名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2014年12月

 
**************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
ながめこし 花より雪の ひととせも けふにはつ瀬の
いりあひの鐘
                   頓阿法師
              
(ながめこし はなよりゆきの ひととせも きょうに
 はつせの いりあいのかね)

意味・・春の花から冬の雪まで、ずっと眺めてきた
    この一年も、今日で終わったと初瀬の入相
    の鐘が響いている。

 注・・初瀬=奈良県桜井市初瀬。長谷寺がある。
    入相=夕暮れ。

作者・・頓阿法師=とんあほうし。1289~1372。
    俗名は二階堂貞宗。和歌の四天王。

出典・・頓阿法師詠・233。(岩波書店「中世和歌集・
    室町篇」)
 

 
**************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
いたづらに なす事もなく くれはつる としもつもりの
うらめしの世や
                    寒河正親

(いたずらに なすこともなく くれはつる としも
 つもりの うらめしのよや)

意味・・今年はこれだけの事をした、という充実感もなく、
    無駄に月日を送ってはや年も暮れようとしている。
    悔やまれることである。子や孫よ、こんな事では
    いけないのだぞ。

 注・・としもつもり=年も積り。月日が積み重ねる。

作者・・寒河正親=さむかわまさちか。生没年未詳。江戸
    時代の初期の教訓的作者。

出典・・教訓書「子孫鑑(しそんかがみ)」。

 
**************** 名歌鑑賞 **************
 
 
世にふるも 更に時雨の やどりかな  
                     宗祇

(よにふるも さらにしぐれの やどりかな)

意味・・時雨降る一夜の雨宿りをするのは侘しい
    限りであるが、更に言えばこの人生その
    ものが時雨の過ぎるのを待つ雨宿りのよ
    うではないか。

    冷たい雨が降ったり止んだりするように、
    人生も良かったり悪かったりするという
    無常観を詠んでいます。
    辛いときは、時雨が通り過ぎるように、
    辛抱していると必ず良いことがやって来  
    るのだと詠んでいます。

    本歌は二条院讃岐の、

   「世に経るは苦しきものを槙の屋にやすくも
    過ぐる初時雨かな」(新古今・590)です。

 注・・ふる=「降る」と「経る」を掛ける。
    さらに=さらに言えば。
    時雨=初冬のにわか雨。人生の無常や冬の
       始まりの侘しさを感じさせる。

作者・・宗祇=そうぎ。1421~1502。連歌師

 
*************** 名歌鑑賞 **************
 
 
外山ふく あらしの風の 音聞けば まだきに冬の
をくぞ知らるる 
                 和泉式部
              
(とやまふく あらしのかぜの おときけば まだきに
 ふゆのおくぞしらるる)

意味・・外山を吹く嵐のような風の音を聞くと、早くも
    深まりゆく冬の寒さの厳しさが思い知らされる
    ことだ。

 注・・外山=人里に近い山。奥山・深山に対する。
    まだきに=早くも。
    冬のをく=冬の奥。冬が深まった寒さの厳しい
     時期。「外山」に対して「おく」といった。

作者・・和泉式部=いずみのしきぶ。978頃~。一条天皇
    の中宮・章子に仕える。「和泉式部日記」。

出典・・千載和歌集・396。

 
**************** 名歌鑑賞 ***************
 
 
樵りおきし 軒のつま木も 焚きはてて 拾ふ木の葉の
つもる間ぞなき
                   上原しん

(こりおきし のきのつまきも たきはてて ひろう
 このはの つもるまぞなき)

意味・・煮炊きのために樵り置いていた薪がなくなり、
    木の葉を集めて焼(く)べてみたが、あっという
    間に燃え尽きて、その木の葉さえ積もることが
    ない。

    貧しい生活を歌いながら、志に向けて堪え抜い
    ていく決意となっています。

    しんの夫は若狭小浜藩の武士であったが、幕府
    に建白書を出したので藩を追われ浪人の身とな
    った。その後、ペリーの来航で吉田松陰らと共
    に尊王攘夷を唱えて奔走したので、生活は困難
    を極めていた。なお、しんは貧弱のため29歳
    で病死した。

 注・・建白書=意見を申し述べた書き物。

作者・・上原しん=うえはらしん。1827~1855。29歳。
    若狭小浜藩の梅田雲浜と18歳で結婚。

このページのトップヘ