名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2015年02月


*************** 名歌鑑賞 ***************


死はそこに 抗ひがたく 立つゆえに 生きている一日
一日はいづみ

                  上田三四二

(しはそこに あらがいがたく たつゆえに いきて

 いるひとひ ひとひはいずみ)

意味・・病状を癌と知った時、死はすぐ目の前に避け

    がたく立ちふさがり、病気の厳しさを否応な
    く見据えねばならない。不安にうちひしがれ
    てしまいそうな日々。でも、だからこそ、生
    きている一日一日が宝物なのだ。

    43歳の時、病気が結腸癌だと分った時に詠ん
    だ歌です。死ぬまで残り少ない日々。この残
    された時間の一刻一刻は、「刻(とき)はいま
    黄金(きん)の重み」と意識し、こんこんと湧
    き出て来る生命の泉、として詠んでいます。

 注・・いづみ=泉。地中から湧き出る水。みなもと。
     黄金のように価値がある一刻一刻、それが

     湧き出る命の泉として捉えている。

作者・・上田三四二=うえだみよじ。1923~1989。

    京大医学部卒。医学博士。

出典・・歌集「湧井」(栗木京子著「短歌を楽しむ」)


**************** 名歌鑑賞 ***************


雪降れば 木ごとに花ぞ 咲きにける いづれを梅と
わきて折らまし          
                 紀友則

(ゆきふれば きごとにはなぞ さきにける いずれを
 うめと わきておらまし)

意味・・雪が降ったので、木毎に花が真っ白に咲いた。
    「木毎」といえば梅のことになるが、さて庭
    に下りて花を折るとすれば、この積雪の中か
    ら、どれを梅だと区別して折ればいいだろう
    か。

作者・・紀友則=きのとものり。生没年未詳。紀貫之
    とは従兄弟(いとこ)にあたる。900年頃の人。
    古今和歌集の撰者の一人。

出典・・古今和歌集・337。


*************** 名歌鑑賞 ***************


咲く花は 移ろふ時あり あしひきの 山菅の根し
長くはありけり

                  大伴家持

(さくはなは うつろうときあり あしひきの やま

 すがのねし ながくはありけり)

意味・・はなやかに咲く花はいつか色褪(あ)せて散っ

    てしまう時がある。目に見えない山菅の根こ
    そは、ずっと変らず長く長く続いているもの
    である。

    この歌は757年に詠まれており、藤原家との
    対立が激しくなっていた。その年は右腕の橘
    諸兄(もろえ)が死に、その前年に家持が頼り
    とする聖武天皇が亡くなっている。諸兄の子
    橘奈良麻呂は藤原仲麻呂に謀反を起こしたが
    失敗し、家持の知友の多くが捕らえられ処刑、
    配流される事件があった。貴族暗闘の時局を、
    これらの人々を心にしながら詠んだ歌です。

    栄耀栄華は一睡の夢、それに引き換えて山菅
    の根のような、細く長く着実に生きるあり方
    は目立たないが長く続くものだと詠んでいる。

 注・・咲く花は=知友達の悲運の哀傷や仲麻呂の栄
     達の憤懣(ふんまん)の気持がこもる。
    あしひきの=「あしびきの」とも。山の枕詞。
    山菅の根し・・=細く長く着実に生きていく

     ことへの意志がこもる。

作者・・大伴家持=おおとものやかもち。718~785。

    大伴旅人の長男。少納言。万葉集の編纂をした。

出典・・万葉集・4484。


*************** 名歌鑑賞 ***************


移りゆく 時見るごとに 心痛く 昔の人し
思ほゆるかも     

                大伴家持

(うつりゆく ときみるごとに こころいたく むかしの

 ひとし おもおゆるかも)

意味・・次々と移り変わってゆく時世のありさまを

    見るたびに、心も痛くなるばかりに昔の人
    が思われてなりません。

    755年に詠んだ歌で、当時は政界は家持と
    藤原仲麻呂が対立していた。味方になって
    くれていた聖武天皇が前年没し、家持の片
    腕の橘諸兄もこの年に死んだ。藤原仲麻呂
    と橘奈良麻呂の対立で、家持の知友が捕ら
    えられて死んだり配流された。

    この貴族暗闘の醜い時局を読み取りつつ、
    これらの人々を心にしながら詠んだ歌です。

 注・・移り行く時=季節と時世の流れを掛ける。

    し=上接語を強調する。

作者・・大伴家持=おおとものやかもち。718~785。

    大伴旅人の子。万葉集を編纂(へんさん)。

出典・・万葉集・4483。


**************** 名歌鑑賞 ***************


冬ごもる 病の床の ガラス戸の 曇りぬぐへば
足袋干せる見ゆ
                正岡子規

(ふゆごもる やまいのとこの がらすどの くもり
 ぬぐえば たびほせるみゆ)

意味・・寒い冬中、家にこもって病床に臥している
    自分であるが、病室のガラス障子の曇りを
    ぬぐってみたら、庭に足袋を干してあるの
    が見えた。

    テレビも無い時代、同じ場所に臥し、来る
    日も来る日も変化の無い視覚の世界は、心
    に受ける憂悶は深いもの。その無変化のよ
    うに見える物の中に、微妙な変化を目と心
    によってドラマとして描写して、自己を慰
    める作品となっています。
   「足袋干せる」の足袋は子規の物であろう。
    洗濯して干してくれている人への感謝の気
    持ちがあります。        

 注・・冬ごもる=冬の寒いうち、家の中にこもっ
     ている。

作者・・正岡子規=まさおかしき。1867~1902。
    35歳。東大国文科中退。肺を病み喀血して
    子規の雅号を用いる。「ホトトギス」を創
    刊。歌集「竹の里歌」。

出典・・竹の里歌。

このページのトップヘ