集」)
    


*************** 名歌鑑賞 ***************


世の中は 左様でそうで ご尤も しかと存ぜず
おめでたいこと 
                作者不明

(よのなかは さようでそうで ごもっとも しかと
 ぞんぜず おめでたいこと)

意味・・世渡りのうまい人間は、上司や力のある人物
    が言うすべてのことに、「そのとおり」「そ 
    うです」「おっしゃることはごもっとも」と
    相づちを打ち、お上手を言う。微妙なことに
    なると「いやしっかりとは存じません。あの
    人に聞いて下さい」とふる。実にうまく立ち
    振る舞う。これですべてはうまくいき、出世
    するという。

    いつもお上手を言われている上司には、そう
    いう人物を評価して引き立てたりする。不器
    用な人物は、いつでも取り残されてしまう。
    だから、こういう歌が皮肉を込めて詠みつが
    れるわけである。この歌は江戸時代、田沼親
    子が権勢をふるっていた頃に流行ったという。
    もっとも、相手のことを否定してばかりして
    いては人間関係はまずくなる。「そうですね」
    と相づちを打つ効用を詠んでいる。

出典・・山本健治著「三十一文字に学ぶビジネスと人生
    の極意」。
   

このページのトップヘ