名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2015年11月


************** 名歌鑑賞 ***************


竹敷の 浦みの黄葉 我れ行きて 帰り来るまで
散りこすなゆめ 
                壬生宇太麻呂
              
(たけしきの うらみのもみじ われゆきて かえりく
 るまで ちりこすなゆめ)

詞書・・遣新羅の途中で竹敷の浦に船泊りした時に
    各々の思いを詠んだ歌。

意味・・竹敷の浦のあたりの紅葉よ、私が新羅へ行
    って再びここに帰ってくるまで、散らない
    でいてくれ、けっして。
 
    紅葉を惜しむ心に、新羅の往復が短期間で
    すむように願った歌です。

    無事に仕事が終え、この紅葉が散らない内
    に帰って来たいものだ。

 注・・竹敷の浦=対馬の浅茅(あそう)の南部の湾。
    新羅(しらぎ)=朝鮮半島の古代王国。
    ゆめ=禁止表現を伴って、決して。

作者・・壬生宇太麻呂=みぶのうだまろ。746年頃の
    人。大判官(副使の次の官)として遣新羅に行
    く。従五位下。

出典・・万葉集・3702。


*************** 名歌鑑賞 ***************


水鳥の 立ちの急ぎに 父母に 物言ず来にて
今ぞ悔しき      
               有度部牛麻呂
             
(みずとりの たちのいそぎに ちちははに ものはず
 きにて いまぞくやしき)

意味・・水鳥が飛び立つ時のような、旅立ちの慌(あわ
    ただ)しさにまぎれ、父母にろくに物を言わず
    に来てしまって、今となって何とも悔しくて
    ならない。

    慌しく防人として連れ出された心残りを詠んだ
    歌です。

 注・・水鳥=「立ち」の枕詞。
    物言(ものは)ず来て=「物言(ものい)はず来て」
     の訛り。言い残したことが多い。
    防人=上代、東国から送られて九州の要地を守っ
     た兵士。
    
作者・・有度部牛麻呂=うとべのうしまろ。生没年未詳。
    防人。

出典・・万葉集・4337。 


************ 名歌鑑賞 *************


枯野かな茅花の時の女櫛
               西鶴
 
(かれのかな つばなのときの おんなぐし)
 
意味・・枯野の中に華やかな女櫛が落ちている
    のが目についた。これは過ぎし春の野
    遊びでつばなを摘みに来た若い女性が
    落としたものだろうか。
 
 注・・茅花(つばな)=茅萱。初夏、白い毛を
     密生した花を咲かせる。若い花穂を
     茅花と呼ぶ。甘味があり食べられる。
 
作者・・西鶴=さいかく。井原西鶴。1641~
    1693。
 
出典・・元禄百人一句(岩波書店「元禄俳諧集」)


*************** 名歌鑑賞 *************


はれずのみ 物ぞ悲しき 秋霧は こころのうちに
立つにやあるらん      
                和泉式部

(はれずのみ ものぞかなしき あきぎりは こころの
 うちに たつにやあらん)

意味・・ただもう心がうっとうしくて物事を悲しく
    思うばかり。秋霧は外ばかりでなく私の心
    の中にも立つゆえであろうか。
 
    何をしてもポカばかりして、事が運ばない。
    こんな気分の時の歌です。

 注・・はれずのみ=晴れずのみ。心の晴れる事なく。
    物ぞかなしき=物事を悲しく思う。

作者・・和泉式部=いずみしきぶ。生没年未詳、980
    年頃の生まれ。「和泉式部日記」など。
 
出典・・後拾遺和歌集・293。
 


**************** 名歌鑑賞 ***************


心には 下ゆく水の わきかへり 言はで思ふぞ 
言ふにまされる
                詠人知らず
 
(こころには したゆくみずの わきかえり いわで
 おもうぞ いうにまされる)
 
意味・・私の心の中には、表面からは見えない地下水が
    わき返っているように、口に出さないけれど、
    あなたのことを思っています。その思いは口に
    出して言うよりずっと思いは深いのですよ。
 
出典・・古今六帖。

このページのトップヘ