名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2015年06月


*************** 名歌鑑賞 *****************


肩を落とし 去り行く選手を 見守りぬ わが精神の
遠景として         
                   島田修二

(かたをおとし さりゆくせんしゅを みまもりぬ わが
 せいしんの えんけいとして)

意味・・グランドの出口のほうへ、敗れ去った選手が
    うなだれて消えていくのを見つめていると、
    痛いものに触れないようにして来た私の精神
    の遠景として、選手の後ろ姿がしきりに重な
    ってならない。

    敗者の後ろ姿に、悔しさ・惨めさを思いやり、
    自分が原爆にあった体験や身体障害児の父親
    としての苦痛を重ねている。
    そして、この悔しさをバネに必ず頑張って見
    せるぞ、という気持ちがこめられている。

作者・・島田修二=しまだしゅうじ。1928~2004。
    東京大学卒。宮柊二に師事。新聞記者。在学
    中に広島の原爆に会う。身体障害者の父とし
    て苦悩を味わう。

出典・・歌集「青夏」(笠間書院「和歌の解釈と鑑賞
    辞典」)


**************** 名歌鑑賞 *****************


よしあしに うつるならひを 思ふにも あやふきものは
こころなりけり
                   伴蒿蹊

(よしあしに うつるならいを おもうにも あやうき
 ものは こころなりけり)

意味・・善と悪に影響を受けて心が変化するのが人の世の
    常と思うけれども、どうなるのか気がかりなのは
    人のこころだなあ。

    まわりの環境に染まりやすく、善悪のけじめがゆ
    らぎがちなのが人間の心だという認識を詠んでい
    ます。

作者・・伴蒿蹊=ばんこうけい。1733~1806。近江八幡の
    豪商の生まれ。文章家として有名。著作に「近世
    奇人伝」、歌集に「閑田詠草」がある。

出典・・歌集「閑田詠草」(小学館「近世和歌集」)


*************** 名歌鑑賞 ***************


須磨寺や ふかぬ笛きく 木下やみ   
                      芭蕉

(すまでらや ふかぬふえきく こしたやみ)

意味・・この須磨寺の、青葉小暗い木立の中にただずむと、
    昔のことが偲(しの)ばれる。そしてあの平敦盛(
    あつもり)の吹く青葉の笛の音がどこからか聞こ
    えてくるように思われることだ。

    青葉の笛は明治の唱歌になっています。

    一の谷の 戦敗れ
    討たれし平家の 公達(きんだち)あわれ
    暁寒き 須磨の嵐に
    聞こえしはこれか 青葉の笛


 注・・須磨寺=神戸市須磨寺町にある福祥寺の通称。
     寺には平敦盛が夜毎に吹いたという青葉の笛
     が保存されている。
    平敦盛=笛の名手として鳥羽院より青葉の笛を
     賜った。17才で平家の一門として一の谷の闘
     に加わった。源氏側の奇襲で劣勢になり船に
     逃れようとした時、熊谷直実に討たれた。

作者・・芭蕉=ばしょう。1644~1699。

出典・・笈の小文。


*************** 名歌鑑賞 ***************


世間は 空しきものと あらむとぞ この照る月は
満ち欠けしける
                詠み人知らず
                
(よのなかは むなしきものと あらんとぞ この
 てるつきは みちかけしける)

意味・・世の中はかくも空しいものであることを
    示そうとして、なるほど、この照る月は
    満ちたり欠けたりするのだなあ。

    膳部王(かしわでのおおきみ)が亡くなり
    詠んだ歌です。

    照る月は満月のようにまん丸い月であっ
    てほしいが、欠けてゆく。これと同じ様
    に人も、元気盛りの時代があれば老いて
    ゆく時代もやって来る。人が亡くなった
    からといって嘆き悲しんでばかりいては
    だめといっている。

出典・・万葉集・442。


*************** 名歌鑑賞 ****************


悔しかも かく知らませば あをによし 国内ことごと 
見せましものを
                    山上憶良

(くやしかも かくしらませば あおによし くぬち
 ことごと みせましものを)

意味・・ああ残念だ。ここ筑紫で死ぬとあらかじめ
    知っていたなら、故郷奈良の山や野をくま
    なく見せておくのだったのに。

    赴任先の筑紫で妻を亡くして偲んで詠んだ
    歌です。

 注・・あをによし=奈良、国内に掛かる枕詞。
    国内(くぬち)=「くにうち」の約。故郷。

作者・・山上憶良=660~733。遣唐使として3年
    滞在。筑前(福岡県)守。大伴旅人と交流。

出典・・万葉集・797。

このページのトップヘ