名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2015年04月


**************** 名歌鑑賞 ***************


まだ知らぬ 人のありける 東路に われも行きてぞ
住むべかりける      
                  藤原実頼

(まだしらぬ ひとのありける あずまじに われも
 ゆきてぞ すむべかりける)

詞書・・わが子の藤原敦敏(あつとし)左大臣が36
    歳で亡くなったが、それを知らない東国の
    人が馬を送って来た。

意味・・敦敏に馬を献上してくる人のある所を見る
    と、敦敏のことを知らない人が東国にいる。
    その敦敏の死んだことをまだ知らない人も
    いる東国に、私も行って住めばよかった。

    離れたところに住んでいれば死んだ子の事
    を知らずに済み、不幸があった事を知らな
    いので、悲しまなくてよいのに、という気
    持を詠んだ歌です。

作者・・藤原実頼=ふしわらさねより。899~970。
    関白太政大臣。

出典・・後撰和歌集・1386。


***************** 名歌鑑賞 ****************


あおやぎの 枝にかかれる 春雨は 糸もてぬける
たまかとぞみる          
                 伊勢

(あおやぎの えだにかかれる はるさめは いともて
 ぬける たまかとぞみる)

意味・・芽を出した青柳の枝に春雨が降りかかって、
    露のかたちとなっているのは、まったく糸で
    真珠のつぶつぶでも貫いたように見えるもの
    だ。

作者・・伊勢=いせ。生没年未詳。古今集時代の代表
    的女流歌人。

出典・・新勅撰和歌集・23。


**************** 名歌鑑賞 ****************


梅が香を さくらの花に 匂はせて 柳の枝に
咲かせてしがな       
                 中原致時

(うめがかを さくらのはなに におわせて やなぎの
 えだに さかせてしがな)

意味・・梅のよい香りを美しい桜の花に匂わせて、
    しなやかな柳の枝に咲かせたいものだ。

    梅・桜・柳、お互いのある物とない物とを
    からませて理想の姿に造型しょうとしたも
    の。さしずめ、よい匂いのする枝垂桜とい
    うところです。

 注・・しがな=願望を示す助詞。・・したいなあ。

作者・・中原致時=なかはらのむねとき。生没年未詳。

出典・・後拾遺和歌集・82。


*************** 名歌鑑賞 ****************


ふるさとの 花の盛りは 過ぎぬれど おもかげさらぬ
春の空かな
                  源経信
            
(ふるさとの はなのさかりは すぎぬれど おもかげ
 さらぬ はるのそらかな)

意味・・故郷の花の盛りは過ぎてしまったけれど、その
    美しかった様子は目に浮かんで消えない春の空
    である。

    美しく咲いていた桜の面影が忘れられない。そ
    してそこに咲いていた故郷の活気のある時代も
    忘れずに思い出されて来る。

 注・・ふるさと=古里。昔の都、荒れてしまった旧跡、
     以前住んでいた土地。
    おもかげ=面影。幻影、思い出される姿。

作者・・源経信=みなもとのつねのぶ。1016~1097年。
    正二位大納言。

出典・・新古今和歌集・148。


***************** 名歌鑑賞 ****************


高瀬さす 六田の淀の 柳原 緑も深く 
かすむ春かな        
                                 藤原公経

(たかせさす むつたのよどの やなぎはら みどり
 もふかく かすむはるかな)

意味・・高瀬舟が棹をさして行く六田の淀の柳原は、
    緑も深く、その緑とひとつになって深くかす
    んでいる春景色。のどかだなあ。

    「霞、遠樹を隔つ」の題で詠んだ歌です。

 注・・高瀬さす=高瀬舟が棹をさしていく。高瀬舟
     は川の浅瀬を通るために作った底の浅い舟。
    六田の淀=奈良県吉野郡吉野川の渡し場。
    かすむ=「緑がかすむ」と「霞」を掛ける。

作者・・藤原公経=ふじわらのきんつね。1171~1244。
    従一位太政大臣。

出典・・新古今和歌集・72。 

このページのトップヘ