名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2015年03月


***************** 名歌鑑賞 ****************


梢ふく 風の心は いかがせん したがふ花の 
恨めしきかな         
                                            西行

(こずえふく かぜのこころは いかがせん したがう
 はなの うらめしきかな)

意味・・梢を吹く風の心は、どうすることも出来は
    しない。でもその風の心のままに散ってゆ
    く花は何とも恨めしく思われることだ。

    無情の風が吹いて花を散らせてしまうのは
    仕方がないとしても、どうして花がそんな
    風の言うままに散ってしまうのかと、自分
    にとって好ましい花が時流に押し流されて
    手元から消えてしまうのを嘆いた歌です。

          人のいいなりにならずに、少しは抵抗して
      骨のある所を見せて欲しいものだ。    

 注・・いかがせん=「いかが」は反語を表す。
     どうしょうもない。

作者・・西行=1118~1190。

出典・・山家集・122。


**************** 名歌鑑賞 ****************


雄神川 紅にほふ 娘子らし 葦付取ると 
瀬に立たすらし
              大伴家持

(おがみがわ くれないにおう おとめらし あしつき
 とると せにたたすらし)

意味・・庄川の向こう岸に赤っぽく見えるのは赤い服を
    着た少女たちが、川海苔を採っているのだろう。
    静かでのどかな風景だなあ。

    生活のために藻を採りに来たのではなく、川遊
    びをしながら楽しんでいる姿です。春ののどか
    な風景を詠んでいます。

 注・・雄神川=富山県の庄川の古名。
    紅にほふ=色が赤く映えている意。娘たちの衣
     装の色が赤い事をさす。
    葦付(あしつき)=川海苔、淡水藻。
    瀬=川や海の浅い所。

作者・・大伴家持=おおともやかもち。718~785。中納
    言。万葉集の編纂をした。

出典・・万葉集・4021。 


***************** 名歌鑑賞 ****************


中々に 花さかずとも 有りぬべし よし野の山の
春の明ぼの            
                 慈円

(なかなかに はなさかずとも ありぬべし よしのの
 やまのはるのあけぼの)

意味・・なまじっか桜の花が咲いていなくても、それは
    それでよいと思う。えも言われない吉野山の春
    の曙の空の美しさよ。

    吉野といえば桜の名所。今はまだ花は咲いてい
    ないが、早朝の霞がかかった清々しい景色もい
    いものだ。

 注・・中々に=いっそう、むしろ。

作者・・慈円=じえん。1155~1225。天台座主。

出典・・岩波書店「中世和歌集・鎌倉篇」。


*************** 名歌鑑賞 ***************


山桜 咲きそめしより 久方の 雲居に見ゆる 
滝の白糸
                源俊頼

(やまざくら さきそめしより ひさかたの くもいに
 みゆる たきのしらいと)

意味・・山桜が咲き始めた頃から、はるか遠くの山の
    景色は空から落ちる滝の白糸のように見える
    ことだ。

    山頂から山裾にかけて咲く山桜の遠望を、天
    から落ちる滝に見立てて詠んだ歌です。

 注・・久方=光や雲の枕詞。
    雲居=空のこと。雲のあるあたり。
    滝の白糸=滝の流れを白糸に譬えた歌語。

作者・・源俊頼=みなもとのとしより。1055~1129。
    従四位上・左京権大夫。金曜和歌集の撰者。

出典・・金葉和歌集・50。


*************** 名歌鑑賞 *****************


たのしみは ふと見てほしく おもふ物 辛くはかりて
手に入れしとき       
                   橘曙覧

(たのしみは ふとみてほしく おもうもの からく
 はかりて てにいれしとき)

意味・・私の楽しみは、ふと見てとても欲しくなった
    物を、やりくりしてやっと買い求めた時です。

    ままならぬ暮らしの中で、やっと手に入れた
    喜びを詠んでいます。

 注・・辛(から)く=やっとのことで。
    はかり=企てる、方法を考える

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。
    早く父母に死別し、家業を異母弟に譲り隠棲
    する。福井藩の重臣と交流。

出典・・岩波文庫「橘曙覧全歌集」。

このページのトップヘ