名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2015年10月


*************** 名歌鑑賞 ****************


世の中を 常なきものと 今ぞ知る 奈良の都の
うつろふ見れば          
                 詠み人知らず
 
(よのなかを つねなきものと いまぞしる ならの
 みやこの うつろうみれば)

意味・・世の中が無常なものだということを、私は今
    こそはっきりと思い知った。あの栄えた奈良
    の都が日ごとにさびれてゆくのをまのあたり
    にして。

    遷都により奈良の都が荒廃したことを嘆いた
    歌です。

 注・・常なき=無常。全ての物が消滅変転してとど
     まらないこと。
    奈良の都=710年より784年の長岡京の遷都
     まで続いた。その後荒廃した。
    うつろふ=移ろふ。時とともに物事が変化す
     ることだが、衰退の方向に変化する場合を
     いう。
 
出典・・ 万葉集・1045 。


***************** 名歌鑑賞 *****************


また見むと 思ひし時の 秋だにも 今宵の月に
ねられやはする
                 道元
 
(またみんと おもいしときの あきだにも こよい
 のつきに ねられやはする)

詞書・・建長五年中秋。

意味・・中秋の夜は、生憎の天候で月を見る事が出来
    なかった年でさえ、月を思って眠られなかっ
    たものである。まして八月十五夜の今夜、そ
    の満月を見る事が出来るので、今宵は月を眺
    め明かしたいと思う。月と心を合わせる事な
    く眠りにつく事が出来るであろうか、眠れる
    はずがない。

    道元が亡くなる二週間前の八月十五夜の京都
    の草庵で詠んだ辞世の歌です。

    「寝なくとも今宵の月を眺め明かしたい」と
    言う気持ちは何んでしょうか。

    今夜の月の光明はなんと清涼でよく世間の闇
    を照らしていることだ。
    病気や失業、借金で苦しみ、仕事の問題、家
    庭の問題、いじめなどで思い悩み苦しんでい
    る人達。相談相手もいなく、希望を無くし、
    今にも自殺をしたいと思っている人々。
    この真っ暗闇で悩んで生きている人々に希望
    の光として、今宵の月は照らしている。
    なんと素晴らしい月夜ではないか。今宵は月
    を眺め明かしたい。

    希望の光として照らされても、病気が治る事
    も無いし、借金が減ったりする事も無い。子
    供の非行問題が解決される訳でも無い。
    でも、誰かと相談する勇気を与える事は出来
    る。思い悩む心を変えさせて気を楽にさせる
    事は出来る。こういう手助けなら出来ない事
    はない。先ず暗闇を見つけ、そして照らす事
    だ。今宵の月は暗闇を無くそうとして照って
    いる。寝ずして月夜を明かそう。

 注・・建長5年中秋=1253年8月15日(陰暦)。道元
     は建長5年8月28日(陰暦)に死去している。
    やは=反語の意を表す。・・だろうか、いや
     ・・ではない。

作者・・道元=どうげん。1200~1253。曹洞宗の開祖。

出典・・建撕記・けんぜいき(松本章男著「道元の和歌」)


**************** 名歌鑑賞 ***************


大比叡の 峰に夕いる 白雲の さびしき秋に
なりにけるかな
               八田知紀
 
(おおひえの みねにゆういる しらくもの さびしき
 あきに なりにけるかな)

意味・・比叡の峰に夕暮れ時にかかっている白雲が寂
    しく感じられる秋に、もうなったものだなあ。

    夏雲が秋雲と変わった様子を見て、秋のおと
    ずれを感じ、また、冬が近づく事を寂しく思
    って詠んでいます。

 注・・大比叡=比叡山。滋賀県大津市と京都市にま
     たがる848mの山。延暦寺の根本中堂が有名。

作者・・八田知紀=はったとものり。1799~1873。
    幕末の鹿児島藩士。香川景樹に師事。
 
出典・・家集「しのぶ草」。

**************** 名歌鑑賞 ****************


思ひやれ 真木のとぼそ おしあけて 独り眺むる
秋の夕暮れ        
                  後鳥羽院
              
(おもいやれ まきのとぼそ おしあけて ひとり
 ながむる あきのゆうぐれ)

意味・・想像して欲しい。真木の戸を押し開けて、
    独り物思いにふけりながら眺める秋の夕暮
    のわびしさを。

    承久の乱(1221年)によって隠岐(おき)に配
    流された無念の気持を詠んでいます。

 注・・真木のとぼそ=杉やヒノキなどで作った戸。

作者・・後鳥羽院=ごとばいん。1180~1239。82
    代天皇。承久の乱で鎌倉幕府に破れ隠岐に配
    流された。

出典・・遠島御百首(岩波書店「中世和歌集・鎌倉篇」)


**************** 名歌鑑賞 *****************


この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることも
なしと思へば
                  藤原道長
            
(このよをば わがよとぞおもふ もちづきの かけたる
 ことも なしとおもへば)

意味・・この世の中は自分のためにあると思う。  
    今宵の満月が欠けているところが無いように、
    自分も不満が全く無いことを思うと。

    栄華を極めたわが思いを満月にたとえた王者
    の風格を詠んだ歌です。
    
 注・・望月=満月。

作者・・藤原道長=ふじわらのみちなが。966~1027。
    摂政太政大臣。藤原氏の最盛期を築く。
 
出典・・小右記(しょうゆうき) (笠間書院「和歌の解釈
    と鑑賞辞典」)

このページのトップヘ