名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2014年11月

 
**************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
胸に刻む 言葉をひとつ 呟きて 佇てり秋風の
石塔の前
                峯村国一

(むねにきざむ ことばをひとつ つぶやきて たてり
 あきかぜの せきとうのまえ)

詞書・・東慶寺墓畔(注・太田水穂の墓がある)。

意味・・さびしさを誘う秋風が吹いている石塔は、それ
    は師太田水穂の墓である。師から教わって胸に
    刻んでいる言葉を、呟きながら佇(たたず)んで、
    師の冥福を祈っている。

    「胸に刻む言葉」は長い師弟の交わりで得た、
    座右の銘のような言葉であろう。経文の一句を
    誦するより、いっそう師の冥福を祈っているこ    
    とになる。

    生前の徳を讃えて冥福を祈る句、参考です。

    「未来までその香おくるや梅の花」
         (意味は下記参照)

 注・・東慶寺=鎌倉の東慶寺には太田水穂の墓がある。

作者・・峯村国一=みねむらくにいち。1888~1977。長野
    上田中学卒。八十二銀行重役。太田水穂に師事。

出典・・歌集「耕余集」(武川忠一篇「現代短歌鑑賞辞典」)

参考句です。

未来までその香おくるや墓の梅      
                   童門冬二

(みらいまで そのかおくるや はかのうめ)

意味・・墓参りに来たら、心地よい梅の香りがする。
    この香りは、墓の中に眠る人の徳であろう。
    しかもその徳は、未来にまで残したい家訓の
    ような徳である。生前の意志を継いで、その
    徳を守っていこう。

    家訓のような徳、例えば徳川家康の家訓。

   「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し
    急ぐべからず、不自由を常と思えば不足なし」

   (人間の一生は重い荷物を背負って遠い道を歩い
    ているのと似ている。従って、人生は忍耐し努
    力して一歩一歩着実に歩いていかなければなら
    ない。・・・・)

 
*************** 名歌鑑賞 **************
 
 
いつの間に 紅葉しぬらん 山桜 昨日か花の 
散るを惜しみし
                具平親王

(いつのまに もみじしぬらん やまざくら きのうか
 はなの ちるをおしみし)

意味・・いつの間に紅葉したのだろうか。山桜よ。
      花の散るのを惜しんだのは昨日であった
    かと思われるのに。

作者・・具平親王=ともひらしんのう。1009年没。
    46歳。村上天皇の第七皇子。

出典・・新古今集・523。

 
************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
かよふべき 心ならねば 言の葉を さぞともわかで
人や聞くらむ
                 兼好法師

(かようべき こころならねば ことのはを さぞとも
 わかで ひとやきくらん)

意味・・私の気持ちを分ってもらいたいと思っても、通
    じる相手ではないので、あなたは私の言葉をそ
    うだと理解しないで聞いておられるのでしょう。

    心を込めて語る言葉が相手に通じないことを嘆
    いています。周囲の人に注目されず、才能や実
    力の真価も発揮できず、胸中も理解されない人
    生。それが兼好法師であり、その辛さを詠んで
    います。

 注・・かよふ=気持ちが相手に通じる。
    さぞ=然ぞ。そのように。
    わかで=分かで。理解しない。

作者・・兼好法師=けんこうほうし。1283頃の生まれ。
    70歳くらい。後二条院に仕えたが30歳頃出家。
    「徒然草」で有名。

出典・・歌集「兼好法師家集・47」。

 
************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
わが地図を おおう基地の数 書見器に みつつ涙の
ながれて止まず
                   宮城謙一

(わがちずを おおうきちのかず しょけんきに みつつ
 なみだの ながれてやまず)

意味・・胸を患う私は、いま仰臥(ぎょうが)のままの姿で
    書見器に日本の地図を置いている。そこには沖縄
    から北海道まで、アメリカの基地の所在地があら
    わに記されている。日米安保条約が締結され、そ
    の結果はかくの如く米軍に基地を許しているのだ。
    基地におおわれた日本の地図に見入っていると、
    口惜しさで不意に熱い思いがこみあげて、𥇥から
    涙が流れて来る。

作者・・宮城謙一=みやぎけんいち。1909~1967。早大
    国文科卒。明大教授。「新日本歌人協会」創立に
    参加。

出典・・窪田章一郎編「現代短歌鑑賞辞典」。

 
*************** 名歌鑑賞 ****************
 
 
恋そめし 心をのみぞ うらみつる 人のつらさを
われになしつつ
                 平兼盛

(こいそめし こころをのみぞ うらみつる ひとの
 つらさを われになしつつ)

意味・・冷たくなったあなたを、恋するようになった私の
    心を一方的に責めていました。相手の思いやりの
    なさを、自分の過失ばかりにして。

    つれない人を恨んでも詮無いこと、こんな冷たい
    人を恋い初めたわが心をこそ恨めしく思うと、詠
    んだ歌です。

 注・・うらみつる=恨む、責める。
    つらさ=冷淡、薄情、思いやりのなさ。
    なしつつ=為しつつ。ことさら・・する、・・の
     せいにする。

作者・・平兼盛=たいらのかねもり。?~990。従五位・
    駿河守。三十六歌仙の一人。

出典・・後拾遺和歌集・638。
 

このページのトップヘ