名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2014年08月

 
*************** 名歌鑑賞 ***************


江のひかり柱に来たり今朝の秋

                   成田蒼虬

(えのひかり はしらにきたり けさのあき)

意味・・朝起きてみると、いつもと違って、部屋の奥
    まった柱にも日の光がさしている。それもゆ 
    らゆらと揺れながらである。あ、そうか、今
    日は立秋だったのだ。家のすぐ前の川の水面
    から光が反射して、こんなところまで届くの
    か。やはり秋だなあ。

 注・・今朝の秋=立秋の朝。立秋は八月八日頃。

     暑の昼に対する言葉で、気分的にもすがす
     がしい。

作者・・成田蒼虬=なりたそうきゅう。1761~1842。
    頼山陽と交流。月並俳句の作者として名高い。

出典・・句集「蒼虬翁句集」(尾形仂篇「俳句の解釈と
    鑑賞辞典」)
 

 
*************** 名歌鑑賞 ***************


岩の根に かたおもむきに 並み浮きて 鮑を潜く
海人のむらぎみ
                   西行
(いわのねに かたおもむきに なみうきて あわびを
 かずく あまのむらぎみ)

意味・・岩の根元の方に、ちょうど片貝の鮑が岩につい
    ているように岩に顔を向けて並び浮き、潜って
    行っては鮑を採ってくる海人たちよ。

    海人たちの労働の現場、生活の現場を観察して
    詠んだ歌です。

 注・・かたおもむきに=一方にだけ片寄ること。片貝
     である鮑の意も含んでいる。
    並み浮きて=海底に潜って鮑を採ってきた海人
     たちが、海面に並んで岩の根元につかまって
     いるさま。
    むらぎみ=漁夫の長を本来はいうが、ここは「
     群君」で海人たちをさす。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。

出典・・山家集・1377。
 

 
*************** 名歌鑑賞 ***************


松風の琴の唱歌や蝉のこえ

                野々口立圃

(まつかぜの ことのしょうがや せみのこえ)

意味・・松吹く風は琴をかなでるように聞こえ、
    おりからの蝉の声はそれに合わせて歌う
    唱歌のようである。

作者・・野々口立圃=ののぐちりゅうほ。1595
    ~1669。

出典・・句集「犬子(えのこ)集」(小学館「日本
    古典文学全集「近世俳句俳文集」)

 
*************** 名歌鑑賞 ***************


はなし出す 人の尻馬 口車 いづれ調子に
のりあひの舟 
              平秩東作

(はなしだす ひとのしりうま くちぐるま いずれ
 ちようしに のりあいのふね)

詞書・・乗合の舟に乗りて。

意味・・こざかしげにまず世間話・雑談の口を切る人
    がいる。その尻馬に乗ってまくしたてる者、
    うまく口車に乗せられる人など、なににして
    も調子にのるおっちょこちょいの連中のいる
    乗合舟の風景である。

    馬・車・舟と乗り物づくしに、尻・口の対照
    など、言葉の面白さに笑わせながら、望まし
    い(?)人間社会を描いています。

 注・・尻馬=尻馬に乗る、他人の言に無批判に従っ
     て行動する。
    口車=口車に乗る、うまく言いくるめられて
     だまされる。
         調子にのり=乗合舟を掛ける。

作者・・平秩東作=へづつとうさく。1726~1789。
    家業の馬宿を継ぐ。江戸時代の狂歌師。

出典・・狂歌「万代」(小学館「日本古典文学全集・
    狂歌」) 


*************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
うら恋し さやかに恋と ならぬまに 別れて遠き
さまざまな人
                  若山牧水

(うらこいし さやかにこいと ならぬまに わかれて
 とおき さまざまなひと)

意味・・好い感じの人だなと出会った時に思った人だか、
    お互いの気持ちを確かめあうこともなく、はっ
    きりとした恋愛にならないまま、いつしか別れ
    た人々。振り返ると懐かしく思い出される。

 注・・うら=なんとなくそんな気がする。例「うら寂
     しい」「うら悲しい」。
    うら恋し=懐かしく思いだされる。恋とはまで
     は行かない淡い関係だったが、なんとなく恋
     しく思われる。

    遠き=実際の距離が遠い、精神的な距離の長さ、
     別れてから経過した時間の長さ、を含める。

作者・・若山牧水=わかやまぼくすい。1885~1928。
    早稲田大学卒。尾上柴舟に師事。

出典・・俵万智著「あなたと読む恋の歌百首」。
 
 

このページのトップヘ