名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2016年03月


**************** 名歌鑑賞 *************** 


かすが山 ふもとの芝生 踏みありく しかのどかなる
神やしろかな
                  橘曙覧 

(かすがやま ふもとのしばふ ふみありく しか
 のどかなる かみやしろかな)

意味・・春日山の麓にある春日神社の原っぱでは、鹿
    がのどかに歩いている。そのような神社の境
    内の景観はいいものだ。

 注・・かすが山=奈良の春日神社。
    しか=「鹿」とそのようにの「然」との掛詞。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1866。福
    井藩主と親交。家業の紙商を弟に譲り隠棲。
 
出典・・橘曙覧全歌集・384。


*************** 名歌鑑賞 **************

 
朝夕に 花待つころは 思ひ寝の 夢のうちにぞ 
咲きはじめける
                崇徳院
 
(あさゆうに はなまつころは おもいねの ゆめの
 うちにぞ さきはじめける)

意味・・朝に夕に花の咲くのを待つ頃は、思い寝の夢
    の中では、花は咲き始めている。
 
    恋が実りつつある状態です。

 注・・朝夕に花待つ=一日中、花(乙女)を思いつつ。
    思ひ寝=人を思いつつ寝ること、花を思いな
     がら寝ることの両意。

作者・・崇徳院=すとくいん。1119~1164。平安時代
    後期の天皇。保元の乱で破れ讃岐に流された。
    西行・藤原俊成と親交。
 
出典・・千載和歌集・41。


**************** 名歌鑑賞 *****************


ゆきをつみ 蛍あつめし 窓のまえに おもいぞいづる
いにしえの人
                  徳川光圀
             
(ゆきをつみ ほたるあつめし まどのまえに おもいぞ
 いずる いにしえのひと)

意味・・その昔、中国の晋(しん)の孫庚という人は家が貧し
    くて油を買う事が出来ないので、冬の夜は窓に雪を
    積み、その光で書を読み勉強した。また同じ国の車
    胤(しゃいん)という人も油が買えないから、夏の夜
    は蛍を集めてその光で本を読んだ。そうした古人の
    向学の志、まことにゆかしいものと、窓の前で思い
    出すことである。

作者・・徳川光圀=とくがわみつくに1628~1700。陸奥国
    水戸藩の第二代藩主。「水戸黄門」で有名。
 
出典・・常山詠草。

 


**************** 名歌鑑賞 ***************

 
み吉野の 花のさかりを 今日見れば 越のしらねに
春風ぞ吹く
                  藤原俊成
 
(みよしのの はなのさかりを きようみれば こしの
 しらねに はるかぜぞふく)

意味・・この吉野の花の盛りを今日眺めると、あの白雪
    を頂いている越の白嶺に春風が吹いていると思
    われるばかりだ。

 注・・吉野=奈良県吉野町。歌枕。桜の名所。
    越のしらね=富山・石川・福井・岐阜の各県に
     またがる白山。歌枕。

作者・・藤原俊成=ふじわらのとしなり。1114~1204。
     正三位皇太后宮大夫。定家の父。「千載和歌
     集」の撰者。
 
出典・・千載和歌集・76。


**************** 名歌鑑賞 *************** 


そえにとて とすればかかり かくすれば あな言い知らず
あふさきるさに               
                    詠人知らず

(そえにとて とすればかかり かくすれば あないい
 しらず あうさきるさに)

意味・・そうであるからといって、ああすればこうなり、
    こうすればああなる。ああ、なんと言ったらい
    いか分からない。世の中というものは、こちら
    が良ければあちらが悪いというように、行き違
    いばかりであって。

              株を買ったら下がり売ったら上がる。このよう
    に、事がうまく運ばないために、途方にくれ
    ている状態を詠んでいます。

 注・・そえ=「え」は故、「その故に」の約。そうで
     あるからといって。
    とすればかかり=ああすればこうなり。
    かくすれば=こうすればああなる。下に「とあり」
      が省略されている。
    あな言い知らず=ああ、なんと言ったらよいか分か
     らない。
    あうさきるさに=行ったり来たりするさま。行き違
     いの状態。一方が良ければ他方が悪いさま。
 
出典・・古今和歌集・1060。

 

このページのトップヘ