名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2014年10月

 
*************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
砂山の 砂に腹這ひ
初恋の
いたみを遠く おもひ出づる日
                     石川啄木

(すなやまの すなにはらばい はつこいの いたみを
 とおく おもいいずるひ)

意味・・海辺の砂山に腹這いになって、過ぎ去った遠い
    初恋の失恋の痛みを思い出している。

    初恋は成就しないと言われています。若者の初
    めてする恋は、恋の対象が相手その人でなく、
    相手を素材として心の中に創り上げた幻影だっ
    たことに起因するようです。恋されているのが
    自分でなく、自分の虚像だったことに相手が気
    づいた時、あるいは自分が虚像に恋していたこ
    とに気づいた時、初恋は終わるようです。

作者・・石川啄木=いしかわたくぼく。1886~1912。
    26歳。盛岡尋常小学校中退。与謝野夫妻に師事
    すべく上京。代用教員や新聞記者、新聞校正係り
    の職を経験。
出典・・歌集「一握の砂」。
 

 
************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
山かひの 秋のふかきに 驚きぬ 田をすでに刈りて 
乏しき川音
                中村憲吉
              
(やまかいの あきのふかきに おどろきぬ たを
 すでにかりて とぼしきかわおと)

意味・・山峡の小村に訪れた秋の深さ・・ものの活気
    が衰え、元の力や姿が失われる秋・・に驚か
    される。一面に刈り尽くされた田の面の寂し
    さ、水のやせた川音の乏しさに。

作者・・中村憲吉=なかむらけんきち。1889~1934。
    東京大学経済学科卒。斉藤茂吉・土屋文明ら
    と親交を結ぶ。「しがらみ」「林泉集」。

出典・・歌集「しがらみ」(藤森明夫著「近代秀歌」)
 

 
************** 名歌鑑賞 ****************
 
 
指進の 来栖の小野の 萩が花 散らむ時にし
行きて手向けむ
               大伴旅人

(さしずみの くるすのおのの はぎがはな ちらん
 ときし ゆきてたむけん)

詞書・・731年、大伴旅人、奈良の家に在りて、故郷を
    思ふ歌。

意味・・来栖の野に美しい萩の花が散る前までに、きっ
    と出かけて行って故郷に萩の花を手向けよう。

    旅人の生涯を閉じたのは67歳。その年に病床で
    詠んだ歌です。萩の花が散る頃には病気を回復
    させ、生まれ故郷の飛鳥に帰り萩の花を眺めた
    いと、帰郷の望みを託した歌です。

 注・・指進(さしずみ)=「来栖」の枕詞。
    来栖=飛鳥にある小地名。生れ育った故郷。
    小野=「小」は接頭語。野、野原。
    手向け=神に願い事をして幣を捧げること。

作者・・大伴旅人=おおとものたびと。665~731。
    従二位大納言。

出典・・万葉集・970。
 
 

 
**************** 名歌鑑賞 *****************
 

濁り江の すまむことこそ 難からめ いかでほのかに
影をだに見む
                  詠み人知らず

(にごりえの すまんことこそ かたからめ いかで
 ほのかに かげだにみん)

意味・・濁り江が澄まないように、あなたと一緒に住む
    ことは難しいでしょう。けれども、せめて水に
    映るあなたの仄(ほの)かな姿だけでも見ていた
    いのです。

 注・・濁り江=濁っている入り江。
    すまむ=「澄まむ」と「住まむ」を掛ける。
    ほのかに=仄かに。かすかに、ちょっとでも。

出典・・新古今和歌集・1053。

 
************** 名歌鑑賞 ****************
 
 
風の音の 身にしむばかり 聞ゆるは 我が身に秋や
ちかくなるらん           
                  詠み人知らず
                 
(かぜのおとの みにしむばかり きこゆるは わがみに
 あきや ちかくなるらん)

意味・・風の音が身にしむほど冷たく悲しく聞えるのは、
      季節の秋とともに、私の身にあの人の「飽き」
      が近づいてきたからなのだろうか。

    男女の仲が疎遠になった頃詠んだ歌です。

 注・・我が身に秋=「季節の秋」と「あの人の飽き」
     を掛ける。

出典・・後拾遺和歌集・708。

このページのトップヘ