名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2015年05月


***************** 名歌鑑賞 ****************


我のみぞ ありしにもあらず なりにけり 花は見し世に
変わらざりけり    
                    白河院

(われのみぞ ありしにもあらず なりにけり はなは
 みしよに かわらざりけり)

意味・・私だけが以前と違う境涯となってしまった。
    が、花は帝位にあって見た昔と変わらぬ美
    しさだ。

    「加茂川の水、双六の賽、三蔵法師、これぞ
    我が心にかなわぬもの」と嘆き、その権威を
    誇った白河院であるが、今はこのような実力
    が無くなり、また体力の衰えの寂しさも詠ん
    でいます。

 注・・ありし=以前の(姿)、昔の(境遇)。

作者・・白河院=しらかわいん。1053~1129。72代
    の天皇。「後拾遺和歌集」「金葉和歌集」の
    撰集を命ずる。

出典・・風葉和歌集・74。 


************** 名歌鑑賞 ***************


読売は 一本箸で めしを食い
                    作者不明

(よみうりは いっぽんばしで めしをくい)

意味・・飯を食べるのに二本の箸を使うが、瓦版なら筆
    一本で飯が食える。

    瓦版は火事や殺人、演芸の類を記事にした。幕府
    を批判した記事を出すと、手が後に回るのでちょ
    うちん持ちの記事も書いた。当時はこういう瓦版
    がよく売れた。

 注・・読売=瓦版(江戸時代の新聞)のこと。一人が読み、
     一人が三味線を弾いて売り歩いたのでこの名に
     なった。


**************** 名歌鑑賞 ****************


水の面に 生ふる五月の 浮き草の 憂きことあれや
ねを絶えて来ぬ 
                 凡河内躬恒

(みずのおもに おうるさつきの うきぐさの うきこと
 あれや ねをたえてこぬ)

意味・・水面に生えている五月の浮草の「うき」では
    ないが、あなたは「憂き」事があるのか。
    根なしの浮草のごとくとんと音信も絶え訪れ
    もないことです。

      詞書は長い間訪ねて来なかった友達のもとに
    詠んで贈った歌、です。

 注・・憂き=いやなこと、不満(作者に対して)なこと。
    ねを絶えて=音信が絶えて、「ね」は根と音の
     掛詞。

作者・・凡河内躬恒=おうしこうちのみつね。生没年未詳。
    894頃活躍した人。古今和歌集の撰者の一人。

出典・・古今和歌集・976。 


**************** 名歌鑑賞 ****************


勅なれば 思ひな捨てそ 敷島の 道にものうき
心ありとも
                二条良基
          
(ちょくなれば おもいなすてそ しきしまの みちに
 ものうき こころありとも)

意味・・勅命であるので和歌の道を思い捨ててはいけない。
    たとえ和歌の道につらいことがあったとしても。

          物事を進めるのに大事なのは自発的な心である。
    でも自発心は嫌になれば止めてしまうものである。
    が、命令となれば続けざるを得ない。志に折れる
    気持ちになった時は、命令だと思って続ける事で
    ある。

 注・・勅=天皇が下す命令。
    な・・そ=禁止の意を表す。
    敷島の道=和歌の道、歌道。

作者・・二条良基=にじょうのよしもと。1320~1388。
    関白右大臣。南北朝期の歌人。

出典・・新続古今和歌集(小学館「中世和歌集」)

 

***************** 名歌鑑賞 *****************

  
朝づく日 匂へる空の 月見れば 消えたる影も
ある世なりけり
                香川影樹

                
(あさずくひ におえるそらの つきみれば きえたる
 かげも あるよなりけり)

意味・・朝日が光り輝く空に残る月を見ると、すっかり
    光も消えている。そのように時めいて光輝く存
    在もあれば、不遇のまま消えてゆく人もあるの
    が、この世なのだなあ。

    現在は年金制度、生活保護制度、健康保険制度
    などの社会保障があり、不遇の人は少なくなり
    改善されて来ている。

 注・・朝づく日=朝日。
    匂へる空=光輝く空。

作者・・香川影樹=かがわかげき。1768~1843。号は
    桂園。桂園派の和歌は歌壇の一大勢力となり近
    世に影響を与えた。歌集「桂園一枝」。

出典・・歌集「桂園一枝」(小学館「近世和歌集」)

このページのトップヘ