名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2016年01月


**************** 名歌鑑賞 *****************


岩室の 田中の松を 今朝見れば 時雨の雨に
濡れつつ立てり
                良寛
 
(いわむろの たなかのまつを けさみれば しぐれの
 あめに ぬれつたてり)
 
意味・・岩室の田の中に立っている松を今朝見ると、
    時雨の冷たい雨に、濡れながら立っている。
 
    人の困った姿だけでなく、動物や植物に対し
    てでも、愛情の目を向けています。
    そして、次の歌を詠んでいます。
 
    ひとつ松 人にありせば 笠貸さましを 
    蓑着せましを 一つ松あはれ
 
    (一本の松よ、人であったならば、笠を貸して
    やっただろうに、蓑を着せてやっただろうに。
    一本の松の愛(いと)しいことよ。)
 
  注・・岩室=新潟県岩室村。温泉地。
 
作者・・良寛=1758~1831。22才の時岡山の円通寺
    住職国仙和尚に師事。
 
出典・・谷川敏朗著「良寛全歌集」。


**************** 名歌鑑賞 ****************


命にも まさりて惜しく あるものは 見果てぬ夢の
覚むるなりけり     
                  壬生忠岑

(いのちにも まさりておしく あるものは みはてぬ
 ゆめの さむるなりけり)

意味・・命は惜しいものであるが、それにもまして
    惜しいのは、思う人との楽しい逢瀬の夢を
    おしまいまで見ないうちに、それが覚めて
    しまうことであった。

    詞書に「昔、ものなど言ひ侍りし女の亡く
    なりしが、夢に暁がたに見えて侍りしを、
    え見はてで覚め侍りにしかば」とあります。

    愛人の夢は惜しいが、ことに今は亡き昔の
    愛人で、その思いも強かったことでしょう。

作者・・壬生忠岑=みぶのただみね。生没年未詳。
    従五位下。古今集撰者の一人。

出典・・古今和歌集・609。


**************** 名歌鑑賞 *****************


此木戸や 錠のさされて 冬の月
                    宝井其角
                 
(このきどや じょうのさされて ふゆのつき)

意味・・夜も更けてほとんど人通りの絶えた刻限である。
    大木戸の門はすでに閉ざされており、空には寒々
    とした冬の月が冴えわたっている。

        門限に間に合わなかった、遠回りして別の道を通
    り帰らねばならないのか。この寒い夜に。残念!

 注・・木戸=城戸・城門で、城や柵に設けた門である
     が、ここでは江戸時代市街地の通路に警備の
     ために設けた門。夜十時以降はこれを閉ざし
     て一般の通行を禁じた。

作者・・宝井其角=たからいきかく。1661~1707。母
    の性、榎本と称していたがのちに宝井と改めた。
    医術・儒学を学ぶ。15歳頃芭蕉に入門。
 
出典・・猿蓑。


**************** 名歌鑑賞 ****************


忘れじの 行く末までは かたければ 今日を限りの
命ともがな 
                  儀同三司母
            
(わすれじの ゆくすえまでは かたければ きょうを
 かぎりの いのちもがな)

意味・・いつまでも忘れまいとあなたはおっしゃって
    下さいますが、そのように遠い将来のことは
    頼みがたいことですから、そうおっしゃって
    くださる今日を限りの命であってほしいもの
    です。

    当時の上流貴族たちは一夫多妻であり、結婚
    当初は男が女の家に通っていた。男が通って
    来なくなれば自然に離婚となっていた。いつ
    しか忘れ去られるという不安のなかで、今日
    という日を最良の幸福と思う気持を詠んでい
    ます。

 注・・忘れじの=いつまでも忘れまいと。
    行く末=将来。
    かたければ=難ければ。難しいので。
    命ともがな=命であってほしい。「もがな」
     は願望の助詞。

作者・・儀同三司母=ぎどうさんしのはは。998年没。
    高階成忠の娘。藤原道隆の妻。「儀同三司」
    は「太政大臣・左大臣・右大臣」と同じ意味。
 
出典・・新古今集・1149、百人一首・54。
 


**************** 名歌鑑賞 ****************


もののふの 八十宇治川の 網代木に いさよふ波の
ゆくへ知らずも   
                  柿本人麻呂

(もののうの やそうじがわの あじろぎに いさよう
 なみの ゆくえしらずも)

詞書・・近江の荒れた都を過ぎる時に詠んだ歌。

意味・・宇治川の網代木にしばしとどこおるかに
    見える波、この波は一体どこへ流れ去っ
    てしまうのであろう。

    波の行方に人の世の無常感(物事は生滅変
    転すること)を詠んだ歌です。戦火で荒廃
    した都の行方はどうなるのだろうかの意。

 注・・近江の荒れた都=天智天皇の近江の大津の
     宮の廃墟。壬申(じんしん)の乱(672年)
     の戦火で焼かれ廃墟になった。
    もののふの八十=「宇治」を起す序。「八十
     氏」の枕詞。「もののふは」文武百官。
     多くの氏族に分かれている意。
    網代木=魚を取る網代を設ける場所に並べ打
     った棒杭。
    いさよふ=移動しかねて同じ所にただよう。

作者・・柿本人麻呂=七世紀後半から八世紀初頭の人。
      万葉時代の最大の歌人。
 
出典・・万葉集・264、新古今和歌集・1650。


***************** 名歌鑑賞 *****************


身代は まはりかねたる 車引き つらきうき世を
おし渡れども
                紀定丸
               
(しんだいは まわりかねたる くるまひき つらき
 うきよを おしわたれども)

意味・・つらいこの浮世を、難儀な道に車を押すように、
    何とかして渡っていこうとするのだが、車引き
    の仕事では、車は回っても身代は回りかねて、
    とかく思うようにならない。

    横に車を押すことも出来ないような下層労働者
    の生活の嘆声を詠んでいます。今では派遣社員
    や非正規社員の立場。

 注・・身代=生計、暮し向き。
    車引き=荷車などを引いて生活する人。
    まはりかねたる=思うようにいかない。
    おし渡れども=困難を排して渡る。

作者・・紀定丸=きのさだまる。1760~1841。四方赤
     良の甥。御勘定組頭。著書「狂月望」「黄表
     紙」。

出典・・徳和歌後万載集(小学館「日本古典文学全集・
    狂歌」)


************** 名歌鑑賞 ***************


よしや君 昔の玉の 床とても かからんのちは
何にかはせん          
               西行

(よしやきみ むかしのたまの ゆかとても かからん
 のちは いかにかはせん)

詞書・・白峰と申す所に御墓の侍りけるに参りて。

意味・・以前立派な金殿玉楼におられたとしても、
    上皇様、あなた様がお亡くなりになられ
    ました後は何になりましょうか。何にも
    なりません。ただ成仏(じょうぶつ)を祈
    るだけです。

 注・・白峰=讃岐国(香川県)綾歌郡松山村白峰。
    御墓=崇徳院の墓。保元の乱(1156年・
     地位をめぐり後白河天皇と崇徳上皇の
     争い)に敗れて讃岐に流され、その地で
     崩御した。
    よしや=たとえ・・(でも)。
    玉の床=金枝玉葉(皇族の意味)の座。
    かからん後=このように崩御された後。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。
    
出典・・山家集・1355。


***************** 名歌鑑賞 ***************


白川の 知らずともいはじ 底清み 流れて世々に 
すむと思へば           
                 平貞文

(しらかわの しらずともいわじ そこきよみ ながれて
 よよに すむとおもえば)
 
意味・・白川という立派な川があることを「知らない」と
    言いません。底まで清らかに澄み渡り、これから
    も永年流れ続けると思うと。

      白川という川があるが、白川のように清らかで立
    派なあなたが居ることを「知らない」とは言いま
    せん。私の心も白川の底のように清らかなので、
    その流れと同様に幾久しく契りを交わしたいと思
    うからです。

    恋を告白する歌です。

 注・・白川=次の句の「知ら」に同音で続く枕詞。
       滋賀県の山から賀茂川に合流する川。
    底清み=心の底が清いので。
    流れて世々に=いつまでも月日を重ねて。
    すむ=「住む」と「澄む」を掛ける。

作者・・平貞文=たいらのさだぶん。871~923。
    三河権介・従五位。

出典・・古今和歌集・666。


***************** 名歌鑑賞 ***************


おぼつかな 都に住まぬ 都鳥 言問ふ人に
いかが答へし
               宜秋門院丹後 
          
(おぼつかな みやこにすまぬ みやこどり こととう
 ひとに いかがこたえし)

意味・・気にかかることだ。都に住んでいない都鳥よ。
    都の人の安否を尋ねた男にどのように答えた
    のか。都の事情に疎いはずなのに。

   「名にしおはばいざ言問はん都鳥わが思ふ人は
    ありやなしや」の歌を踏まえた作です。
            (意味は下記参照)

 注・・おぼつかな=心もとない、気に掛かる。
    都鳥=水鳥のかもめの一種。身体が白色、口
     ばしと足が赤い。
    言問ふ人=都にいる人を尋ねる人。

作者・・宜秋門院丹後=ぎしゅうもんいんのたんご。
     生没年未詳。1180年頃の人。後鳥羽帝の中
     宮・宜秋門院の女房(女官)。
 
出典・・新古今和歌集・977。

参考歌です。

名にし負はば いざ言問はむ 都鳥 わが思ふ人は 
ありやなしやと
                 在原業平
             
(なにしおわば いざこととはむ みやこどり わがおもふ
 ひとは ありやなしやと)

意味・・都という名を持っているのならば、さあ尋ねよう、
    都鳥よ。私の思い慕っている人は元気でいるのか、
    いないのかと。

    流浪の旅をする業平らが隅田川に着いて、舟の渡
    し守から見知らぬ鳥の名を聞いて詠んだ歌です。

    都鳥という名に触発され、都にいる妻への思いが
    急激に高まったものです。

 注・・あり=生きている、健在である。

作者・・在原業平=ありわらのなりひら。~825。六歌仙
    の一人。伊勢物語の主人公。
 
出典・・古今集412、伊勢物語・9段。 


***************** 名歌鑑賞 ****************


君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をも香をも 
知る人ぞ知る
                紀友則

(きみならで たれにかみせん うめのはな いろをも
 かをも しるひとぞしる)

意味・・あなたではなくて、誰に見せようか。この梅の
    花を。この素晴しい色も香も、物の美しさをよ
    く理解できるあなただけが、そのすばらしさを
    本当に分かってくれるのです。

    一枝の梅の花を折って人に贈った時の歌です。
    あなただけが本当の物の情趣を理解してくれる
    人だ、の意です。
    また、友則の知人は高い地位に就いていたが、
    自分はまだ低い地位で不遇の時を過ごしていた
    ので、そのような不遇感の背景に我が真価は知
    る人ぞ知るの思いを梅の花に託してもいます。

 注・・誰にか=「か」は反語で、誰にも見せたくない
        の意になる。

作者・・紀友則=きのとものり。生没年未詳。古今和歌
    集の撰者の一人。

出典・・古今和歌集・38。 
 

このページのトップヘ